64−ロクヨン−

64−ロクヨン−の画像・ジャケット写真
64−ロクヨン− / 佐藤浩市
全体の平均評価点:
(5点満点)

50

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「64−ロクヨン−」 の解説・あらすじ・ストーリー

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した後編。三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。

「64−ロクヨン−」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「64−ロクヨン−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

64−ロクヨン−のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

64-ロクヨン- 前編

  • 旧作

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した前編。かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。

収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3264 2016年11月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
43枚 8人 4人

64-ロクヨン- 後編

  • 旧作

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した後編。三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。

収録時間: 字幕: 音声:
119分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3265 2016年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
71枚 14人 7人

1〜 2件 / 全2件

64−ロクヨン−のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】64-ロクヨン- 前編(ブルーレイ)

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCBD0584 2016年11月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 3人 4人

【Blu-ray】64-ロクヨン- 後編(ブルーレイ)

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
119分 日本語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCBD0585 2016年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
48枚 1人 3人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全50件

後編が楽しみです

投稿日:2017/03/20 レビュアー:スヌーピー

前篇はロクヨンの事件の話もだけど警察内部の話に重点が置かれてる気がしました。
警察も色々な組織があって成り立ってるんだなと初めて知りました。広報部も大変だなと思ったし、記者クラブも大変だなと思いました。
出演者が豪華で驚きました。主役級の人達がたくさん出ていて誰が主役でもおかしくないなと思いました。
昭和64年の時代の映像も出てきて景色とか、車とか懐かしく感じました。ロクヨンの事件に関わった人たちの苦悩とか、警察の隠蔽とか見ていてせつなかったです。娘を想う父親の気持ちも見ていて苦しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少し期待外れ!

投稿日:2017/03/02 レビュアー:キヨシ

前評判に比べ内容イマイチ。以前 NHK連続ドラマ(ピエール瀧主演)のインパクトが強すぎたのかな? ただ 豪華な俳優陣 これは見応え有り。
新任の科捜研担当官の引き籠り??、コウダ?メモ 内容は??? アマミヤとコウダ?の繋がりは???? 二又瀬の存在感薄い。
NHKの連ドラは確か6回(6時間超え) 今回は 敢えて(通し放映でも良かったのでは?) 前後編として4時間。
解決法は 原作本を読むしかないようですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待ハズレ

投稿日:2017/02/09 レビュアー:グランブルー

評判がいいみたいなので期待してみたが、ミステリーというよりも警察組織対刑事みたいな印象で、肝心の犯人探しに至るミステリー部分は、割とあっさり描いていて肩透かしを食った感じ。
このレビューで、どなたか書いてあったが、韓国の方が映画作りが上手いし、面白いものが多い。
広報課対マスコミの対決部分が長すぎるし、つまらないし、だいたいやっている俳優さん自体が、その意味が分かっているのか疑わしい。
何か、ただの刑事モノに名を借りた、ただの人間ドラマを見せられた気がした。ゴジラの名を借りた、別物を見せられたシンゴジラみたいで期待はずれの印象が大きい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

記者との関係

投稿日:2017/02/02 レビュアー:たそがれ

前編と後編に通じて言えますが、佐藤演じる県警察の広報官と県警の記者クラブとの関係で、記者の警察に対する暴言のシーンが多すぎて興ざめします。

昭和の時代ならありそうですが、平成の世であれだけ警察に偉そうに言う記者がいるとは思えません。はっきり言って、警察に睨まれたら情報をもらえなくなる可能性があるわけで、現実味がないです。

ストーリーはまずまずで役者も実力派揃いなので、そこが残念でした。あそこまで、警察対記者の構図にしなくても良い気がます。
原作は読んでいませんが、訴えたい本当の意味がぼやけたと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

胸が一杯です

投稿日:2017/01/29 レビュアー:ひろ

原作とは結末が異なりますが、原作の方は全体の情景を描いていて突き放されたようなせつなさがあります。
でもこの結末はエンターテイメントとしてありだと思うし、三上(佐藤浩市)を柱にしたストレートな人として正しいあるべき姿をこれでもかと描いていてある意味爽快感があります。
前半のマスコミとのやりとり、イデオロギーのぶつかり合いとは異なり、まさにこの後半が作品の言いたいことであると思うし、そう考えると前半のやりとりは三上の心、生きざまを語るために必要であったのでしょう。

いずれにしても佐藤浩市、永瀬正敏の演技が素晴らしく、心をわしづかみにされました。素晴らしい役者たちが本気で臨むとこんな作品ができるのだなと改めて感動しました。


このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全50件

64−ロクヨン−