No.112 RANKING

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの画像・ジャケット写真
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー / クリス・エヴァンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界最初のヒーロー“キャプテン・アメリカ”の活躍を描いたバトルアクション。極秘実験に志願して驚異の身体能力を得た青年・スティーブが、さまざまな試練に立ち向かい、ナチス科学部門のヒドラ党を率いる支配者、レッド・スカルに戦いを挑む。※一般告知解禁日:2011年12月23日

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日 英 解 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
202枚 37人 28人

【Blu-ray】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
113枚 22人 17人

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全73件

7点満点中

投稿日:2012/03/06 レビュアー:ビリケン

3点

あんまり面白くないストーリだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ショボイもん同士のショボイ戦い

投稿日:2012/02/25 レビュアー:QWERTY

チビでガリガリの“もやしっ子”でも、薬物注射と日焼けマシンでアッという間にムキムキマッチョなスーパーソルジャーに(身長だって伸びちゃいます)。地道なトレーニングとか一切必要なし!!大事なのは愛国心と自己犠牲さ!!といういかにもアメリカらしいスーパーヒーロー、それが我らのキャプテン・アメリカだ!!

・・・こんな風に書くといかにも「悪党どもは問答無用で go to hell 」的な爽快アクション映画のように感じるが、実際は結構テンポが悪いし、主人公も途中で戦時国債を売るために地方でドサ回りしたりと余計なシーンが多い。
結果的に、長めの上映時間の割にバトルシーンが少な目で、どうにも地味でビミョーな作品です。

主人公・キャプテン・アメリカは運動能力は超人的なものの、銃で撃たれれば普通に死ぬみたい。装備品も頑丈な盾以外はただのコスプレ。盾以外のところを狙ってくる空気の読めない敵が出てくるともうお手上げ。

悪の親玉・赤タコ博士も、わざわざノルウェーまで行って取り寄せた「光るキューブ」でどんなスゴイ兵器を作るのかと思いきや、ただのレーザーガン・・・マジっすか?そりゃアンタ、総統に見放されてもしょうがないわ。
でも、この人なぜか人望があって手下はたくさんいたりするし、資金豊富で基地や武器はたくさん持ってたりする。う〜ん、ご都合主義。

と、いう訳でヒーローもワルモノもショボイもんだから、お互いに“数で勝負”というとてもヒーローアクションものとは思えない大味な展開に・・。
赤タコ博士の最後も実にあっけなくて「えっ、これで終わり?」て感じ。
単純なアクション映画が好きな僕でも「面白さはギリ普通レベル」としか言いようがないです。

それにしても、今年公開予定の「アベンジャーズ」
ハルク、アイアンマン、ソーは圧倒的に強いが、ブラック・ウィドウ、弓の人(名前知らん)、キャプテン・アメリカは普通の軍人数人分の強さ。
「戦闘力のバランスがメッチャ悪いのにまともな映画になるんか?」と不安になってきた・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

解釈次第で色々と考えさせらる作品ネタバレ

投稿日:2018/01/08 レビュアー:rainbow bell

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2017年に入って、今頃(本ッ当に今更ですが)マーベル・シネマティック・ユニバースの映画を公開順に見始めた者です。あ、でも初めて見たのはベネディクト・カンバーバッチのファンだったので「ドクター・ストレンジ」でしたが・・・。そして「ファンタスティック・フォー」でクリス・エヴァンスに興味を持ったので「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」をレンタルした時に同時期の「アイアンマン」と「インクレディブル・ハルク」「マイティ・ソー」も。
その後は当然の如く「アベンジャーズ」シリーズへ突入しております。(初めはアベンジャーズもS.H.I.E.L.D.も何の事やら?状態でした。)
この順番で見始めて良かったと思う。「ファンタスティック・フォー」の軽い乗りのヒロインの弟ジョニー役を見て無かったら、クリス・エヴァンスの印象は違ったものになっていた。だってキャプテンはめったな事では笑わない、ジョークも飛ばさない、古き良き時代の祖国に生命を捧げた兵士ですから2時間ほとんど眉間にシワを寄せた生真面目なヒーローなのです。(当然ロマンス的な内容も緊張感高まる戦時下でのため、S.H.I.E.L.D.のエージェント、ペギー・カーターとの恋愛シーンも秘めた思いって感じです。)
クリス・エヴァンス自身はディスク収録特典のNG集ではあんなに爽やかな笑顔なのが救いですけど・・・。
マーベル・シネマティック・ユニバースが製作を追うごとに各ヒーロー達の関係やそれぞれの世界観が絡み合ってきていて、更に宇宙に散らばる六つの石の強大なパワーと謎の強敵も今後メインになりそうなので最初から見てみて良かったなと思います。やはり公開順に見てこないと様々に張り巡らされた伏線があるので自分は釈然としなかったと思う。
加えてディスクに特典されている製作者解説も併せて見て、よりキャプテンへの理解を深められた。そうじゃ無かったら肉体改造されて超人兵士になったとはいえ、70年間も氷漬けになっていて現代に蘇った、時代に取り残されたキャプテンが(何故半世紀以上も人気キャラなのかも含めて)自分には理解し難かったと思う。だってアイアンマンやソー達のほうが戦闘スキルは高い、なのに何故キャプテンが「アベンジャーズ」でリーダーとして認められているのか?という点について釈然としなかったと思うから。
今作でも大戦中、着ぐるみ状態で戦地の前線を慰問して戦意高揚を謳ったり、米国内地で国民に資金援助を働きかけたりするシーンがありますが、作品中、政府にはプロパガンタ的な目的があったという設定です。
まぁ、堅いことを考えずにキャプテン・アメリカのファンは(と言うよりクリス・エヴァンスのファンは)、今作はキャプテン誕生と共にヒーローとなった経過を楽しめる内容です。彼のファンじゃ無いとシリーズを通して重たい真面目すぎる内容で退屈するかもしれないが、マーベル作品どうしが繋がり合っているのでやはり見ておいたほうが今後を楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後が気にならない

投稿日:2015/04/09 レビュアー:みどり

用事があって一旦途中で見るのをやめたが、そのまま先が全く気にならなかった。
なんでこんなに評価が高いのかは謎??
くっだらないアメリカ万歳映画。ヒロインもダサい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見た目が地味ならストーリーも地味!

投稿日:2014/12/25 レビュアー:ひゅう助

あらすじ

第2次世界大戦末期。体が貧弱なスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は今日も入隊審査を通らなかった。友人のバッキーは通って配属されたのに。

最後の挑戦と決めた入隊検査で、スティーブはある科学者に出会う。その科学者は言う「君のような男を探していた」のだと。体は貧弱でも、愛国心と正義と優しさに満ちた男を。

こうして「スーパー・ソルジャー」計画に選ばれたスティーブは実験後、見事な肉体を手にし、「キャプテン・アメリカ」として世界大戦の最前線へと駆っていく・・・。


この「駆っていく」前に、「キャプテン・アメリカ」の興行シーンがあるんですが、それがこの映画のブレーキ・ポイント。簡単に言えば「面白くない」シーンだ。

じゃあそれ以外は面白いの?と聞かれたら、それ以外も微妙と答えるしかない。

キャプテン・アメリカは戦場でも超人的な肉体で、敵を倒していくのだが、いかんせん地味。何のひねりもない肉弾戦で、たまに投げる盾が少々かっこいい、ぐらいだ。

敵であるヒュドラのラスボスも、顔がドギツイだけであとは少し強いだけの普通の人。地味だ。


ペギーとのラブロマンスの行方も気にしたいところだが、いかんせんアクションに比重が大きいためそれも気にならない。ペギーさんがただのわき役に回ってしまったのが痛かった。


マーベル映画で、しかも「最初の」ヒーローだから気になるのはわかるが、この映画はあまりオススメはしない。面白くないから。

☆3つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全73件

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー