セッション

セッションの画像・ジャケット写真
セッション / マイルズ・テラー
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

セッションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用字幕 オリジナル英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド
日本語吹替ドルビーデジタル5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP11869 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
400枚 32人 15人

【Blu-ray】セッション(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用 1.オリジナル英語DTS-HDマスターオーディオ5.1ch(96Kアップサンプリング)
2.日本語吹替DTS-HDマスターオーディオ5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP11870 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
180枚 11人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全82件

興奮した。ネタバレ

投稿日:2015/10/08 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

壮絶な打ち合いのボクシングの試合を観終わった時のような興奮と感動。

老練なチャンピオンにいいようにあしらわれていた若い挑戦者が、最終ラウンドで
必殺パンチくらわしてKO寸前まで追い詰めた、って感じかな。

熱くなりました。

けど、JAZZってこんなモノ? っていう気持ちにもさせられた。
指揮者の命ずるがままに、ロボットみたいに正確に答えるのが音楽?

なんて、訳知り顔なこと言ってると、目の前にシンバルが飛んでくるんだろうな。
フレッチャーが言ってることも、真理なんだろう。
「そんなセリフは一流になってから吐け!」って罵倒されるんだろうな。

超一流になる人間はみんな、血反吐吐くような苦しみや屈辱を潜り抜けてきてるんだろう。

フレッシャーもニーマンも、JAZZにとりつかれてしまった人間。
そこまで夢中になれるものがあるふたりを、羨ましくもあり、怖くもある。





このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二転三転の鬼音楽映画。

投稿日:2018/11/21 レビュアー:ナツメグ

 音楽を通して若者が成長する映画・・・かと思いきやそのストーリーは一筋縄ではいかない。

 ゆるーいジャズが楽しめる映画ではない。星一徹か、いや人格破綻者のパワハラ指導者。上げたら落とす。生徒を育てるのか、才能を潰すのか。この映画の先の読めなさは、指導者フレッチャーの予測不可能さである。

 次第に音楽への熱意が高まっていく主人公。しっかし音楽映画にしては、聴衆不在の自己本位のミュージシャンたちであった。セッションが必ずしも同調の産物ではない、テンションマックスの戦闘なのだと伝えてくる作品だった。ある意味たぐいまれな音楽映画である。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

セッション

投稿日:2018/02/25 レビュアー:しょうちゃん

一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、
鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、
心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。
ドラマ自体は教官と生徒の1対1の物語なので非常にシンプルな構成でした。
J・K・シモンズは優しくて面白いイメージがありましたが、
この作品でイメージが怖いに変わりますね。
練習中の緊張感が半端なく描かれてます。
血まみれの練習は痛々しい。
息が抜ける映画館のシーンで、
父親とポップコーンにチョコレート入れて食べるの真似したくなる。
演奏シーンのカメラワークがカッコ良かった。
ラストのJVCフェスでフレッチャーの復讐劇にはビックリ。
復讐の理由が、
行き過ぎた指導が露見し大学を辞めさせられた事なんですが、
フレッチャーの復讐が半端なかったです。
ここまでやる?
これで終わりかと思ったら、
復讐に対してドラムで反抗する展開。
ラストカットは秀逸。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

鬼軍曹と厨二病のたたかい

投稿日:2018/01/06 レビュアー:たこまる

ニーマンくんは嫌な奴だ。
友達もおらず、アメフトのヒーローのいとこを三流大学と馬鹿にし
優しく可愛い彼女を、偉大な音楽家になりたい、という妄想のためにふる。
昔のバンドで優しくしてくれていたドラマーに、くそ演奏!!と悪態をつき
大事なドラムを腹立ち紛れにぶっ壊し
楽譜をなくしたから得た正演奏者のポジションを
自分の功績のようにひけらかす。

それにも増して

フレッチャーは糞野郎だ。
暴言、体罰で奏者を追い詰めて完璧な演奏を求める
尊厳を踏みにじって当然の顔をする
心壊れて逃げ出す奏者をクズ扱いする。

そんな奴らだから
2人とも受けた処分は仕方がないと思う。
ニーマンくんのパパの気持ちはもちろんわかるから
フレッチャーは糾弾されて然るべき。

そして最後の復讐の場面
あたしゃ知ってた。
このフレッチャーのくそ野郎はこんなことするだろうって
ニーマンくんが負けた、そうだ、仕方ない。
そう思ってたのに

ニーマンくんは負けてなかった
今まで虐げられてきた彼は
己の全てをぶつけて演奏した
そこにバンド全体が惹きつけられ、一体となり
あの鬼軍曹フレッチャーですら楽しんでいた

そうだよ、音楽って楽しいんだよ

認められなくても、評価されなくても

楽しい、魂が踊る、生命をたぎらせる

2人の視線があって

ニーマンくんが微笑んだ瞬間

私は崩れ落ちて号泣していたよ。

こんなカタルシスはどこにもない!
大好きだよチャゼルかんとく!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

“音”“楽”

投稿日:2017/10/27 レビュアー:mamiko

最初から最後まで、登場人物たちは、
音楽を楽しめていたのでしょうか?

皆、演奏中に表情が固まっています。

全員に、
「音楽していて、楽しい?」と、訊きたいくらいです。

正直なところ、主人公も指揮者も、
人に認められるために、音楽を利用しているだけだと思います。

音を楽しめないなら音楽をやめろと思う。
腹が立つ。とても残念な気持ちになりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全82件

セッション