猿の惑星:創世記(ジェネシス)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の画像・ジャケット写真
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / ジェームズ・フランコ
全体の平均評価点:
(5点満点)

149

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の解説・あらすじ・ストーリー

記番:FXBB50196,FXWC50196,FDR50196の収録内容は同じです。

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: RISE OF THE PLANET OF THE APES

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBB50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
152枚 10人 3人

【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1ch DTS-HD マスター・オーディオ(ロスレス)
2.日本語5.1ch DTS
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR50196 2012年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全149件

期待以上に楽しめた

投稿日:2012/05/05 レビュアー:Kavi

本物の動物を一切使わず、全てCGとは、すごい技術ですね、
ここに出てくるゴリラやオラウータンさえ可愛く思えました。

森を駆け巡る姿や描写が素晴らしかった。
あのシーンを、何度も見てしまった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

チンパンジーのシーザー

投稿日:2012/03/29 レビュアー:ショコランナ

「猿の惑星」を見たこと無い者にはどうなのかな〜と思いましたが、
それでも楽しめる、大丈夫だという情報を友人から得たので、レンタルしてみました。
確かに、これまでの作品を全く知らずとも困ることは無かった。
けど、知らないからこそ、というのもあってか、大の動物好きの私は、
「猿の惑星」というより「チンパンジーのシーザー」という作品でも
見ているような見方になってしまいました。

アルツハイマー病治療研究をしているウィルが、自宅にて育てることになったチンパンジー。
シーザーと名付けたその子は、どんどん成長し、体だけではなく、
知能もどんどん成長していきます。
ウィルは一応、シーザーを我が子のように大事に育ててはいるのですが、
色んな面で、シーザーが可哀想に思えてならなくなり。
そしてどんどん、本当に可哀想な状況になっていって、
シーザーの表情を見れば見るほど哀しかった。

未見の「猿の惑星」に対して、今まで私が勝手に抱いていたイメージ・・・
ある星があり、人間のような姿と知能を持った猿人間がひしめいていて、その星を支配している。
どうして猿があんな人間みたい姿をしてるのか分からないけれど、とにかく、
どこからともなく現れた猿人間が、弱い人間をどんどん攻め滅ぼしていったのだ。
っていう風に、猿が悪者的なストーリーをイメージしていました。
でも、創世記を見てから、思いが変わりました。
もしそんな内容だとしても、悪の源は猿じゃない、人間だ。人間の方が悪いんだって。

私、動物実験は絶対反対!だけど、現実は仕方が無く行われている。
動物のお陰で人間はどんなに助けられてると思ってんの!?
もっと動物たちに、敬意を払いなさいよって、怒鳴りたくなるような
人間たちの行いに怒り、人間のせいで人生(猿生)が変わった猿たちに哀しみ、
人間VS猿軍団では猿たちを心から応援して興奮し、
最後は僅かな、ほんとにごく僅かな爽快感。
これを機に、「猿の惑星」を見てみようとは特に思わないけれど、
その後のシーザーは見てみたい。どうかシーザーたちに幸あれ!

と、こんなに感情的にさせられたほど、リアル感いっぱいのCGの映像がすごかったです。
その点は☆5なのですが、可哀相な気持ちになった面が☆2。トータル☆3.5。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

生き物は大切に!

投稿日:2012/03/20 レビュアー:靖王

知能の高い猿が自由を求めて人間に立ち向かうというSF作品。

なんだかよくわからないが、面白かった。

猿が群れをなして橋を横断するシーンは特に印象深かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これはこれで楽しめたけどね・・

投稿日:2012/03/06 レビュアー:シネマ子

傑作と名高い猿の惑星シリーズのビギニングとして、本作を位置づけてはたしてよいものなのか・・という気がする内容。
作品の世界観もスケールも違いすぎるし、全く関係ない作品としてだったら、手放しで及第点なんですけどねえ。

突然変異した知的な猿(シーザー)が巻き起こすパニックムービーととらえれば、普通に面白いですし、
猿集団VS人間の対決やCG、アクションも見ごたえありでなかなか楽しめます。
ジェームズフランコは相変わらず繊細な雰囲気で美しいですね。
女医さん役の女優キレイだなあ、と思ったら「スラムドッグミリオネア」のあの子!
かなり濃い顔だけどやっぱり美人だなあ。

深刻ぶっても猿、知性派でも猿。
興奮すると野生むき出しで「ウホォ〜ムッキ〜」ってなるのが、なんか和みます。
知的レベルとしては人間寄りなのに、自らのアイデンティティの為に、
野生まんまの畜生丸出しの仲間のサルを率いてリーダーになるシーザーは、猿の中の猿。

このシリーズは衝撃的過ぎるラストが定番なので、ラストはどうなるのかと思ったら、「あっそれなの」という感じでした。
なんかごまかしてるというか、微妙にハッピーエンド。もっと度肝を抜く感じするとか、意外などんでん返ししてほしかったかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

猿達頑張れ!

投稿日:2012/03/05 レビュアー:涼風マヨネーズ

人間は愚かですね〜!私利私欲・欲望の塊の人間に対し、ただ自分達の住む所へ帰りたいだけの猿と双方に感情がありますが、
やはりこの映画、人間に制裁を加える猿達を応援しながら観てしまいます。
アバターは自然を大切にする気持ち。この作品は命あるものへの思いやりを勉強させられる映画でした。
なかなか良い作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全149件

猿の惑星:創世記(ジェネシス)