ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 45件 / 全203件

空気

投稿日:2006/02/14 レビュアー:レビュアー名未設定

意外に好きな映画でした。
ちょっと心が苦しくなります。
空気がいいです。。。うん。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大都会の孤独って…。ネタバレ

投稿日:2006/02/02 レビュアー:mangoray

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品は、東京で撮影されたものですから日本人のココロには他国の方々よりも思い入れが深くなると思います。が。
テーマはひとりの男性と女性が自分の孤独と向き合って、同じように悩んでいるお互いをみつけちょっと癒されるというお話しですから。
東京の街を描ききってないとか誤解を受けるとか、そういう批判をたまに目にしますが、東京という街(とくに新宿、渋谷)の得体の知れ無さ、雑多で混沌としている感じ、若者のつかみ所の無さがこの作品の中で「孤独」をとても上手に浮き彫りにしていると思います。

日本人の上辺だけの浮かれっぷりとか、意味が判らないからヘラヘラと笑うところなど、ああーガイジンはこんな風に感じるのかもね、と。
あのふたりは孤独を癒す解決方法は見つからないけど、つかの間の休息と安堵をパークハイアットで感じることができたかなーと心に残る作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

異文化にさらされて・・・

投稿日:2006/01/10 レビュアー:Cosmopolitan

わが身を異文化の世界においたことのある人間なら(ただし旅行者としてではなく)、あの男女の気持ちには共感できるはずだ。異文化社会では、自分のアイデンティティというものをいやというほど思い知らされる。そこでは、自然と同種のものを求めてしまうもの。カメラワークは、斬新さはないがドキュメンタリー風で、日常性が実によく伝わってくる佳作。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本のヘンなところを気付く映画。

投稿日:2005/10/07 レビュアー:ベビーフェイス

この映画は「日本ってここがへんだよ」ということを教えてくれる(笑)
日ごろ日本人でいると気づかないおかしい常識を、あっさりと指摘してくれる。
映画を見ててすごく新鮮だった。

ボブ役のビル・マーレーはとってもお茶目で、スカーレット・ヨハンセンは自然体ですごくかわいい。
さすが(やっぱり?)ソフィア・コッポラ!っていうような人物もたくさん出演してた。

実際この映画のような環境におかれたら、果たして同じ行動をするかどうか考えてみるとおもしろい視点で見ることができる。
知らない国の都会での孤独と、今抱えているそれぞれの悩み、それを共感し、お互いの孤独から少し開放されたときに本当に通じ合えたと感じる。

いろんなことに置き換えて見るとおもしろい映画だと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんだか

投稿日:2005/08/20 レビュアー:togawa

退屈な映画でした。期待が大きかった分、がっかり。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

41〜 45件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる