トレインスポッティング

トレインスポッティングの画像・ジャケット写真
トレインスポッティング / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

90

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「トレインスポッティング」 の解説・あらすじ・ストーリー

ヘロイン中毒のレントンは、仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。そんなところへ、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。イギリスでカルト的な人気を得、舞台にもなったI・ウェルシュの同名小説に、秀作スリラー「シャロウ・グレイブ」のチームが挑んだ話題作。本国はもとより、アメリカ、日本でも大ヒットとなった。 JAN:9999203189562

「トレインスポッティング」 の作品情報

製作年: 1996年
原題: TRAINSPOTTING

「トレインスポッティング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トレインスポッティングの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACBR10196 2004年03月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 2人 0人

【Blu-ray】トレインスポッティング(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACXE10196 2011年11月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:90件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全90件

ドラッグボーイドラッグボーイ

投稿日:2010/08/12 レビュアー:タカシ

人間的にちっちゃい人間にはこの映画は合わない

最高に退廃的、でもかっこいい

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

麻薬の恐ろしさを生々しく

投稿日:2010/05/16 レビュアー:レイモンド・ウダ

 話が展開するテンポが実に軽快、またユアン・マクレガー演じる主人公レントンが淡々とナレーションをやっているのがいい。レントンは一連の悪ガキグループの中では一番「まとも」。麻薬はやめた方がいいと思っているが、悪友たちとの付き合いも特に嫌がるわけでもなくずるずると引きずってはまた麻薬を始めてしまう。麻薬まで行かなくても、回りの人間に振り回されいい加減こんな毎日はやめたいな、という思いがよく伝わって来る。悪い友達は付き合わない方がいいですよということだが、レントンはそれに負けることも無く最後は自分のための計画を断行する。

 テーマは暗いし、目を覆うような悲惨なシーンもあるが、なぜかコミカルに感じる場面も多く、また軽くリズミカルに話が進む、しかも印象は強烈だから映画としての出来栄えは大変よろしいということだろう。ユアン・マクレガーはこの作品でブレークして大スターへの道を歩き始めるが、確かに大変光っている。

 しかし、スコットランドと言えば「ブレイブ・ハート」を始めとする歴史劇、そして美しい旋律のスコットランド民謡、雄大で美しい景色を想像するが、この映画はそのイメージを粉々にしてくれる。主人公たちが皆で麻薬を絶っている間に田舎を散策しようと出かけるシーンがあって、そんな美しい景色の中で全員が馬鹿らしくなって引き返す場面に苦笑い。何となく白ける気持ちがよく理解出来た。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ワルはワルだ。ネタバレ

投稿日:2010/03/16 レビュアー:TOMY

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

96年、公開当時えらい人気があった映画です。
ユアン・マクレガーとダニー・ボイルの出世作。
(その後「ビーチ」のキャスティングの時にトラブって、不仲って噂があったけど、どうなんでしょうね?)
主役のレントン、ユアンが若くてかわいいです。

しょっぱなからスタイリッシュな音楽で、場面が疾走する。
イギー・ポップかぁ。映画全体の音楽がかっこいい。
スコットランド、ブルーカラー層の鬱屈したろくでなしの若者たちの青春映画。
青春といっても、ヤク中とケンカ中毒と、あと…とにかく全員がダッサい。
この恥ずかしいダサさがかっこいい、って、当時は人気あったんだろうな。
ダサくても様になっちゃうところが、若いってことなんだけど。
私ももっと若く、あの妙な焦燥感を持ってた頃に見れば、もっと面白かったかも。
だって、焦ったってなるようにしかならないって、もう未来への不安の上をだいぶ歩いてきちゃったから、妙にどっしり構えちゃう。
20代前半、先は見えないけど「一般的な幸せ」が欲しい。
でもどうすれば手に入るのかわからない。
焦り、不安…で、関係ねーや、ってヤクに手を出す。

つるまないと何もできない人って、ちょっと理解できない。
仲間の中でもレントンは、割と1人でいる時間を選ぶ。
「一般的な幸せ」に向かって生き方を変えようとするが…。

ロバート・カーライルのやってる役が、ヤクはやらなくても、ケンカ中毒ですぐキレる。(こういう肝っ玉の小っちぇー男ってムカつく。)
ようするに全員中毒なのだ。
アル中やヤク中は病であって、精神論だけで片付けられる問題じゃないことは、さすがにもう理解している。
でももちろん、明らかに能動的な行為から始まる。
歴史だって古いのだから、もう理解していいようなものなのに、人生っていうのはラリんないと生きられないほど辛いものなのか。

映画自体も、ラストも、まぁ賛否両論なんでしょう。
「ワルはワルだ。」と冷静なレントンに、未来はそう悪くないかも、と思い、私は少しホッとしました。
褒められた行為じゃないところも、賛否両論なとこですよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★☆☆☆

投稿日:2009/08/26 レビュアー:ちまり

薬物中毒でどんどんダメになる映画を想像していたのだが、全体的にさわやかな青春ストーリーだったのでガッカリしてしまった。一部汚いシーンがあるが露骨すぎる演出をするので引いた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ただただリアルで何の感情も沸きにくいネタバレ

投稿日:2009/07/19 レビュアー:みおんち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ストーリーがイイとか悪いとかそんな問題じゃない感じ。
自分とはまったくの別世界で起こってる出来事をただ傍観しているだけのような2時間。
こんな世界もあるんやぁぁみたいな・・。
ドラッグとかエイズとか犯罪とかちょっと刺激強すぎやね。
包み隠さずにめっちゃリアルに描かれてると思う。
レントンがトイレに突っ込んでいくとこ気持ち悪すぎて直視できんかった。
あと赤ちゃん死んだとこも。
なんかなんとも感想が書きにくい映画やなぁ。
1つはっきりしてる事は、べグビーが嫌いってこと。
あんな友達いらんやろぉ。
自己チュウで乱暴者で、イイとこあんのかな??

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全90件

トレインスポッティング