花の画像・ジャケット写真

花 / 柄本明

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「花」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

サラリーマンの野崎はある日、動脈瘤によって突然倒れた。彼は医師から早急の手術を勧められるが、その手術は成功しても記憶障害が残る危険性を伴っていた。それ以来会社を辞め、手術の返事も出さずに無気力な生活に閉じこもる野崎。そんな彼にある時、バイトの誘いが舞い込んでくる。期間は1週間で、依頼主である初老の弁護士・鳥越を東京から鹿児島まで乗せていく運転手の仕事だった。鳥越の旅の目的に興味を持った野崎は、その一見単純なバイトを引き受けるのだったが…。

「花」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

製作国:

日本

「花」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

土竜の唄 FINAL

首領(ドン)への道 18

ハードラックヒーロー

峠の群像 総集編

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

41〜 43件 / 全43件

樋口加奈子 いいわぁ

投稿日:2005/07/06 レビュアー:tsk

こういう映画 大好きです。
少し 「天国までの百マイル」とダブるところはあるけど 
穏やかな雰囲気になれます。

病や死ぬことも 自分を覚えていてくれる人がいる限り そんなに怖いことじゃない、と思わせてくれます。

メイキングを観て スタッフの純粋な気持ちに心打たれました。




このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

感動

投稿日:2005/06/04 レビュアー:レビュアー名未設定

最後のシーンで感動した。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

「記憶」について深く考えさせられる映画

投稿日:2005/01/19 レビュアー:ChofuAirPort

地味で淡々とした映画ながらも、人生においての「記憶」というものについて、「忘れてしまう」ということについて、そして、「忘れないでいる」ということについて、深く考えさせられる映画でした。弁護士・鳥越氏が時々、人生訓というか、深い意味の込められたセリフを口にするのですが、これにも、うーん、とうならされるものがありました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

41〜 43件 / 全43件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

樋口加奈子 いいわぁ

投稿日

2005/07/06

レビュアー

tsk

こういう映画 大好きです。
少し 「天国までの百マイル」とダブるところはあるけど 
穏やかな雰囲気になれます。

病や死ぬことも 自分を覚えていてくれる人がいる限り そんなに怖いことじゃない、と思わせてくれます。

メイキングを観て スタッフの純粋な気持ちに心打たれました。




感動

投稿日

2005/06/04

レビュアー

レビュアー名未設定

最後のシーンで感動した。

「記憶」について深く考えさせられる映画

投稿日

2005/01/19

レビュアー

ChofuAirPort

地味で淡々とした映画ながらも、人生においての「記憶」というものについて、「忘れてしまう」ということについて、そして、「忘れないでいる」ということについて、深く考えさせられる映画でした。弁護士・鳥越氏が時々、人生訓というか、深い意味の込められたセリフを口にするのですが、これにも、うーん、とうならされるものがありました。

41〜 43件 / 全43件