ディパーテッド

ディパーテッドの画像・ジャケット写真
ディパーテッド / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

375

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ディパーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」を、レオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演、マーティン・スコセッシ監督で豪華にリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。警察学校を優秀な成績で卒業したビリーとコリン。やがてビリーは、マフィアへの潜入捜査を命じられる。一方のコリンは、マフィア撲滅の特別捜査班に抜擢されるが、その正体はマフィアのボスに育てられたスパイだった…。

「ディパーテッド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE DEPARTED
受賞記録: 2006年 アカデミー賞 作品賞
2006年 ゴールデン・グローブ 監督賞
2006年 NY批評家協会賞 監督賞

「ディパーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ディパーテッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73674 2007年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 6人 5人

【Blu-ray】 ディパーテッド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY11729*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:375件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全375件

終わらないラストシーンネタバレ

投稿日:2008/02/07 レビュアー:モリカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 アメリカンティストにニューアルされているが、仕掛けも設定も原作のまま。香港映画界もレベルが上がったのだと、このディパーテッドを見て逆に納得させられた。

 一点、エンディングだけが洋の東西を分けた。

 香港版(インファナル・アフェア)では、最後の一人となって生き残った警察潜入のマフィアは、『組織からの攻撃をかわすことに成功しても、一生裏切り者の苦しみを背負うハメに陥る』という、因果応報的な世界観が示され、暴力の賛美や完全犯罪の助長といった、悪のはびこる社会に対して歯止めがかけられ、一条の希望が暗示されていた。

 が、このアメリカ版(ディパーテッド)では、最後に生き残ったはずの潜入マフィアも、ラストに、警察を退職していた元刑事によってあえなく射殺されてしまい、元刑事のその後については行方も何も示されない。見終わった観客には、荒涼とした荒れ地に一人取り残されたような、何かスッキリしない後味が残る。

 さすがに、ディパーテッドのスタッフにも、マフィアが結果的にうまいこと生き延びる結末にはさせないゾ、という思いがあったのだろうが、世界観を示さずに結末を変えたために、混迷の度合いがより深まり、勝者は誰なのか、あるいは、何が正義なのか全く判然としない、無限裏返しゲームのような混沌が現れてしまった。

 このうえは、生き残ったマフィアを撃ち殺した元刑事は、実はどんな人物だったのかとか、どんな経歴で、どんな思想を持っているのかとか、希望を託し、最後の最後に、人類の未来に対する何らかの祈りが描かれない限り、このドラマは終われないだろう。
 したがって、この映画はいまだ未完である。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

帽子の扱い方

投稿日:2007/12/02 レビュアー:ビンス

もとの「インファナル・アフェア」が大好きだから、どうしても比べて観ちゃいました。結論は「インファナル〜」のほうが好き。これが悪いってわけじゃないんだけど、もとの方が良かったから結果的にそうなりました。
実際話の流れは把握してるのにハラハラドキドキしたし、充分楽しめた。
「インファナル〜」のほうがもっと切ないというか悲しい感じがする。
レオとマット・・・まあどちらも男前ストライクからは外れてる。でも演技してるとカッコイイねぇ。醸し出すものがカッコイイというか。タイプじゃないから余計な感情なくすんなり役に溶け込んで観られる。
時間の長さも感じないし。いいとは思うんだけど、いかんせん「インファナル〜」が良すぎたってことか。音楽が予想だにしないくらいイイ。サントラ欲しい。
警察もマフィアもなんかあまり変わらないね。ほんとに紙一重で正義になり、そして悪にもなる。
レオは心の葛藤を表現するのがとてもうまいと思う。
他に帽子を扱う演技がとても好きです。観る人そこんとこ注意して観てみてね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ディカプリオに肩入れしすぎちゃった感がある

投稿日:2007/11/10 レビュアー:みみ

 オリジナルとは比べないようにしようと思っても、どうしても比べてしまいますね。
 オリジナルの『インファナル・アフェア』が割と2人を同等に扱っていたのに比べると、本作ではレオナルド・ディカプリオが善、マット・デイモンが悪、に少し偏って描かれているような印象を受け、マットがちょっと可哀相な気もした。ここらへん、やっぱりスコセッシ監督の思い入れが出ちゃったような気も。。
 とはいえ、もともとストーリー性に富んだ物語なので、尺の長さもそんなに気にせず観れました。やっぱりこの物語はラストが秀逸ですよね。(オリジナルとはちょっと違うけど。)
 こうやって改めて観てみると『インファナル・アフェア』の続編はいよいよ蛇足だったという気がしてなりません。

 にしても、やっぱりこの作品でアカデミー賞はビミョウです。どうしてもそろそろマーティン・スコセッシにあげときたい!という気持ちはわかるのですが・・リメイクでもらってもね。。功労賞じゃないんだから。。彼自身も内心ビミョウだったのではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

インファナル・アフェア見てないから

投稿日:2007/08/31 レビュアー:まるZONBI

内容もレビューも未見。夫がひょっこりレンタルしてきたからなのですが、やれ娘が『ママ、PCがさ・・・』やれおババちゃんが『今日の氷の出来は・・・』ううううう五月蝿い!ただでさえ駆け足でこねくっていて役の名前すら覚えられない状態で話しかけないでっ!ってオーラを出しまくってるでしょ!?ああ!ほらコノ人誰だっけ?え?捜査官?・・何度も戻しては見直し・・・ああ・・一人でお篭りしたい・・・。

マット・ディーモンvsデカプリオなのですが少々期待してしまったのがジャック・ニコルソンを加えて絡めた(敵同士を隠した)男同士の友情とか父性とか。見えない敵同士、絡み合いもつれにもつれた人間模様。ちょっとぞくぞくしちゃう。時間の関係か、ちょーーーっと心情描写が薄いですが、観ている時はそんな事はちらりとも思う余裕がなく、食い入るように喰ってましたwディーモンもデカプリオも大変に素晴らしい俳優だと思うのですが心に残るかっと言えば、残らないだろうなぁ・・・どうしてもスマートというか泥くさくないというかお綺麗というか、ストレスと欺瞞に揺さぶられるさまがチト・・・・ああ!ジャックがいるからか〜〜♪周囲の俳優さんをことごとく食いつぶすガラスの仮面風言えば『おそろしい子・・・』

という事で、揺らぐことのないジャック・ニコルソン様が相変わらずの怖い演技(たぶんワタシ近寄れない)を見せてくれました。怖いといえば皆さんバンバカ死んでまして、コレがまたうわぁ!と声を出してしまうほどあっけなく突然に。ああ、死ぬと人間ってただの肉だぁ・・・と妙な事を考えながら。

ラストは語るまい・・・
でもワタシ、あの方すっかりと忘れてました♪

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つれづれなるままに

投稿日:2007/08/19 レビュアー:ひろぼう

オリジナルを観てないからレビューし難いけど、単純に面白かったと思いますね。

出てくる役者が皆素晴らしいですね。レオさんの演技、けれんみが抜けて良くなりました。マット・デイモン相変わらず上手いです。ジャックの存在感凄い。歳とらないな〜って、若い時から老けてるだけ?(笑)あと脇役の女医さん。美人じゃないけど癒し系でささくれた男達の心を慰める、母性愛を感じます。警部さんと助手さん(警部補?)も上手い!いい味出てる。2人揃って喋ると掛け合い漫才みたい(笑)。アレックもいいね〜。チンピラ役もいいよ、警官の見分け方のシーン、サイコー。

と、さすがスコセッシ。ギャング映画の空気感、ツボを上手く押さえた作品となってますので、ぜひ御鑑賞を。

以下、独り言。
アカデミーは“アビエイター”との合わせ技で貰ったのかな、と。
映画、TV、漫画、小説等あらゆるメディアでリメイクされまくってる作今(リスペクト、オマージュ等と称されて、パクリも平然と行われるようになってるよね)。本作はリメイクという事でパクリではなく、ストーリーにオリジナルな解釈が与えれてるようで、それをオリジナルのファンの方が気に入らないって言うのは理解できるね。が、リメイクってそんなモノだよね。
最初に本作を観て“インファナル”を次に観ると、同じような違和感を覚えるのかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全375件

ディパーテッド