アバター

アバターの画像・ジャケット写真
アバター / サム・ワーシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

425

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アバター」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

「アバター」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: AVATAR
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 撮影賞
2009年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)

「アバター」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アバターの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
209枚 20人 6人

アバターのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】アバター(ブルーレイ)

  • 旧作

22世紀、人類は地球から遠く離れた惑星パンドラで《アバター・プロジェクト》に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体《アバター》を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、《アバター》を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく・・・。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chDTS/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR39603 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
199枚 2人 5人

【Blu-ray】アバター〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使して描くSFアクション超大作。戦争で負傷し車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ることだったのだが…。

収録時間: 字幕: 音声:
162分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM39603 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 2人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:425件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全425件

泣けない理由を考察

投稿日:2010/05/22 レビュアー:kuato

戦闘好きのドアホ米軍XSシガニー・ウィーバー演じる植物学者の深い洞察。
皮肉なことに学者らの高尚な研究はジリ貧で、ドアホ米軍から援助金が出されている様子。成果を今度こそあげねばヤバイと考えるものの、生憎やって来たのは半身不随のジェイクだった。。

この作品はナヴィの世界観や映像は実に素晴らしい。ここまで架空のクリーチャーを生き生きと表現したキャメロンはさすがと思う。ただし、言霊的な丸い妖精?がやたらジェイクを買いかぶってしまった誤解?もあって不可解不愉快にはなった。これがきっかけでジェイクは異様に信用されるがゆえに、ナヴィの秘密を危うくするのだから。考えてみれば厄病神である。

一方でジェイクの選択は現実の自分「半身不随」から脱出するために新世界へ飛び込んだだけのご都合主義、という解釈も可能だろう。だからこそこの作品をみてなぜか泣けなかった。むしろ不愉快な気持ちにさせられる。なんというのかジェイクの行動は非常に浅く偽善者めいてもいる。辻褄が合わない。
ジェイクが本当に心の底からナヴィを理解し愛するのであれば、いくらでも破壊を食い止めるチャンスはあったのだから。

一言で言えばジェイクにとってナヴィ世界は欲求のはけ口である。
現実世界では封印されてしまった走る喜びや空を滑空するスリルなどなど。愛を契るというよりは五体満足な自分として生きていけるほうがいいわけである。若い元兵士がナヴィ世界になじんでいける動機付けとしては非常にリアルではあるのだが。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新アパッチ砦或いは3D版ポカホンタス^^ネタバレ

投稿日:2010/03/22 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これからの映画製作のジャンルの一つとして確立してしまった3D。
この映画に関してはアトラクション的な楽しみが殆どなので2D、しかも画質の粗いDVDで見る意味は、あまりないかも知れません。
出来ればIMAXシアタークラスの映画館で3Dで見た方が作品としての質が高まると思います。
3D映画が誕生して半世紀以上が過ぎている筈ですが、この作品は色々な意味での到達点でしょう。
仮想空間での生き生きと蠢く「異形の生物」のデザインラインも進化の過程さえ想像させるリアルさです。
「ココの尖りで驚け!!」
と言うモンスターVSエイリアンでは、まだやっていた3D映画の「古臭い」演出を払拭し「立体感」と「臨場感」だけに拘った「重い質感」に圧倒されます。
ジャングルの木々のざわめきや草木の陰に隠れた謎の生物の存在さえ感じさせてくれます。
物語は単純明快で複線の張り方も分かり易く「使いそうな物は確実に潰して」話を折り畳んでくれるので見ていて飽きが来ません。
三時間近い上映時間ですが完璧に想像された「異世界」を存分に堪能出来ます。
さて、映像的には凄まじいクオリティの作品だとは認めますが実はストーリーは大した事有りません。
これは現在のアメリカ人と「言われる」人達の「長い長い立体反省文」に過ぎません。
…弓矢と拳銃、ダイナマイトと石ころ。
この映画を見て侵略者で有る「アメリゴ」国の人間と先住民の争いを思い出さない人はいないのでは?。
ナヴィの自然に対する考え方もネイティヴの言う「自然は次世代から借りている」と話に順当します。
大地を駆ける者、空に舞う者、水に棲む者、魂と精霊の在り方感じ方に関しても類似点が多過ぎます。
SFと言うよりは内容はネイティブ主体のウェスタンに近い様です。
アフリカ系アメリカ人の「血の混じった」大統領が就任して浮かれている様では本来の「大地と精霊の祝福される」人の住む場所としては活かされない気もします。
しかし、ネイティヴの血の混じった大統領が誕生する事は未だに「居留地」と言う存在を認めてしまっている国では難しい様にも感じます。
自然と共に生きる人達を最初に公で虐げている国の人間が製作したとすれば非常に「野心的」とも言えると思います。
これを期にネイティブの上院議員の数が増える事を期待します(いるのか?)。
若干内容に生臭さは感じますがエンタメ作品としての「伸び」は良く楽しめる事はエンドの動物君大集合のシーンなどクリーチャーと人間の「善」の逆転劇なの「楽しめる」場面も多いのも間違いでは有りません。
ファンタジー系の話には付いて行けないと言う方、「インデアンうそつかない」と言う偽善的な言葉を聴くと反吐が出る方以外は2Dでも「それなり」に楽しめて心地良くエンドロールを迎えられるでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キャメロンの、大きな大きなおもちゃ箱

投稿日:2010/03/18 レビュアー:アマギン

22世紀・・・恋のストライクゾーンは広かった。
目を覚ませジェイク!wてか彼、目を覚ますも何も・・・寝てもすぐアバターとして
起きてるわけだから・・・えっと・・・つまり・・・いつ寝とるんだ!?

Xpand社の新メガネは確実に疲れるだろうと、あえて違う劇場に足を運んだつもりが、
私の認識違いでその劇場もまたXpand社(笑)なっ・・・なにぃぃいい!!!

やはりこんな長丁場の作品に、重たいメガネを終始付けていられない私。
あまりにも装着前・後における映像の鮮明度が違うので、その違いが終始気になり、
とったり付けたりする私。
飛び出し感やら奥行き感がいかほどのものか終始気になり、またもや・・・
とったり付けたりする私。

おいおいおいおいおいおいおい。全然パンドラの世界に入りこめてないではないか!w

でもそうしてでもお話が単純なので、置いてきぼりされることなくお尻に激励しつつも
キャメロン監督のぶっちらかしたおもちゃ箱を楽しみました^^
合成という感覚は皆無で、迫力ある飛行アクションを楽しめます。
これぞキャメロンマジック!?悔やしいことに、私もいつの間にやら青い娘が綺麗に
見えてしまった・・・汗 これは不思議で仕方ないっ)驚

どこかのゲームで見られそうな世界感ではあるものの、有毒な大気とは裏腹に
実際にあれば息を呑む美しさをもった惑星パンドラ。生息する動物やら植物の
発光している様や、暴れる様、あれやこれやと楽しかったです。

ただこれだけブルジョワになったならば、なったなりに応えると、
新世界としては、あれやこれや浮いてる光ってるだけでは捻りなくイマイチ。
アスレチックフィールドとしても、「高い」「細い」だけでは物足りぬ。
映像は最先端を行くも、一歩間違えると相当古臭いアイデア。
スターウォーズごっこができるように、アバターごっこをするにはまだまだおかず
が足りない印象。残せたはずなのに・・・。私的にはあのリンクの一部始終がツボ。

けなそうと思えばとことんけなしたくれるプロットですが、やはり映画の製作過程を
見てしまうと情が入ります。すごい。この成功は裏方皆様の苦労あってですほんと。
素晴らしい!新たな技術の開発に心から拍手を贈ります!ありがとうございます)泣

     是非とも“テーマパークのアトラクション”として

みんなで爽快に豪快に手っ取り早く楽しみたい。そんな内容にできる作品。
(決して侮辱している訳ではなく、そんな用途にも使ってパンドラを楽しみたい!)

ユニバーサル・スタジオで体験された方は想像して頂けると思いますが、
スパイダーマン・ザ・ライドのような乗り物で、四方八方に動いて且つ勿論3D。
そして匂いもあって、水も浴びちゃいます的な。そんなアトラクションに。

いやぁ、相当面白いアトラクションが完成する予感ですが、いかがなもんでしょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

71pts. 【監督】ジェームス・キャメロンネタバレ

投稿日:2012/02/27 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

TV放映を見て、書いています。

第一印象としては、
これ、スクエアのスタッフからしたら、
やられた・・・
って感じなのかなって思った。

FFの映画、とても、つまらないの、
あったと思いますが・・・
それは、話として、ストーリーがつまらないから。

本作は、そういう部分を割りきって、
映像だけで見せることに終始した。

そのために、必要な3Dを導入した。
見ると、3Dのためにつくられた映画、
それは間違いなく、
その部分は、2Dで見ても、
十分伝わったので、そういう意味では、
成功した映画と言えると思った。

ただ、ストーリーに関して言うと、
基本、FFっぽいストーリーだと思うんですよね。

もちろん、アバターという発想自体は、FFではありませんし、
ストーリー展開も、RPGっぽくはないので、
そういう意味では、直接ではないのですし、
FFの骨子を、
王権のファンタジック性みたいなのと捉えれば、
本作は、価値観の違う対象との融合と対立をテーマにしており、
骨子の一番目は違うといえば、違う。

ただ、他民族が多数出てくる系統が多いRPGの中で、
映像的なところは、FFとの共通点が強くて、
で、他民族(=異なる価値観)との対立という、
そういうテーマ性も、FFの中心ではないにしろ、
重要なテーマには、なっていると思うし、
そういう意味で、本来、スクエアが、作るべき、
話で、しかも、もともとの話に大きなオリジナリティがない以上、
映像で見せるという、共通点もあるわけで、
そういう意味で、彼らがなぜ、作れなかったのか、
そういう思いが強くした。

確かに、本作、3Dを前提につくられた、
映像的なところは、強いわけで、
ストーリーは、陳腐といえば陳腐だが、
そのテーマの範囲内で、面白くは作られており、
評価できる範囲には入っているとは感じた。

ただ・・・
基本、ああいう環境であれば、
人間として、彼らと付き合うことは、できないのか・・・

という、根本的な発想として、
アバターにならなければならない、
その発想そのものの議論が、
抜けているが、ま、、、
その発想自体に、疑問が感じられないことが、
ある意味、文明社会のおごりを
遠因的に描いているのかな、という感じもした。

ただ・・・

青猿のラブシーンは、こうも、色気がないのかと、
それだけは、ちょっと、驚くほどだったかな・・・(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

超大作!

投稿日:2011/07/12 レビュアー:姫宮美羽

遅ればせながら見てみたんだけど、映像がとんでもない程キレイでそこにビックリ?かも?

上下の黒帯も無く、息を飲む程の超美麗映像が画面いっぱいに映し出された?かも?

これを見た後ではいくらBDと言えども他の作品が霞んで見えてしまんじゃないかと不安になって、
もっと遅く借りれば良かったと後悔してしまうほどだった?かも?

テンポも非常に良くて、キャメロン監督の観客を飽きさせない手法がとってもよく生きていると思った?かも?

ストーリーもしっかり練られている上に、
自然を破壊していく人間達に対してのメッセージ性も込められており、
終わった後にしばしば考えさせられることもあった?かも?

しっかりと感動部分も作られていて、涙腺の弱いウチはちゃっかりお涙しちゃった?かも?

余談だけど、シガニーウィーバーが出てきた時、「リプリーだ!」って思って、
キャメロン監督とシガニーさんのタッグって事で「エイリアン2の再来か!」とか勝手に思って
一人でテンション上がっちゃった?かも?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全425件

アバター