ユー・ガット・メール

ユー・ガット・メールの画像・ジャケット写真
ユー・ガット・メール / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

124

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ユー・ガット・メール」 の解説・あらすじ・ストーリー

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

「ユー・ガット・メール」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: YOU’VE GOT MAIL

「ユー・ガット・メール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユー・ガット・メール 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
149分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR16954 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 1人 3人

【Blu-ray】ユー・ガット・メール(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
119分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY30384 2011年08月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:124件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全124件

女性向けの可愛いストーリー★ネタバレ

投稿日:2008/02/04 レビュアー:きんとき

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

少女マンガの様な可愛い映画でした。トム&メグ・コンビの映画には何度か外されているのでビクビクしながら観ましたが、私は大好きな作品です。
リアルな恋愛が好きな方には、かなり不評かも知れませんが、メグ・ライアンらしさがあって私は好きです。またNYの四季と主人公達の心の動きがマッチしていて、優しい気持ちになれる作品でした。作品中の言葉も詩的で面白かったです。

頭を使わずに、映画を楽しみたい時・ちょっぴり寂しい時にお勧めの作品ですよ〜〜〜。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★

投稿日:2007/08/07 レビュアー:bawbaw

映画にするほどの内容ではない。トム・ハンクスにメグ・ライアン。もったいない。この程度の作品なら日本の2時間ドラマでも作れそう。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

宝石のようにすばらしく。

投稿日:2007/07/08 レビュアー:リリアン

スリープレス・イン・シアトルが良かっただけに期待が大きかったのですが、それ以上。超満足のラブ・コメディーでした。

メグ・ライアンとトム・ハンクス、本当にすてきです。秋から冬、春のニューヨーク・アッパー・ウェストサイド。とっても美しく。”ゼイバース”や”H&Hベーグル”、楽しそうな本屋さん。ちなみにH&Hベーグルは東京にも最近ありますね。

FOX書店はバーンズ・アンド・ノーブルでしょう。東京にもメグの本屋のようにもっと楽しい本屋が増えたらいいなと思います。

女性必読が”Pride and Prejudice”ならば男性必見は”The God Father”なんでしょうか。このあたりは興味があります。

せりふの一つ一つにムダがなく、あっという間に映画が終わっちゃいました。”スタバ”のコメントも面白かった。

ぜひ皆さんも楽しんでください!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ああ恋がしたい

投稿日:2007/06/01 レビュアー:ぶぶたん

チャットで知り合った人とメールのやり取りをする物語。
実は目の前の本屋同士で敵対する立場というよくあるお話。
けど良く出来ているストーリー構成と力量のある俳優陣で
なかなか素晴らしい作品。

印象的なシーンは顔も知らない相手と出会おうとするシーン。
こっちは正体知ってるけど相手は知らないという状態。
すごく素敵なお話。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな素敵なメル友がほしい。ネタバレ

投稿日:2007/05/29 レビュアー:デイジー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ロードショーで見に行った時は、まだ日本でもメールや「スタバ」が目新しく、街角の本屋さんも健在だったように思います。 あれから随分経ちましたが、映画館で見終わった時のほのぼのとした幸せな気分は、今回DVDで見てもやはり変わりませんでした。特に花いっぱいのお庭で待ち合わせるラストシーンがいいですねえ。
 ただ、お母さんから受け継いだお店をたたむシーンでは涙が出てしまいました。恋は成就したけれど、大切なお店を失ってしまったキャスリーン。ひとつ手に入れ、ひとつ失う。そこが切なく、また人生のリアリティを感じました。
 知的なメールの文章に、しゃれた会話がこの映画の最大の魅力だと思います。この作品が気に入った方は、ぜひ「恋人たちの予感」も見てみてください。こっちもいいですよ!  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全124件

ユー・ガット・メール