母なる証明

母なる証明の画像・ジャケット写真
母なる証明 / ウォンビン
全体の平均評価点:
(5点満点)

115

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「母なる証明」 の解説・あらすじ・ストーリー

「殺人の追憶」「グエムル −漢江の怪物−」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の姿をスリリングに描き出した衝撃のヒューマン・サスペンス・ミステリー。息子役に「ブラザーフッド」のウォンビン、母親役にTVドラマを中心に活躍するキム・ヘジャ。静かな田舎町。トジュンは子どものような純粋無垢な心を持った青年。漢方薬店で働く母にとって、トジュンの存在は人生の全てだった。そんなある日、女子高生が無惨に殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。息子の無実を確信する母は、自ら真犯人を探すことを決意し行動を開始するのだったが…。

「母なる証明」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 韓国
原題: MOTHER

「母なる証明」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

母なる証明の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
129分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20490 2010年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:115件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全115件

★母親の存在感なくしてこの作品は成り立たない…

投稿日:2011/09/01 レビュアー:ザ★ウォーカー

相変わらず、韓国映画は、キーとなる場面、感情、情景の描き方は、効果音含めて「生々しく」てズシッとくる…

人気韓流「スター・ウォンビン復帰」が、目玉と言いたいのだろうが…母親演じる、キム・ヘジャ(この人あんまり知らないがスゴイな〜ファンの人ごめんなさい)の存在感なくしてこの作品は成り立たない…

冒頭からグイグイっと引き寄せられた…「自分が信じていた…信じたかった…いや願っていたことが真実とは限らない」…けれど…それでも…

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

母ならわかりますとも・・・

投稿日:2010/11/25 レビュアー:きよまま

母の愛です。
母は息子を信じてます。
母は息子のためなら何でもやります。
母は決して自分の育て方が間違っていたなんて思いません。
だって母の愛は盲目なんです。

母が自分の息子の無実を信じて奮闘し、新犯人を見つけ出す話だと思って観たんですが・・・
確かに思っていたとおりに犯人を見つけるんですが・・・

自分にも息子がいるので、こんな結末はつらいですね。

最後に『親孝行バスツアー』のバスの中で自分の太ももに鍼を打つ母…

印象的すぎです。

みなさん母は強しですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

凄い映画

投稿日:2010/10/28 レビュアー:ゆきもも

観終わった後すぐの気持ち、すっきりしない。。。
何か胸のあたりにしこりが残る。

そのしこりが時間が経つにれて、じわじわと身体中に広がっていく。

でも、嫌じゃない。むしろ、それが徐々に心地よい感動に変わっていく。
ひとつひとつのシーンが目に浮かぶ。どのシーンもこの映画にとって
欠かすことの出来ない重要なシーンだ。

きれいごとではない、人間の真実。
凄い映画を観たな・・・という思い・・・です。 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

衝撃的

投稿日:2010/10/23 レビュアー:kirsten rose

ウォンビン、除隊後の作品ですね。

とにかく、今までのウォンビンにはなかった役だと思います。

クライマックスのお母さんの行動は本当にびっくりでした。
無実を信じているとは言え衝撃的です・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

事実を突き止めて・・。

投稿日:2010/09/23 レビュアー:rizucherry00

 父の存在がなく、息子と二人の生活。知能障害を持つ息子から目が離せない。寄り添って見守ることが、生きる目標になってしまったがゆえの狂気。人として、女として生きる部分が、すべて母として占められてしまった怖さ。
 支える気持ちが、子供をしばる鎖のようにからみつく。

 障害を持った青年を演じたウォンビンの新しい一面が見えた感じ。

 一貫して、真実を求める母の姿が、一途で重く感じましたが、最後に事実を知ることになります。「えっ」っと、驚きました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全115件

母なる証明

月額課金で借りる

都度課金で借りる