ウルヴァリン:SAMURAI

ウルヴァリン:SAMURAIの画像・ジャケット写真
ウルヴァリン:SAMURAI / 真田広之
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の解説・あらすじ・ストーリー

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: THE WOLVERINE

「ウルヴァリン:SAMURAI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウルヴァリン:SAMURAIの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
186枚 5人 7人

ウルヴァリン:SAMURAIのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM52504 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 2人 4人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全73件

ビミョー

投稿日:2016/06/22 レビュアー:豆腐

今回はイマイチだったな。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦人役者の登場で親近感あり

投稿日:2015/04/10 レビュアー:まあちゃん

日本のスターなどが役者として配置されている点で、ちょっと変わった視点が感じられ、興味を持って鑑賞できました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

先が読める脚本 ひどい日本語 無駄な脱皮 見づらい画質 赤毛ET顔

投稿日:2015/02/02 レビュアー:なんだなんだ

シリーズ一の駄作確定?!

 冒頭のクマさんが(作り物とはいえ)かわいそうだった。キ印ハンターなんてXXXXだ!
と、思っていたら、やっぱりバチが当った。ざまぁ!

 ところで、初歩的な疑問なんだけど、
画面の切り替わりや早い動きのある「色の境目」が滑らかなラインでなくってブロック状カクカウになるのはなんですか?
見づらくってしょうがない。
他の部分はきれいなので、かえって目につく。
特に増上寺〜新幹線のアクションシーンでは致命的。 なんでこんなん? ひどい画質!!   製作者はちゃんとDVDを観てるのか? (劇場公開でもこんなのだったんでしょうか?)
中盤以降は普通になったんだけど。

 日本語の会話が・・・ 真田さん以外は台本棒読みのイモです。
忍者部隊の頭目や婚約者の性事家は韓国系なのでまぁしょうがないとしても… なぜに日本人俳優を使わない?
あと、なんで日本人同士の会話なのに英語やねん? とか。
(その場にいる他者に内容をわからせないため…という理由? そりゃ無理やりだって)
赤毛のET顔のおねーさんとマリコは英語も日本語もいいんですが、演技が…

あちこちの脇役の人はいい感じですがね。

 老衰爺さんとウルヴァリンとの会話でジジイと息子の真の狙いがわかっちまう。
それに、「爺の死後は全権はマリコに」なのに、そのマリコが死んじゃったら「夫」ではなく「婚約者」には
相続の権利はあるんですかい? たしか、ないはず。殺しちゃうのはマズいでしょ。

 ま、シリーズ物の宿命で1回は観ますが、、、、1回観たら  はいそれまでよ

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ウルヴァリン、日本に来たる。

投稿日:2015/01/02 レビュアー:ひゅう助

ウルヴァリン(ローガン)が日本に来て、ちょっとロマンスして、バトルしてってだけの映画ですね。メッセージ性も何もかけらもない、純粋なるエンターテイメント作品でした。

それなんですが、意外にもけっこう楽しめた。新幹線上でのバトルも面白かったし、マリコとのロマンスもなかなか見応えがあった。

ラストバトルも、まさかのMASTERヤシダが現れる意外性ある展開もビックリしてよかったかな。

でも他のX-MENシリーズと比べるとちょっと落ちるね。やっぱ「差別」というメッセージ性がないのが原因かな。

見どころはウルヴァリンを演じるヒュー・ジャックマンの肉体美。アナボリック・ステロイドでも使ったの如く、大胸筋がやばいです(笑)。


例によって例のごとく、エンドクレジットの後に続編につながる映像があるので、忘れずに。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ウルヴァリン: SAMURAIネタバレ

投稿日:2014/10/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 冒頭、長崎の収容所でB29が飛来する。「逃げろー! 広島と同じだ!」と日本兵が叫んでいて、原子爆弾だと識別してるのが凄いです。
 そして捕虜となっているウルヴァリン。ウルヴァリンを捕まえた日本兵の凄さ。そんなことを思ってると何故かいきなり切腹する日本兵。何が起こってるのかよくわからないオープニングでした。
 やっぱりハリウッド映画の原子爆弾は衝撃派が襲ってくるだけの大きな爆弾の描かれ方でグッタリしてしまいます。

 そしてこの映画の永遠の命とは? ということを描きつつ。アジア一の企業の一族の跡目争いというだいぶスケールの小さい話へと展開していきます。
 よくわからないのが主人公ウルヴァリンの行動の動機で、何故、孫娘さんを守るのか? がわからなかったです。そのため中盤は2人の逃避行がメインですが、主人公が何をしたいのかが理解できないため退屈を感じてしまいました。
 新幹線の上で物凄いアクションをしてても失笑してしまうという。この時のヤクザはミュータントでもなんでもないので、このヤクザが最強説。ヤクザ、新幹線の上でナイフ1本で戦ってます。

 孫娘を狙うヤクザ、それを操る真田広之さん演じる一族の長男シンゲン。この人の動機も後半になるにつれよくわからなくて、毒を操るミュータントと一族を700年守る忍者軍団が出てくるあたりから、全くのかませ犬と化すのが残念でした。あのミュータントに何をやられて、どうしてああなったのか謎でした。あれは原作を読まないとわからないのか? それとも見過ごしてたのか。
 クライマックスで判明する真犯人。これもよくわからなくて、結局何でこんな面倒な方法で目的を果たそうとするのか? 主人公の飛行機が着陸した瞬間に計画を実行すればよかったのではないのか? わからなかったです。法務大臣のくだりとかいるか? と思いながら見てました。

 アクションシーンも子どもでも見られるようにするためか、主人公のカギ爪で突き刺すシーンが一切なくて、ただ殴ってるだけで全くの迫力不足でがっかりでした。
 よかったのは真田さんVS主人公のボディガードの赤い髪の女の子の戦いは真田さんの刀とぴょんぴょん飛び跳ねるアクションは個性が出ててよかったです。

 ハリウッド映画特有のオリエンタルな日本の描写を楽しんで見る映画でしたが、恐ろしく退屈な展開と謎の登場人物たちの内輪もめで残念な映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全73件

ウルヴァリン:SAMURAI