Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全244件

「V」はおちゃめ♪

投稿日:2006/09/20 レビュアー:旭竜

アメリカを植民地化したり、イギリスが独裁国家になっていたりと、映画では大げさに描かれているかもしれないが、現代の情報社会ではある意味あり得る世界観として受け取れました。

何度か触れられているシェイクスピアのように、リアリティよりもそのメッセージ性を強く表現していますね。
政治的なメッセージの強さだけでなく、アクションも見応えがあり、恋愛的な要素や、メディアの在り方等も織り交ぜた、かなり深い仕上がりです。

「V」とは一人の男でも無敵のヒーローでもなく、社会を変えようと思うすべての人が「V」の象徴的な存在として描かれているのが良かったですね。
きっと仮面を取っていたら駄作で終わったと思います。

「V」が捲くし立てながら放つセリフは意味深くとても長い。なのにスピーディで滑らかです。
日本語にする為に大分端折られているでしょうが、それでも字幕を追うのは苦労しましたねぇ。
エプロンをつけてトースト焼いたり、一人で甲冑相手に戦うシーンが印象的で可愛くて笑っちゃいましたよ(^▽^)

たいてい邦題には呆れてしまうことが多いが、原題を使ってわざわざ観客の興味を遠ざけているような気がした珍しい作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マトリックス風を期待してると・・・ネタバレ

投稿日:2009/09/02 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんか物足りなかったです。
マトリックスみたいなのを期待してみるととんでもないことになります。
唯一そんな匂いを感じたのがナイフの軌道を具現化した対決シーンぐらいですね。
マトリックスとは比べ物にならないけど。
これはある意味コメディなのか?
Vが最終決戦の前に一人で何千、もしくは何万のドミノを一人で立ててるシーンがあります。
それを倒すとVのシンボルマークになるんだけど、それって必要か?
カッコイイか?
決戦をまえにそんな事でヒマ潰すVってどうよ?です。
ダサイです。
面白いけど♪
それがさも「このシーンカッコイイでしょ?」
「ドキドキするでしょ?」って感じで作られてるのでより一層笑えます。
でもセリフがイイです。
Vの「私は理念でできてるから死なない」みたいなこと言うシーンがあるけど、これはカッコイイと思いました。
肉体は滅んでも理念は死なない・・・。
カッコイイです。
でもそんなこと言ってるわりには何十人に撃たれても死なないトリックって防弾チョッキ的なものだったりするけど・・・。そこはなんかカワイイですね。
この映画の中に死の恐怖に打ち勝つと死が怖くなくなるってテーマがあるけど、果たしてそうなのか?
そういう訓練も必要だろうけど、死が怖くなくなるってのは逆にマイナスなのではなかろうかと僕は思うわけです。
ゴルゴ13が言ってました。
「生き残れる人間は臆病だからだ」と。
常に勝ちつづける人は臆病なんだと思います。
だから勝つんです。
あっ、でもこの映画の場合死んでもイイと思ってたるするから、これはこれでイイのか?

ラストの爆破&花火のシーン、凄くキレイです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Cry me a river☆☆☆☆ネタバレ

投稿日:2009/07/19 レビュアー:カメラ湯ミカミラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

独裁国家の元、生温く飼い馴らされた国民。
そんな中、「V」と名乗る男が反旗を翻す。
巻き込まれてゆく女、イヴィー。

政府の裏、「V」の復讐。

イヴィーに課せられた拷問。
拷問の末、導かれた命より大事なもの・・・。
誰も奪うことのできないもの・・・。


前半、あんた誰??といった感じで入り込めなかったが、
後半、俄然、この映画の世界観に魅入られた。


孤独な戦いを続けてきた「V」
欲を言えば、もっとセンチメンタルなイヴィーとの恋模様を観たかった。

崩壊を前にヒステリーを増す独裁者。
美しい音色と共にダンスを踊る「V」とイヴィー。
駆けつけたマスクの群衆。
独裁政権の崩壊と新たな希望を打ち上げる花火。

マスクをつけたまま演じ続けたヒューゴ・ウィービング。
坊主もいとわなかったナタリー・ポートマン。
良かった。

「V」がエプロン姿で朝食を作っているシーンはお気に入り。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

仮面・超絶的体力・演説は英雄の条件?^^ネタバレ

投稿日:2008/10/08 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

マトリクス、ローオドオブザリングとう言う二大三部作に重要な「キャラクター」で登場しながら今一印象が薄いヒューゴ・ウィーヴィング。
エルロンド卿の荘厳で知的な雰囲気はエルフの長の相応しく、エージェントスミスは底意地が悪い程「貪欲」に感じた…。
それが今回は至っては終始マスクを被っての登場と来ている。
しかし、御心配なく。
ヒューゴは「上手い」。
声の仕事も多いので表現方法を心得ている。
仮面の下からでも延々と活舌良く「理念」を説いてくれる。
独裁国家と化してしまったイギリスが舞台だと言うが文明国家が全て抱える危うい情報操作と自由の有り方についての皮肉も有る。
ナタリーポートマンの坊主頭は痛々しいが美しい。
骨格が良い人はどんな「髪型(?)」も似合うものだと関心する。
最後に無数に現れる「V」はヒューゴの台詞の代弁者なのか?。
自由とは何か正義とは「復讐」の裏返しなのか?。
台詞回しの多い異色のヒーロー物だが見所は多い。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マトリックス風を期待してると・・・ネタバレ

投稿日:2007/11/28 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんか物足りなかったです。マトリックスみたいなのを期待してみるととんでもないことになります。唯一そんな匂いを感じたのがナイフの軌道を具現化した対決シーンぐらいですね。それにしてもマトリックスとは比べ物にならないけど。これはある意味コメディなのか?Vが最終決戦の前に一人で何千、もしくは何万のドミノを一人で立ててるシーンがあります。それを倒すとVのシンボルマークになるんだけど、それって必要か?カッコイイか?決戦をまえにそんな事でヒマ潰すVってどうよ?です。ダサイです。それがさもこのシーンカッコイイでしょ?ドキドキするでしょ?って感じで作られてるのでより一層笑えます。
でもセリフがイイです。Vの「私は理念でできてるから死なない」みたいなこと言うシーンがあるけど、これはカッコイイと思いました。肉体は滅んでも理念は死なない・・・。カッコイイです。でもそんなこと言ってるわりには何十人に撃たれても死なないトリックって防弾チョッキ的なものだったりするけど・・・。そこはなんかカワイイですね。
この映画の中に死の恐怖に打ち勝つと死が怖くなくなるってテーマがあるけど、果たしてそうなのか?そういう訓練も必要だろうけど、死が怖くなくなるってのは逆にマイナスなのではなかろうかと僕は思うわけです。ゴルゴが言ってました。生き残れる人間は臆病だからだと。常に勝ちつづける人は臆病なんだと思います。だから勝つんです。
あっ、でもこの映画の場合死んでもイイと思ってたるするから、これはこれでイイのか。
ラストの爆破&花火のシーン、きれいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ