ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズの画像・ジャケット写真

ドント・ブリーズ / ジェーン・レヴィ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

39

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ドント・ブリーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊張感あふれる筆致で描き出す。主演はジェーン・レヴィ、共演にスティーヴン・ラング。荒廃した街デトロイトで、少女ロッキーと恋人のマニー、友人のアレックスの3人は重罪にならない程度の空き巣を繰り返していた。自堕落な親を見限り、幼い妹を連れてここを出て行こうと考えていたロッキーにはまとまった金が必要だったが、そこへマニーがある強盗話を持ちかけてきた。ターゲットは孤独な盲目の老人で、娘を事故で失った彼は、賠償で得た大金を自宅の地下室に隠し持っているらしいというのだった…。 JAN:4547462110749

「ドント・ブリーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: DON’T BREATHE

「ドント・ブリーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ヤギと男と男と壁と

パブリック・エネミーズ

イット・フォローズ

オフィサー・ダウン

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 39件 / 全39件

異色のサバイバルスリラー

投稿日:2017/03/13 レビュアー:ミルクチョコ

全米でスマッシュヒットを記録したショッキングスリラー。強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描きます。

老人は退役軍人で、腕っ節は強く銃の扱いにも長けています。視力は失って目が見えないものの、鋭い聴覚で侵入者の気配を察知し、ずば抜けた身体能力を持っています。
相手が盲目だからこそ、この怖さの演出が見事でした。
さらに、老人が隠し持つある秘密を中盤で明かした辺りから物語が二転三転していきます。
やがて地下室で見つけた老人の真実。この老人もまた異常者とわかった時、善悪の境界が崩れてしまいます。
ずっと張り詰めた状態が続きふっと気を抜いた時、いるはずの無い人や物が突然現れたりと、退屈する暇を与えない展開が良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 27人の会員が気に入ったと投稿しています

スリル

投稿日:2017/03/12 レビュアー:りか

スリル満天♪
お爺さんかっこいい
ただ最後の終わりかたは
きっとみんな納得していない、
「なぜ、とどめをささなかったのか」と、後悔しかないだろう。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最後の最後まで気が抜けない ネタバレ

投稿日:2017/02/26 レビュアー:Kavi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後の最後まで、安心できない、
執拗な攻防戦。
こうなってくると、どっちも応援できんし、安心できない。

見終わるころにはぐったり。
テラノバに出てたスティーブン・ラングの怪演に拍手!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ドント・ブリーズ ネタバレ

投稿日:2017/02/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 泥棒が盲目の老人の家に入ったら、そいつがサイコパスだった話。

 泥棒たちが娘が事故で亡くしたときの賠償金が家にたんまりあるらしいという退役軍人の家に忍び込む序盤。番犬を眠らせ、警報を切って、家のどこかにあるお金を探す冒頭はなかなかの怖さでした。そして老人を眠らせようとしたら、さっきまで寝てたのにこちらを見ているというのも怖かったです。そして案の定、泥棒たちの存在がバレて、老人がいきなり銃を発砲して、計画がもろくも崩れる。

視力はないけど、その他の能力が抜群に高くて、お互いの知力や体力、心理戦を期待して見ていると、しだいにそこらへんももろくも崩れていきました。泥棒たちのすぐ横をズカズカ歩いて、音をたてないように息をひそめる。という序盤は怖くて、どうやってこの強い老人から逃れるのだろう? と楽しみに見ていると、中盤からはホラー映画的要素はなくなり、ただ銃をバンバン撃ってくるバイオレンス映画になってしまって残念でした。しかも結構へたっぴで全く怖くないという。

 せっかくの視力が見えない男との対立という面白そうな設定が一切なくて、迫ってくる恐怖みたいなので勝負しないといけないのに、老人の怖さ不気味さがほとんどないのが面白さを感じられない原因でした。

 そのため、鉄格子で窓がおおわれていたと思っていたら、泥棒が窓から転落したりして、その隙間どこにあったのだろう? こんだけ大騒ぎしても周りに誰もいない状況で、老人はどうやって衣食住を確保しているのだろう? とどめを刺したのかを確認しないおっちょこちょいな老人だったり、最初はちょっとした足音にも反応していたのに、後半は簡単に背後から襲われたりしてオマヌケな行動が酷すぎたり、この手のジャンル映画では仕方ないとはいえ、主人公たちがいくらボロボロになってもさっきまでフラフラだったのに、すぐに立ちあがって走り回ったりするのも失笑でした。

 とはいえ、序盤はなかなかの緊張だし90分間楽しめるジャンル映画でした。そして番犬って凄いんだと確認できる映画でした。頑張れば、あの犬倒せるのではないのかと主人公たちに問いかける映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 39件 / 全39件

ドント・ブリーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:39件

異色のサバイバルスリラー

投稿日

2017/03/13

レビュアー

ミルクチョコ

全米でスマッシュヒットを記録したショッキングスリラー。強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描きます。

老人は退役軍人で、腕っ節は強く銃の扱いにも長けています。視力は失って目が見えないものの、鋭い聴覚で侵入者の気配を察知し、ずば抜けた身体能力を持っています。
相手が盲目だからこそ、この怖さの演出が見事でした。
さらに、老人が隠し持つある秘密を中盤で明かした辺りから物語が二転三転していきます。
やがて地下室で見つけた老人の真実。この老人もまた異常者とわかった時、善悪の境界が崩れてしまいます。
ずっと張り詰めた状態が続きふっと気を抜いた時、いるはずの無い人や物が突然現れたりと、退屈する暇を与えない展開が良かったです。

スリル

投稿日

2017/03/12

レビュアー

りか

スリル満天♪
お爺さんかっこいい
ただ最後の終わりかたは
きっとみんな納得していない、
「なぜ、とどめをささなかったのか」と、後悔しかないだろう。

最後の最後まで気が抜けない

投稿日

2017/02/26

レビュアー

Kavi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最後の最後まで、安心できない、
執拗な攻防戦。
こうなってくると、どっちも応援できんし、安心できない。

見終わるころにはぐったり。
テラノバに出てたスティーブン・ラングの怪演に拍手!

ドント・ブリーズ

投稿日

2017/02/04

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 泥棒が盲目の老人の家に入ったら、そいつがサイコパスだった話。

 泥棒たちが娘が事故で亡くしたときの賠償金が家にたんまりあるらしいという退役軍人の家に忍び込む序盤。番犬を眠らせ、警報を切って、家のどこかにあるお金を探す冒頭はなかなかの怖さでした。そして老人を眠らせようとしたら、さっきまで寝てたのにこちらを見ているというのも怖かったです。そして案の定、泥棒たちの存在がバレて、老人がいきなり銃を発砲して、計画がもろくも崩れる。

視力はないけど、その他の能力が抜群に高くて、お互いの知力や体力、心理戦を期待して見ていると、しだいにそこらへんももろくも崩れていきました。泥棒たちのすぐ横をズカズカ歩いて、音をたてないように息をひそめる。という序盤は怖くて、どうやってこの強い老人から逃れるのだろう? と楽しみに見ていると、中盤からはホラー映画的要素はなくなり、ただ銃をバンバン撃ってくるバイオレンス映画になってしまって残念でした。しかも結構へたっぴで全く怖くないという。

 せっかくの視力が見えない男との対立という面白そうな設定が一切なくて、迫ってくる恐怖みたいなので勝負しないといけないのに、老人の怖さ不気味さがほとんどないのが面白さを感じられない原因でした。

 そのため、鉄格子で窓がおおわれていたと思っていたら、泥棒が窓から転落したりして、その隙間どこにあったのだろう? こんだけ大騒ぎしても周りに誰もいない状況で、老人はどうやって衣食住を確保しているのだろう? とどめを刺したのかを確認しないおっちょこちょいな老人だったり、最初はちょっとした足音にも反応していたのに、後半は簡単に背後から襲われたりしてオマヌケな行動が酷すぎたり、この手のジャンル映画では仕方ないとはいえ、主人公たちがいくらボロボロになってもさっきまでフラフラだったのに、すぐに立ちあがって走り回ったりするのも失笑でした。

 とはいえ、序盤はなかなかの緊張だし90分間楽しめるジャンル映画でした。そして番犬って凄いんだと確認できる映画でした。頑張れば、あの犬倒せるのではないのかと主人公たちに問いかける映画でした。

36〜 39件 / 全39件

同シリーズ作品を借りる