墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全163件

よくできた力作

投稿日:2008/04/30 レビュアー:留美子

スケールも大きいし特撮も見事。話もよくできている。こういう映画を日本でも作って欲しいです。【隠し砦の三悪人】とか期待してるんだけど大丈夫だろうか。アンディラウはまだまだ魅力的。これまでで一番かっこいいかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

守るという戦いネタバレ

投稿日:2008/04/23 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

墨家の位置付けがイマイチわからないけど面白かった。
しかしキャッチコピーの「10万の大軍に一人で挑む」というとこに惹かれた人は裏切られた気分になります。一人ではないので。「非攻」というのが墨家の理念というか教えというか基本にして最大の戦略です。そこがボクは好きでした。「非攻」と言いながらも戦い、命を失う者も多数でるけど、それは攻めてるということではなく守るという戦いなので「非攻」の精神から外れてはいません。戦争と言うあからさまに理不尽なものを仕掛けられた時は「守る」ということも戦いありきになってしまうんだねぇ。非武力、非暴力こそ究極の理想だけど、それは蜃気楼のようなものなのかもしれません。そして突出しすぎている人物はその才能ゆえに災いを招く場合もあるんだなぁ。それを理解してくれる君主がいないと、最低でもこの条件が揃わないと厳しいなと感じました。この国の王はヘタレもいいとこなんで・・・。もう少しマシな人物かなと最初はおもったんだけど・・・コイツよりなら断然息子のほうが良かった、最初は「甘やかされてきたボンボン息子」の印象が強かったけど、彼は「受け止めることができる人」でした。弓対決のシーンで自分より劣っていると思われた人間に負けたとき革離に「世間の広さを知りなさい(あなたは王の息子だからなんでも一番だったのだよ、皆が手加減していたのだよ)」と諭されます。僕はコイツはそれを受け入れられないと思って観てたけど、彼は受け止め、見事に成長していきます。だからこそ死んでしまったのが残念でした。あんな最後は悔しいです。王の器が彼の中に育っていたのに・・・。他のレヴューでは革離の人物像に否定的な方もいましたが僕は好きです。人を好きになる気持ちは止められないです。自分を縛って生きてきた革離の気持ちを変える事ができるのは、やはり「愛した人」というのが一番納得がいきます、少なくとも僕は。方法論が変わっただけで革離の目指すものは全く変わらないわけだから。
それなのに愛する人が死んでしまうなんて・・・生きてて欲しかったなぁ。
戦闘シーンが迫力があり、それに素晴らしい音楽がプラスされるのでスゲー興奮します。特に最初の、城を守る攻防戦が一番好きです。
そしてアンディ・ラウがめちゃカッコイイ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

みなさんの言うとおりネタバレ

投稿日:2008/03/18 レビュアー:pype

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アンディ・ラウ 、かっこ良過ぎ!! やっぱ、「仕事がデキる」男は、素敵なんだな。

 原作を読めば分かるのかもしれないけど、「墨家」のことがよくわからない・・・
 この「家」はどこにいて、どう依頼を受け、どう派遣されるんだろ? 革離(かくり)は この仕事のあと、孤児を連れて全国を回り平和を説いて歩いたそうだけど、「家」に帰らなくて良かったのか? 次の依頼が来たらどぉすんだ?メンバーはたくさんいるのか>墨家

 裏の裏まで読む「墨家」の戦術は、頭いいんだなぁ、と素直に感心しました。

 梁王の取り巻きの 梁王派 の奴らのヨイショは、現代にも十分通じるモノがあり、そこはそこでおもしろかった。サラリーマンの悲哀を感じました。中国・香港・韓国ではなんと言うかしらないけど、日本では「出る杭は打たれる」って言うんだよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無能な王と、賢明な戦術家

投稿日:2008/02/01 レビュアー:kuato

敵の放った矢を集めて再利用したり、敵を城の近くにおびき寄せて熱湯か油?を注いだりとお金をかけずに戦うアイデアが満載。
しかし、いくら革離でも無能な王の暴走を止めることはできなかったことが歯がゆい。昔も今も無能なリーダーを戒め教育することが一番難しい。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

知略不足ですなぁ。。。

投稿日:2008/01/19 レビュアー:GARI

もっと色んな奇策をもって戦うのだと思ったけど、数えるくらいの策しかなかったのが残念。
恋愛はもちろん、主人公が悪者扱いされちゃうとか、でも彼の仲間になる一部勢力がいたりとか、結局は主人公は助けにくる、、とか、大きな流れはよくある話で、そこはそれで良いのかもしれないけど、結局は知略不足。

そんな策で敵をやっつけるのですか!!!

というのが見たかっただけに残念。
知略で敵をやっつけるアクションな物語でなく、当時の時代背景と墨家の思想の話や、「なぜ戦うのか」「勝者とは」という哲学的物語であるなら、始めからそう言ってくれ。

だとしても、作り方として中途半端だと思いますが・・・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる