燃えよ!ピンポン

燃えよ!ピンポンの画像・ジャケット写真

燃えよ!ピンポン / ダン・フォグラー

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「燃えよ!ピンポン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

文字通りの“デスマッチ”として行われるアンダーグラウンドの卓球世界大会を舞台にした全米スマッシュ・ヒットのおバカコメディ。主演はトニー賞受賞の実績を持つダン・フォグラー。共演にクリストファー・ウォーケン。かつて、弱冠12歳でオリンピックに出場しながら、ぶざまな負けで恥をかいた天才卓球少年ランディ。月日は流れ、いまやぶよぶよに肥った中年オヤジに成り果てた彼を、ある日FBIがリクルートする。彼に与えられたミッションは、極悪人フェンが闇で開催する卓球デスマッチの世界大会に潜入し、フェンの尻尾を掴むこと。そのために、まずは盲目の卓球名人ワンとそのセクシーな姪マギーの下に弟子入りするランディだったが…。

「燃えよ!ピンポン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: BALLS OF FURY

「燃えよ!ピンポン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

テラビシアにかける橋

ザ・ユニット 米軍極秘部隊

D−TOX

マイ・ボディガード

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 43件 / 全43件

なめんなよ、南蛮人。

投稿日:2008/08/16 レビュアー:チョージ・ヨドガワ

クリストファー・ウォーケンは高値の不動産でも掴まされたか、飲食店経営あたりに手を出して失敗するかして金に困っているのでしょうか?最近のこの人は至るところで目にします。名前に釣られてつい見ちゃうこっちも悪いんだけど。

もうちょっと仕事選びなさいよ・・。


ちなみに卓球と言えば中国と言うイメージですが、元はヨーロッパ発祥のスポーツなんですね。「ヒトラーの贋札」でも卓球台が出て来ましたが、現在でもヨーロッパではそれなりに盛んなそう。ドイツではプロリーグまであるんですって。だから東ドイツの選手が出て来るんね。

しかし中国や日本のイメージを徹底的に笑い者にした映画です。コメディに目くじら立てるのも大人気ないですけど。マギー・Qの見事な肢体は目の保養になりますが、これもアジア全体をおちょくってる内の一つなんでしょう。

この作品が香港辺りで作られたなら素直に笑えますが、アメリカ製なのが引っかかります。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

コメディ好き?

投稿日:2008/08/12 レビュアー:コモッチ

あくまで「燃えよドラゴン」のイキフンと大枠だけを
ベースにしているだけなので、アクションを期待すると
はずしたと感じると思う。
コメディが好きな人は好きだと思うけど、
主人公の体系を含めてオモロいと感じられないと
きびしいかもしれない。
マギーQの美脚を見るだけでも得した気分にはなれる!

「ビール・フェスタ 〜世界対抗・一気飲み選手」
とか好きな人は楽しめそう。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

そんなに要りません

投稿日:2008/08/10 レビュアー:ナビ助

オースティンパワーズ+デッドオアアライブ÷2のテイストで
「ナイトミュージアム」のスタッフが贈るおバカ映画です。

うらびれたホテルの出し物として主人公が行う妙技「ピンポン
パフォーマンス」はまんま「フォレストガンプ」からの引用?
ほとんどの打ち合いが特撮なのも邦画「ピンポン」を彷彿と
させます。

「MI:V」のマギーQの見事な肢体がサービスショットですが
どこで主人公とラブラブな関係になったのか理解不能です。
矢鱈と出てくる「格闘系マッチョプレーヤー」ですが、卓球に
あんな筋肉要りません。
あの競技に求められるのは並外れた動体視力と反射神経、強靭な
足腰とスタミナ。トップレベルなら絶大な精神力(集中力)です。
*まぁ一応経験者なので。。。

さすがおバカ映画!ツッコミどころも満載です。
選手紹介の度に繰り返される意味のないパフォーマンス。
ピンポン玉を潰したり、斬ってみたり。。。
おい、道具は大切に扱えや!
オカマボスの「夜のおもてなし」
やっぱり、そうきましたか。。。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

41〜 43件 / 全43件

燃えよ!ピンポン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

なめんなよ、南蛮人。

投稿日

2008/08/16

レビュアー

チョージ・ヨドガワ

クリストファー・ウォーケンは高値の不動産でも掴まされたか、飲食店経営あたりに手を出して失敗するかして金に困っているのでしょうか?最近のこの人は至るところで目にします。名前に釣られてつい見ちゃうこっちも悪いんだけど。

もうちょっと仕事選びなさいよ・・。


ちなみに卓球と言えば中国と言うイメージですが、元はヨーロッパ発祥のスポーツなんですね。「ヒトラーの贋札」でも卓球台が出て来ましたが、現在でもヨーロッパではそれなりに盛んなそう。ドイツではプロリーグまであるんですって。だから東ドイツの選手が出て来るんね。

しかし中国や日本のイメージを徹底的に笑い者にした映画です。コメディに目くじら立てるのも大人気ないですけど。マギー・Qの見事な肢体は目の保養になりますが、これもアジア全体をおちょくってる内の一つなんでしょう。

この作品が香港辺りで作られたなら素直に笑えますが、アメリカ製なのが引っかかります。

コメディ好き?

投稿日

2008/08/12

レビュアー

コモッチ

あくまで「燃えよドラゴン」のイキフンと大枠だけを
ベースにしているだけなので、アクションを期待すると
はずしたと感じると思う。
コメディが好きな人は好きだと思うけど、
主人公の体系を含めてオモロいと感じられないと
きびしいかもしれない。
マギーQの美脚を見るだけでも得した気分にはなれる!

「ビール・フェスタ 〜世界対抗・一気飲み選手」
とか好きな人は楽しめそう。

そんなに要りません

投稿日

2008/08/10

レビュアー

ナビ助

オースティンパワーズ+デッドオアアライブ÷2のテイストで
「ナイトミュージアム」のスタッフが贈るおバカ映画です。

うらびれたホテルの出し物として主人公が行う妙技「ピンポン
パフォーマンス」はまんま「フォレストガンプ」からの引用?
ほとんどの打ち合いが特撮なのも邦画「ピンポン」を彷彿と
させます。

「MI:V」のマギーQの見事な肢体がサービスショットですが
どこで主人公とラブラブな関係になったのか理解不能です。
矢鱈と出てくる「格闘系マッチョプレーヤー」ですが、卓球に
あんな筋肉要りません。
あの競技に求められるのは並外れた動体視力と反射神経、強靭な
足腰とスタミナ。トップレベルなら絶大な精神力(集中力)です。
*まぁ一応経験者なので。。。

さすがおバカ映画!ツッコミどころも満載です。
選手紹介の度に繰り返される意味のないパフォーマンス。
ピンポン玉を潰したり、斬ってみたり。。。
おい、道具は大切に扱えや!
オカマボスの「夜のおもてなし」
やっぱり、そうきましたか。。。

41〜 43件 / 全43件