ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーンの画像・ジャケット写真
ウィンターズ・ボーン / ジェニファー・ローレンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
ジャンル:

「ウィンターズ・ボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描く。主演はハリウッド期待の新星、「あの日、欲望の大地で」のジェニファー・ローレンス。監督はこれが長編2作目の新鋭デブラ・グラニック。ミズーリ州の貧しい寒村で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー。とうの昔に家を出ていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅差し押さえの窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追って危険な裏社会へと乗り込んでいくが…。

「ウィンターズ・ボーン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: WINTER’S BONE

「ウィンターズ・ボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウィンターズ・ボーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20594 2012年04月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全53件

わたしも眠くなりました

投稿日:2013/04/22 レビュアー:映画好きのひつじ

わたしも映画が好きですが・・・わたしも眠くなりました。ジェニファーの演技が光っているとは思いましたが、だからといってこの映画自体がよいのかどうか・・・。評価されているポイントがわかりません。台詞もなくただ歩いているシーンが多かったので、その部分は早送りして観ました・・・。裏の世界といっても、近所(集落?)に悪い人の親玉が住んでいるだけ、と、わたしは感じました。今話題の女優、ということで彼女見たさに借りましたが、もう二度と観ることはないと思います。ジェニファーの演技力に星。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

村社会でのサスペンス

投稿日:2013/04/22 レビュアー:コイキング

強烈な魅力と刺激に満ち溢れた作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

淡々と進む残念な作品

投稿日:2013/02/03 レビュアー:じょばーな

ハンガーゲームでジェニファーローレンスのことを知って、こちらを観ました。
暗く非日常的なストーリーが悪い意味で淡々と進んでいきます。
主役も脇役も概ね静かで、淡々さに一役買ってはいますが、
むしろ感情を抑えた自然な演技であり好感のもてるものでした。
ではなぜ淡々と進むと感じてしまったのか思い返してみると
視覚効果や音響に抑揚がなかったと思い当たりました。
過度の演出やエンタメ性に辟易してる通ならこれを好むかもしれませんが
自分はまだ物足りないと感じてしまいました。
主役にはたとえば、事件の謎を追跡するならもっとエネルギッシュに、ご都合主義ではなく自分の力で道を切り開いてほしかった。
脇役にはたとえば、あんな生ぬるいリンチではなく、どうせするならもっと徹底的にしてほしかった。
もっと狂気で恐怖を演出するシーンがあってもよかったのに、みんな終始小利口で残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

たんたんと

投稿日:2012/11/17 レビュアー:ひぃ

飽きずに見れた映画でしたが他の方たちのレビューほどは私の心にはひびかず。
でも主役の女優さんの演技には感銘をうけました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

染み入る痛さ

投稿日:2012/11/07 レビュアー:hana_09

先日見た2008年サンダンスグランプリの「フローズンリバー」を見た後に、2010年グランプリの「ウィンターボーン」を鑑賞しました。
どちらも寂しく耐え難い現実の話を綴った作品でそういう意味で同じジャンルの話だと思うのですが一緒にするほど安易ではないんです。が好みでは「フローズンリバー」かな。
本作の女の子は17歳で泣く暇もないほどのつらい現実を背負っている話で、彼女が奮闘する姿と彼女に協力した家族(彼らも相当な義理でやってくれてますが)がおり、またその家族も実に過酷。貧乏でも環境が人をここまで変えるんですね。つらいわ。
男選びと自分の人生、しっかり考えて生きる事が大事だと痛感します。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全53件

ウィンターズ・ボーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる