セッションの画像・ジャケット写真

セッション / マイルズ・テラー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点: (5点満点)

95

セッション /デイミアン・チャゼル

全体の平均評価点: 

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

製作国:

アメリカ

原題:

WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

いま、輝くときに

クライシス・オン・アースX 最強ヒーロー外伝

オーシャン・オブ・ファイヤー

ジェシカ・アルバの“しあわせの方程式”

クローザー <シックス・シーズン>

ユーザーレビュー:95件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全95件

ち、沈黙・・・

投稿日:2015/11/25 レビュアー:Err99

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

本当に凄い? ネタバレ

投稿日:2015/11/08 レビュアー:ObiwanKenobi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

先ず邦題だけど。
ドラマー(生徒)と指揮者(先生)との確執がテーマだから、「セッション」ていう邦題の付け方は、ピンとこないな。邦題のいい加減さは、いつもの事だから、慣れた。
最後の数分間が凄いとか、TSUTAYAのポスターに書いてあったから、どんなに凄いのかと、期待してしまった。最後まで見終わってみると、???だ。・・・え?今ので終わり?
確かに緊張感がビンビン伝わって来るし、最後まで眠らなかったから、人を惹き付ける力は有る。そういう、「撮り方」はうまい監督さんだね。
でも、映画としてはどうかな。役者さんの演技は鬼気迫るものがあって、凄まじいんだけど、映画としての盛り上がりは、然程とは思えない。俺に言わせれば、中途半端。
上述の通り「撮り方」のうまさで、星3つ。映画の出来栄えで星2つ分減点。
ハゲの「俺を甘く見るなよ」という、どんでん返しは良かったとして、その後の、若者の挫折と大逆転。若者のリベンジは成功したのか。はたまた、最終的に和解してしまったのか。ラストシーンで、ハゲに対する若者の笑みは何を意味するのか。若者の演奏が終わった瞬間の、聴衆の反応はどうだったのか。・・・そこで終わっちゃって、本当に良かったのかなあ。
それと、女の子との恋愛と破局の話は、必要だったのかな?あれも、中途半端だな。メインストーリーだけだと硬派過ぎるから、色目を付けるために、カワイ子ちゃんを使ってサイドストーリーを、無理矢理ねじこんだのかな。無駄だな。だったら、メインストーリーにもっと時間を割いて、本筋に厚みと盛り上がりを足した方が、ずっとマシだな。
これで、アカデミー賞、本当に取ったの?
ここにレビューを書いている人も、みんな大絶賛なんだけど、本当かなあ?みんなが絶賛するから、空気を読んで自分も絶賛しているだけじゃないの?
俺は褒めないよ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

音楽は格闘技です。 ネタバレ

投稿日:2015/10/25 レビュアー:土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私事ながらセッションプレイヤーを目指して、高校生の頃、毎日ギターばかり練習していた時期がありました。
音楽は聞き手の心を癒すものですが、演者は決してそうではありません。
日常からプレッシャーと競争相手と激しい戦いを繰り広げているのです。
なので、若い頃の自分にとって音楽は格闘技だと感じていて、別グループのギタリストとかと仲良く会話しても、内心は火花バチバチなんて事は、珍しく無い状況でした。
無名だったチャーリー・パーカーが、アドリブが上手く出来なくて、共演のドラマーにシンバルを投げられる様子はクリント・イーストウッドの「バード」でも象徴的に描かれていましたが、演者としては死刑宣告に等しい事。
フレッチャーは闘争心と緊張感を保つ事が、素晴らしい演奏を引き出す原動力だと信じ、
ニーマンにあの手この手で、指導(?)を行います。
この指導が「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹ばりに強烈なんですが、更にいやらしいのは、ポジションを狙う競争相手を用意して、決して安心させない状況を維持したり、策略を練るところです。
楽譜が紛失する下りも...フレッチャーの仕業かとも考えてしまいます。
最期の二人の笑顔は、別次元で互いを認め合ったって事なんでしょうか、
常人では分からない高みに登った瞬間を感じさせます。
昔、ジャズの帝王マイルス・デイビスのコンサートで、マイルスが奏でるアドリブのフレーズを
明らかに若手のSAX奏者が同じフレーズを吹いて後追いする部分があったのですが、若手のSAX奏者が音を間違ってしまい、
マイルスから厳しい一瞥をステージ上で浴びせられていた光景を見たことがあります。
少なくともあの場所で、SAX奏者は観客に聴かせるのでは無く、マイルス・デイビスって存在と戦って、
プレッシャーに負けてしまったのだと感じました。
常に音楽ってモノが緊張感の上に成り立っているって事も十分に納得出来ます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

びびるわ

投稿日:2015/10/16 レビュアー:としこちゃん

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

興奮した。 ネタバレ

投稿日:2015/10/08 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

壮絶な打ち合いのボクシングの試合を観終わった時のような興奮と感動。

老練なチャンピオンにいいようにあしらわれていた若い挑戦者が、最終ラウンドで
必殺パンチくらわしてKO寸前まで追い詰めた、って感じかな。

熱くなりました。

けど、JAZZってこんなモノ? っていう気持ちにもさせられた。
指揮者の命ずるがままに、ロボットみたいに正確に答えるのが音楽?

なんて、訳知り顔なこと言ってると、目の前にシンバルが飛んでくるんだろうな。
フレッチャーが言ってることも、真理なんだろう。
「そんなセリフは一流になってから吐け!」って罵倒されるんだろうな。

超一流になる人間はみんな、血反吐吐くような苦しみや屈辱を潜り抜けてきてるんだろう。

フレッシャーもニーマンも、JAZZにとりつかれてしまった人間。
そこまで夢中になれるものがあるふたりを、羨ましくもあり、怖くもある。





このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

41〜 45件 / 全95件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:95件

ち、沈黙・・・

投稿日

2015/11/25

レビュアー

Err99

本当に凄い?

投稿日

2015/11/08

レビュアー

ObiwanKenobi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

先ず邦題だけど。
ドラマー(生徒)と指揮者(先生)との確執がテーマだから、「セッション」ていう邦題の付け方は、ピンとこないな。邦題のいい加減さは、いつもの事だから、慣れた。
最後の数分間が凄いとか、TSUTAYAのポスターに書いてあったから、どんなに凄いのかと、期待してしまった。最後まで見終わってみると、???だ。・・・え?今ので終わり?
確かに緊張感がビンビン伝わって来るし、最後まで眠らなかったから、人を惹き付ける力は有る。そういう、「撮り方」はうまい監督さんだね。
でも、映画としてはどうかな。役者さんの演技は鬼気迫るものがあって、凄まじいんだけど、映画としての盛り上がりは、然程とは思えない。俺に言わせれば、中途半端。
上述の通り「撮り方」のうまさで、星3つ。映画の出来栄えで星2つ分減点。
ハゲの「俺を甘く見るなよ」という、どんでん返しは良かったとして、その後の、若者の挫折と大逆転。若者のリベンジは成功したのか。はたまた、最終的に和解してしまったのか。ラストシーンで、ハゲに対する若者の笑みは何を意味するのか。若者の演奏が終わった瞬間の、聴衆の反応はどうだったのか。・・・そこで終わっちゃって、本当に良かったのかなあ。
それと、女の子との恋愛と破局の話は、必要だったのかな?あれも、中途半端だな。メインストーリーだけだと硬派過ぎるから、色目を付けるために、カワイ子ちゃんを使ってサイドストーリーを、無理矢理ねじこんだのかな。無駄だな。だったら、メインストーリーにもっと時間を割いて、本筋に厚みと盛り上がりを足した方が、ずっとマシだな。
これで、アカデミー賞、本当に取ったの?
ここにレビューを書いている人も、みんな大絶賛なんだけど、本当かなあ?みんなが絶賛するから、空気を読んで自分も絶賛しているだけじゃないの?
俺は褒めないよ。

音楽は格闘技です。

投稿日

2015/10/25

レビュアー

土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私事ながらセッションプレイヤーを目指して、高校生の頃、毎日ギターばかり練習していた時期がありました。
音楽は聞き手の心を癒すものですが、演者は決してそうではありません。
日常からプレッシャーと競争相手と激しい戦いを繰り広げているのです。
なので、若い頃の自分にとって音楽は格闘技だと感じていて、別グループのギタリストとかと仲良く会話しても、内心は火花バチバチなんて事は、珍しく無い状況でした。
無名だったチャーリー・パーカーが、アドリブが上手く出来なくて、共演のドラマーにシンバルを投げられる様子はクリント・イーストウッドの「バード」でも象徴的に描かれていましたが、演者としては死刑宣告に等しい事。
フレッチャーは闘争心と緊張感を保つ事が、素晴らしい演奏を引き出す原動力だと信じ、
ニーマンにあの手この手で、指導(?)を行います。
この指導が「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹ばりに強烈なんですが、更にいやらしいのは、ポジションを狙う競争相手を用意して、決して安心させない状況を維持したり、策略を練るところです。
楽譜が紛失する下りも...フレッチャーの仕業かとも考えてしまいます。
最期の二人の笑顔は、別次元で互いを認め合ったって事なんでしょうか、
常人では分からない高みに登った瞬間を感じさせます。
昔、ジャズの帝王マイルス・デイビスのコンサートで、マイルスが奏でるアドリブのフレーズを
明らかに若手のSAX奏者が同じフレーズを吹いて後追いする部分があったのですが、若手のSAX奏者が音を間違ってしまい、
マイルスから厳しい一瞥をステージ上で浴びせられていた光景を見たことがあります。
少なくともあの場所で、SAX奏者は観客に聴かせるのでは無く、マイルス・デイビスって存在と戦って、
プレッシャーに負けてしまったのだと感じました。
常に音楽ってモノが緊張感の上に成り立っているって事も十分に納得出来ます。

びびるわ

投稿日

2015/10/16

レビュアー

としこちゃん

興奮した。

投稿日

2015/10/08

レビュアー

CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

壮絶な打ち合いのボクシングの試合を観終わった時のような興奮と感動。

老練なチャンピオンにいいようにあしらわれていた若い挑戦者が、最終ラウンドで
必殺パンチくらわしてKO寸前まで追い詰めた、って感じかな。

熱くなりました。

けど、JAZZってこんなモノ? っていう気持ちにもさせられた。
指揮者の命ずるがままに、ロボットみたいに正確に答えるのが音楽?

なんて、訳知り顔なこと言ってると、目の前にシンバルが飛んでくるんだろうな。
フレッチャーが言ってることも、真理なんだろう。
「そんなセリフは一流になってから吐け!」って罵倒されるんだろうな。

超一流になる人間はみんな、血反吐吐くような苦しみや屈辱を潜り抜けてきてるんだろう。

フレッシャーもニーマンも、JAZZにとりつかれてしまった人間。
そこまで夢中になれるものがあるふたりを、羨ましくもあり、怖くもある。





41〜 45件 / 全95件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

セッション