ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

225

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
83枚 2人 3人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
31枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全225件

人生は虚と実と夢と現実と・・いい映画でした。

投稿日:2005/10/10 レビュアー:Yの3乗

人生のいろんな出来事を、こんな風に語って楽しませることが出来たら、素敵だろうと思います。
本当にこころが癒される、いい映画でした。
お勧めします。釣りの物語ではありません。念のため。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優しい気持ちで観賞してください

投稿日:2005/01/26 レビュアー:ヤルフ

魔女と巨人、水の妖精、不思議な町、詩人、体がひとつの美人姉妹、そしてビッグ・フィッシュ。

ウィルの父にとってホラ話は、平凡な生涯を何ものにもかえがたい珠玉の人生に変えてしまう魔法のようなものだったのでしょう。

ホラ話ですから、ウソ、もしくは事実の過大な脚色および幻想です。ですが「嘘も方便」といわれるように、たとえば「ライフ・イズ・ビューティフル」で、父が幼い息子のためについたウソは、悲しいけれど優しい、相手のためを思っての最高のウソのひとつでしょう。そして、この「ビッグ・フィッシュ」のホラ話は、楽しく幸せな、だけれども、きっと寂しかったであろう彼の人生にとって不可欠なものだったのだと思います。

見終わってから、きらきらとした鮮やかな映像が、優しい気持ちと一緒になって脳裏によみがえってきました。ラストに近づくにつれファンタジーと現実がシンクロして、感涙必至です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そして永遠に・・・・

投稿日:2004/11/07 レビュアー:大久保商店

私的には父親の生き方に非常に惹かれました。一見病んでるのかなとも思いましたが、共感する人間が周りにいる事を思うとそんな事はなく逆に影響を与える力を持っているぐらいの人でした。比喩、脚色、空想言い方はいろいろあるのでしょうが生き方のコツをこの人は見つけている。そんな気がするくらいです。それをなかなか理解できない息子との関係さえも最後まで自分のスタイルをかえずに逆に自分のイマジネーションを超える話を聞きながら昇天していく様に涙してしまいます。こんな死に方ってすごい!!最後の最後で息子が理解しちゃうのはできすぎだけど一貫した生き方の見本みたいな気がしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

綺麗な映像に魅力ある人物像

投稿日:2009/02/13 レビュアー:なおくん

俺はファンタジー物苦手の為、今迄ティム・バートン監督作品も選んで見ていたが、苦手な俺でもすんなり見れる展開が素晴らしい!
又、ファンタジーには欠かせない綺麗な映像に、魅力ある人物像。
人気ある訳が良く解る。
こうなったら俺が1番苦手そうな<チャーリーとチョコレート工場>に挑戦してみるか??

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

真実とは?

投稿日:2009/01/23 レビュアー:manma

ティムバートン監督のこだわりが随所にみられる、ティムのためのティムの映画。

父エドワードの作り話を聞かされて育ったウィル。小さい頃は楽しかった父の話も、青年になった彼には、ただ、父との距離を感じるだけのホラ話。作り話の中に本当の姿を隠している父。信頼しあう関係とは程遠く、怒りさえ感じるウィル。
しかし父が病気になり死期が近づき、ウィルは父との距離を縮めようと努力するが…。

現在(真実)と過去(父の話)が織り交ざって物語りは進んでいきます。

青年のエドワードを演じるのはユアン・マクレガー。
晩年のエドワードはちょっとごっつい感じなのに、青年のユアンは美男子。
そこに違和感を感じていたら、監督曰く「つくり話の中の美化された姿」だそう。
なるほどね

ジャケ写にもなっている水仙の花畑は実際に植えてつくったものらしい。
CGは控えめに、セットではなくロケを中心に行ったとはいかにも監督らしい。
もともとが作り話なので、監督は結構好き放題演出している感じです。
テムバートン監督映画の常連俳優も多く出演していて、それだけでも楽しめました。

肝心の内容は、作り話に何度かついていけなくなりつつも、最後はしっかり感動させてくれます。
どれが真実なのか?受け取り方の違いによって違う。「真実と如実が一緒になって明日に真実になる」みたいなことを監督が言ってました。真実は一つじゃないって思えると、ストライクゾーンが広がって生きるのが少し楽になるような気がします。

「作り話を作っていたら、最後は自分が話の中に入ってしまい、永遠に語りつがれる」とは、もしティムバートン監督が亡くなったら(ごめんなさい)彼もこう言われるだろうと思いました。

特典映像で、エドワードはジョーカーでウィルはバットマンとも言えると監督が言っていた。そういう見方もおもしろい。かも

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ