フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 2人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 0人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 5人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全133件

ニヤリと笑って…「フルメタル・ジャケット」

投稿日:2003/12/23 レビュアー:かんぬき

前半の大部分を費やして語られる「ほほえみデブ」の悲惨な顛末は、もうほとんどコメディの域に達しています。笑いを通して皮肉を描くという、そんな本来の意図は分かっていても、それを無視して楽しんでしまいました。
下着姿?の訓練兵たちが腕立て伏せする真ん中で、一人立ち尽くし、呆然とドーナツをかじるデブ。いじめに遭って人格が崩壊し、銃と話すようになったデブ。ほほえみを絶やさなかった彼が、いつしか凶悪な殺人者の顔に。この変貌ぶりがすごい。深夜の便所に座り込み、ニヤリと笑って、決め台詞は「完全被甲弾(フルメタル・ジャケット)」。ここで爆笑です。その直後、恐ろしいことが……
後半は、ありきたりなベトナム戦争物。かなり弛んだ感じがします。狙撃兵が出てきたあたりでやっと緊張感が戻ってきたと思ったら、じきに終わってしまいました。明らかに反戦映画なのですが、戦争映画のツボを押さえてもいて、なんだか中途半端な印象でした。
日本語訳は本当にまずい。そのせいで面白さが減じているのは間違いありません。もう少しなんとかならないものでしょうか。多少英語の分かる方でしたら、英語字幕か字幕なしで見る方がいいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりコメディだ

投稿日:2013/04/08 レビュアー:さえぴょん

これねえ、ハートマン軍曹のインパクトがでかすぎて初見の人は大抵「後半が退屈」って言うんやけど、
2回観てみ?後半の方が面白いから。いきなりゴダールの真似し始めてインタビューやるし、
その後の狙撃戦は「ハート・ロッカー」なんざより余程活劇になっている。

こんな寒そうなベトナムあるわけないだろって?それがいいんじゃないか。映画なんだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まだ弾倉にフルメタルジャケットが入ってるネタバレ

投稿日:2011/12/26 レビュアー:背番号18

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 当時の状況をリアルタイムで知らない私のような世代からすると、良く言えば良いきっかけを与えてくれる良作、悪く言えば面倒くさい駄作といったところでしょうか。
どこまでがリアルかという事への理解度によって全く違った印象を持ちうる、ある意味時代性の強い作品であると感じました。
その中で普遍的と思える部分はどこか、そしてそれに対して自分がどう感じたかを軸に感想を述べたいと思います。

<以下ネタバレこみの感想です>

 まず最初に世代的な印象としての私の立ち位置ですが、実はかなり微妙で、歴史的事実に興味を抱かせてはくれたけど、本音を言うと面倒くせぇなといったところでしょうか。
つまりこれが完全ドキュメンタリーですと銘打たれたものであれば(真偽はさておき観客としては)、感情の置き所が定まってくるのですが、そこがあまりにサラッとしているので、
物語として特定のキャラクターに感情移入して観ればいいのか、当時のアメリカ兵の実情としてメタ的な視点から観ればいいのか最後まで不安なままでした。
これもひとえに私のキューブリック作品への免疫の無さから来るものだとは承知しておりますが、このある意味居心地の悪い感じが持ち味なのであれば、私はあんまり好きになれない感じがします。
歴史的客観性を盛り込んでドキュメンタリーになってしまうことを避けたいにしても、主人公たち以外の部隊の訓練シーンがどうなっているのか入れるとか、
少なくとも物語内でもう少し主人公たちに客観性があってしかるべきなんじゃないかなぁと思いました。
“この人たち”に起こった出来事なのか、“当時のアメリカ兵なら誰しも”起こりえた話なのかによって物語の切迫度が全く変わってくるはずなので、そこが「え、自分で調べんすか?」という面倒さに繋がってしまうように感じます。
それにたとえ歴史的理解がある人にとっても、デブ君がなんで実弾を手に入れられるかの説明(まさか実弾入りの銃と添い寝はしないですよね?)も無いし、ストリーテリングという点からもやっぱり不親切感が残るのではないでしょうか。

 ただその中でも普遍性があるのだとすれば、アメリカ兵は“無理やり作られている”という事をきったない言葉や行動の連打でこれでもかと言うくらいに見せつけ、
しかもそれが実戦ではあんまり役にたってないということを描いたことにあるように思います。
前述した文句はあるにせよ、少なくとも主人公たちに関しては誰も殺されたくないのに誰かを殺しに戦場に行かせる為にはそれなりの教育が必要だという、
まぁそりゃそうだわなという事をきっちり描けていたように思いました。
当時の状況はよく知りませんが、アメリカ人が観たくないアメリカ兵の蛮行込みで、“無理やり作られたアメリカ兵”を描いたこと自体かなり天晴なことだったのかも知れません。

 でもそれすら今観れば片側のリアリティにとどまっている、アメリカ側の視点からのベトナム戦争映画であることは否定できないと思います。
もし、頑張って、明らかに“無理して”兵士を作り出し、それが無残に死んでいくという戦争そのもののアホらしさを描くのだとしたら、
敵側の視点というのがやはりどうしても必要になってくるのではないでしょうか。
あんな少女がスナイパーにならなければいけない“異常さ”、“無理やりさ”を描いてこそ真に戦争を俯瞰した映画たり得ると感じます。
そしてそれこそキューブリック氏が目指した「戦争そのものを映画にする」という事なのではないでしょうか。
人を殺す道具なのに、人道的にフルメタルジャケットになってます的欺瞞が文字通り内包されたままになってしまっていると感じました。
この映画では弾倉のフルメタルジャケットは空っぽにならないし、いまだにこれが名作とされていることは果たして良いことなのかと感じずにはいられません。

 以上わからないなりに感じたままに書き連ねてしまいましたが、戦争をしているどちら側にも肩入れしていない戦争映画というのを観てみたいと切に願わずにはいられません。
どなたかそういった映画をご存じでしたら、ご教授いただけると幸いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サーイエッサ!

投稿日:2011/03/12 レビュアー:元レンタルビデオ店長

戦争映画の最高峰。皆様ご存知のフルメタルジャケット。普通の若者が殺人兵器へと変わる様はなんとも言い難い。。
今現在も何も変わっちゃいないアメリカ。今だからこそ、このキューブリックの名作を考えてほしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんと言ってもハートマン軍曹

投稿日:2010/06/25 レビュアー:Don Vito(引退)

戦争とは何たるかを考えさせられる作品。
いろんな監督がこれまで戦争を描いてきたが、
キューブリックなりの戦争の表現も他の監督とはまた異なり面白い。
内容もさることながら、ハートマン軍曹の罵声が最高(顔近すぎっ!(笑))

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全133件

フルメタル・ジャケット