リンカーン

リンカーンの画像・ジャケット写真
リンカーン / ダニエル・デイ=ルイス
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リンカーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。

「リンカーン」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: LINCOLN

「リンカーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リンカーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
166枚 10人 7人

【Blu-ray】リンカーン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 4人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全47件

いささか退屈

投稿日:2014/05/21 レビュアー:とし

集中して観ていなかったのもあるが、あまり頭に入ってこなかった。
もっと惹き込まれるかと期待していたが、ちょっと残念な感じでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すばらしい感動作です!

投稿日:2014/03/06 レビュアー:ジョーコッカー

とても素晴らしい感動的な作品である。

この合衆国憲法修正第13条が可決されなければ、未だに人権という言葉は絵空事だったかもしれない。

これは黒人だけではなく、日本人も含めた有色人種の解放に対する理念であることを考えると、歴史の中の

過去の出来事と捉えることはできない。

最後のミシシッピー州が批准したのは、成立後130年たった1995年になってからだったことに驚かされる。

主演のダニエル・デイ・ルイスは「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」で非情で傲慢な男を演じたが、この作品で

は苦悩する大統領をよく演じていた。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のあの傲慢な男と同じ俳優が演じている

とは思えないほど素晴らしいリンカーンだった。

また脇を固める助演者ではサリー・フィールド、そしてトミー・リー・ジョーンズの演技は圧巻だった。

トミー・リー・ジョーンズ演じるスティーヴンス議員が民主党議員を論破するシーンは素晴らしかった。

また笑いが止まらなかった。

そして修正第13条の賛否を問う投票のシーン、そして最後の回想シーンは感動的以外に表現のしようがない。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スピルバーグの挑戦に脱帽

投稿日:2014/01/11 レビュアー:Q-man

さすがのスピルバーグ。こう来ましたか。
誰もが知っている話を描くには、事実のどこを切り取ってそれをどう解釈するかが問われますが、修正13条の攻防に絞り込むとは大胆な!

オープニングは『プライベートライアン』や『戦火の馬』ばりの戦闘場面。
第二次大戦、第一次大戦とやって次は南北戦争秘話かと思いきや、全然違いました。
ひたすら会話、会話、会話の全編会話劇。いやーびっくり。

ストーリーはほぼ一直線。枝葉はありますが、それほど幹から離れる話はありません。
そのため映画の筋がきわめて解りやすい反面、うっかりすると退屈な話になりかねません。
ところが全編の台詞がよく練り込まれていて一瞬も気が抜けません。
リンカーンの多用する喩え話の意図するところもそうですが、周囲の人物たちの微妙な立ち位置が台詞の端々に出て来ます。
「あれ、今こいつこういう事を言ったけれど、本音のところはどうなんだ?」みたいな。
一言も聞き逃すまいと、もともと良くない頭をフル回転させたので疲れました。今日は気持ちよく眠れるでしょう(笑)

人間社会にはいろいろな思惑を持った人たちがいるわけで。
政治はそれを一時的に一つにまとめるシステムなわけですが、それをこれほど限定的な時間と空間で描いてみせようとした心意気に感嘆しました。
以上良く出来た作品である事を認めた上で、以下は星三つ半にした理由を。

まず物語を解りやすくするために、時に不自然な展開や紋切り型で平板な人物描写が見受けられる点。
例えば冒頭近くの陳情に来た人物。あるいは切り崩し工作にあう下っ端議員など。
あまりにも物語に奉仕するだけのキャラクターになっていて、物語を軽くしている気がします。

次に、いかにもな見せ場がくどい点。
一度、二度なら構いませんが、スピルバーグ演出は何度もその都度思い入れたっぷりにやるので無駄に時間が長くなる気がします。
特にラストシークエンスは、ほとんど必要なかったように思います。
その後の事は誰もが知っているのですから、家を出るリンカーンの後ろ姿で切って、演説の場面につないでも物語として成り立つように思います。
これで二時間前後の長さで仕上げていたらテンポの良い作品になっていたのになあと惜しまれます。

どちらも欠点というよりは、良くも悪くもエンターティメント指向のスピルバーグ演出の特徴なので、そこが気になるならスピルバーグ作品を見るなよ!って話ではありますが(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダニエル・デイ・ルイス…

投稿日:2014/01/10 レビュアー:ホットチョコレート

「ダニエル・デイ・ルイス」が演じるリンカーンだったので、最後まで観れた映画ですね…。

それにしても、リンカーンって、頭がめちゃくちゃキレて スマートで神みたいな人なのにどうしてあんなビッチな女性と一緒になったのかだけが不思議…
人間は完璧ではないってことなんですかね…⁈

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

歴史物なので

投稿日:2014/01/04 レビュアー:東芝

南北戦争の頃の話ですが、ローマとかギリシアなどの戦争物の映画ではなくリンカーン大統領をメインとした政治の歴史ですので、盛り上がりはこんなもんだと思います。アクション映画のような盛り上がりはありませんし、逆にヒューマン映画のような感動も特にありませんが、割ときちんと「リンカーン大統領の政治歴史」と「その当時の米国政治」というものが表現されていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全47件

リンカーン