遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全122件

日本語吹き替えがー!

投稿日:2003/08/19 レビュアー:やすみ

日本語吹き替えなしか!ま、いいけどさ。
公開当時を思い出すなぁ(^-^)
友達に南極物語だといって見せたものです。

やっぱり面白いなぁ
ゲームになってる続編も映画にしてくれないかな(^-^)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヘイトフル8

投稿日:2016/04/14 レビュアー:裸足のラヴァース

今週 タラちゃんの ヘイトフル8 を見ますため 再々再再見くらいか
録画はかなり前のものだけど 意外にクリアーで大満足です

勿論 タラちゃんは カルト映画のオマージュとして 知ったかこいて
見世物にしているのではなく ジョンカーペンターの厳格な演出を
参照しているのでっす ある閉ざされた空間における疑心暗鬼の
人間たちの集団行動を いかにして撮るかの それはお手本なのです

空間処理とカット割りは絶妙なのですが 映画の責任でなく いくらか
おかしいところ散見します 例えば 当時としては衝撃的だった 犬の
口が裂ける場面 コンマ数秒早過ぎると感じます タメがない これは
記憶違いであるとしても TV放映にあたっての勝手な編集ミスかも
しれません よくありますね

カーペンターはそんなSFXよりも関心を寄せるのは 犬の演技の方で
ワンちゃんは ちゃんとヘリを見たりして見事な演技でっす

ところで10年以上前の チョー恥ずかしいレヴューが載っていて
なんとか削除ー 出来ないものでしょうか はは

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

同化

投稿日:2015/01/21 レビュアー:趣味は洋画

冒頭、UFOが地球に向かって落下(突進?)していくシーンがありますが、これが10万年前の出来事だったとは...
そして1982年、冬の米軍南極基地。雪上を逃げ回る犬、執拗に追うノルウェーのヘリ。‘何もそこまで銃を撃ち続けなくても...’と思ったのですが、実はその犬、物体X(すなわち異星人)が同化したものと分かります。
さてそこから先は、出るは出るは...一度正体を現したら遠慮ありません。 次から次へと米軍基地隊員へ同化し、12人いた隊員はどんどん殺戮されていきます。
この異星人、自由に形が変えられるという特徴があり、特殊メイクを駆使した変体シーンには驚嘆させられました。全身が内臓のようになり、あまりにグロテスクなため目を覆いたくなるばかりです。
(79年「エイリアン」で多少の免疫は出来ていたつもりでしたが...)
名優バート・ランカスターの息子であるビル・ランカスターが脚本を手掛けていますが、隊員たちが次々と同化されていく(殺戮されていく)ことにより、残された隊員同士が互いを疑心暗鬼の目で見るようになるところは、本作独特の恐怖感が漂います。
ラストは、主人公のマクレディ(K・ラッセル)とチャイルズ(K・デヴィッド)が顔を見合わせての台詞もあるのですが、明確な結末を見せない(みせることが出来ない)のが良かったです。
51年のハワード・ホークス版を一刻も早く観たい....熱の冷めないうちに。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白ぇぇ!!

投稿日:2013/01/05 レビュアー:背番号18

 ビッグネームということもあり、以前から観たい観たいとは思っていたのですが、
『桐島、部活やめるってよ』で前田君がかすみちゃんに「遊星からの物体X!」と
嬉々として言い放ち、軽く引かれていたのを観て鑑賞を決意しました.^^
ジョン・カーペンター監督作は初鑑賞です.この手の映画群ではかなり有名な
方みたいですね.『ハロウィン』とか私でも知ってますし.(観てないけど)

 いやぁ、すごい面白かったです.肝心のグロ描写もさることながら、その必殺技を
出すまでのタメ、登場人物の心理サスペンスの部分も秀逸でした.
遅まきながら他の作品も追って観てみたくなるようなとても良い出会いとなりました.
前田君ありがとう.

 私はひとりで鑑賞しましたが、仲間内でキャーキャー言いながら観るのも楽しいかも.
未見の方は是非!!(あ、このフレーズ久しぶり)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

超正統派SFの傑作

投稿日:2012/12/05 レビュアー:ムービーたろう

これを見ずして、SF映画ファンを語る
べからず的な作品だと思います。

脚本も演出も画面構成も一級の作品であるやの
風格が漂っています。

人類の未来やいかに…、という余韻を残す
ラストもいいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全122件

遊星からの物体X