セッション

セッションの画像・ジャケット写真

セッション / マイルズ・テラー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

93

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バッドガイズ!!

エルスワールド 最強ヒーロー外伝

ザ・プレイヤー 究極のゲーム

ダイバージェントFINAL

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全93件

勝利するまで絶対にあきらめるなよ!

投稿日:2021/01/29 レビュアー:ましろ

絶対にあきらめない、不撓不屈が重要であるということを教えているのだよ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

すげーです

投稿日:2021/01/23 レビュアー:ジャルジェ

面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

原題: Whiplash 鞭打ち ネタバレ

投稿日:2020/10/28 レビュアー:TF6

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題ではセッションですが、原題は鞭打ちです。
狂気の鬼軍曹の音楽教師と狂気の一流を目指すドラマーの生徒のお話。
ブルウィップの先端速度は音速を超えるといわれています。
SMの女王様も鞭を持っています。
Whiplashはドラムを叩くしなやかなバチ捌きか、音速を超えるドラムの音か教師の言葉の鞭か。交通事故の鞭打ちか。

高学歴だったりスポーツマンの家系に育ち音楽職は低俗と評される主人公が、音楽学校で軍隊の教官の様な教師に罵詈雑言浴びせられ屈辱を受けながら折角出来た彼女を捨て必死にドラムの練習をし最後には教師を喜ばすほどの腕前になる。

主人公が血がにじむ努力の末実力を手に入れる光とパワハラ教師が叩きまくっても這い上がってくる自分の理想のプレイヤーを作り出す闇が1つになっている様な気がします。

自分自身が何かに燃えたくて鞭が欲しい時には良い映画かも知れませんが、鞭で傷を負っている場合には見たくもない映画となるでしょう。

ラ・ラ・ランドも男主人公が彼女を手放し、よりを戻そうとすると相手に彼氏が出来て、ラストがハッピーなように見えてそうでもない。この監督はそういうお話が好きなのですかね?

他のレビューにも書いてありましたが、バディ・リッチ最晩年の演奏を見ると なるほど。 と思う事もあるかと思います。

一般では狂気でも世界一レベルでは当たり前のことはあるかも知れません。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

COOL!!

投稿日:2020/04/11 レビュアー:塩胡椒

凄いわ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

こんな先生、今時いるかな

投稿日:2020/03/08 レビュアー:iguana

口からでるのは、口汚い罵倒ばかり、鍛えて鍛えていかないと天才は生まれないという信条で生徒を指導する教官。果たして、その成果はあるのか。今時、こんな先生いないでしょうし、こんなことしたら訴えられる。だが、そこまでしないと真のドラマー・演奏家にはなれないというのも判る気がする。
今、何かと甘い世の中だから、それに浸って満足しているようじゃ行きつく先は破滅かもしれない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

41〜 45件 / 全93件

セッション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:93件

勝利するまで絶対にあきらめるなよ!

投稿日

2021/01/29

レビュアー

ましろ

絶対にあきらめない、不撓不屈が重要であるということを教えているのだよ。

すげーです

投稿日

2021/01/23

レビュアー

ジャルジェ

面白かったです。

原題: Whiplash 鞭打ち

投稿日

2020/10/28

レビュアー

TF6

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題ではセッションですが、原題は鞭打ちです。
狂気の鬼軍曹の音楽教師と狂気の一流を目指すドラマーの生徒のお話。
ブルウィップの先端速度は音速を超えるといわれています。
SMの女王様も鞭を持っています。
Whiplashはドラムを叩くしなやかなバチ捌きか、音速を超えるドラムの音か教師の言葉の鞭か。交通事故の鞭打ちか。

高学歴だったりスポーツマンの家系に育ち音楽職は低俗と評される主人公が、音楽学校で軍隊の教官の様な教師に罵詈雑言浴びせられ屈辱を受けながら折角出来た彼女を捨て必死にドラムの練習をし最後には教師を喜ばすほどの腕前になる。

主人公が血がにじむ努力の末実力を手に入れる光とパワハラ教師が叩きまくっても這い上がってくる自分の理想のプレイヤーを作り出す闇が1つになっている様な気がします。

自分自身が何かに燃えたくて鞭が欲しい時には良い映画かも知れませんが、鞭で傷を負っている場合には見たくもない映画となるでしょう。

ラ・ラ・ランドも男主人公が彼女を手放し、よりを戻そうとすると相手に彼氏が出来て、ラストがハッピーなように見えてそうでもない。この監督はそういうお話が好きなのですかね?

他のレビューにも書いてありましたが、バディ・リッチ最晩年の演奏を見ると なるほど。 と思う事もあるかと思います。

一般では狂気でも世界一レベルでは当たり前のことはあるかも知れません。

COOL!!

投稿日

2020/04/11

レビュアー

塩胡椒

凄いわ。

こんな先生、今時いるかな

投稿日

2020/03/08

レビュアー

iguana

口からでるのは、口汚い罵倒ばかり、鍛えて鍛えていかないと天才は生まれないという信条で生徒を指導する教官。果たして、その成果はあるのか。今時、こんな先生いないでしょうし、こんなことしたら訴えられる。だが、そこまでしないと真のドラマー・演奏家にはなれないというのも判る気がする。
今、何かと甘い世の中だから、それに浸って満足しているようじゃ行きつく先は破滅かもしれない。

41〜 45件 / 全93件