フライト

フライトの画像・ジャケット写真
フライト / デンゼル・ワシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フライト」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロバート・ゼメキスが12年ぶりに実写作品の監督を務めたスペクタクルドラマ。制御不能となった飛行機を緊急着陸させたウィトカー機長は、多くの乗客を救ったヒーローとして称えられる。だがある疑惑から、彼は一転して犯罪者として扱われてしまう。

「フライト」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: FLIGHT

「フライト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フライトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1chサラウンド
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ135803 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
64枚 1人 2人

【Blu-ray】フライト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1DTS-HD Master Audio
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV132441 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全82件

はっきり言って駄作です

投稿日:2013/10/13 レビュアー:趣味は洋画

航空パニック映画の観点からいえば、70年「大空港」をはじめ数々のエアポートシリーズが頭をよぎる。 アル中を題材にした映画といえば、45年「失われた週末」をはじめ、これまた多数の名作がある。 しかし...である。 本作はそのどちらのジャンルに比重をおいてみても、大きく乖離している。 つまり、どちらのジャンルでも、前述の名作群には甚だ太刀打ちできないレベルなのだ。 予告編が何故か話題となり、ロバート・ゼメキス監督、デンゼル・ワシントン主演ということで、一応チェックしておかなければ...との思いで観たが、心に残るシーンは一つもなかった。 航空機が背面飛行しようが、機長がアル中だろうが、それがどうした?...という程度のもの。 唯一の救いは、ジョン・グッドマンの‘飛んでる演技’のみ。 D・ワシントンのアカデミー賞主演男優賞ノミニーも、数合わせのレベルかな...

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

α~ (ー.ー") ンーー信仰ってスゴイ。

投稿日:2013/09/15 レビュアー:まーらん

この作品を見終わって率直な感想です。

この作品、表面的には?アル中やヤク中、嘘等を描いていますが、ところどころにまるで「ステマ」のように「神」が出てきます。
先ずはガン患者との出会い、そして副操縦士との面会、そして極めつけは公聴会。

私のような信仰心ゼロの人間には俄かに信じられない、キリスト教を始めとする信仰という物への強い意識、そして畏怖が描かれています。

公聴会に挑む前には「酒に関する嘘は任せろ」と言って憚らなかった主人公が、最後の最後に「神よ。力を」と思わず呟く。
そして、宣誓して証言する公聴会で土壇場になり「真実」を語る。

これは人間性なんかではなく、「信仰」「宗教」「神」という存在が、いかに彼等の社会(生活)の中で重要な位置を占めているのかを理解させてくれます。

今回の評価
キャスト:★★★☆☆
演出:★★★☆☆
脚本:★★★☆☆
尺:★★★☆☆
映像:★★★☆☆


総合:★★★☆☆

今回の★は3つ。
作品としては「つまらない」という訳ではないが、先に書いたように信仰心ゼロの私のような人間にとっては何とも感情移入ができない作品です。
平たく言えば「しらけた」の一言でしょうか。最後の最後にあの展開ですから。

私からすれば「オイオイ。そこまでやったのなら普通突き通すだろう」と。

こればかりは一生理解できないかもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

メッセージがすぐにはわからなかった。

投稿日:2013/08/30 レビュアー:rizucherry00

 制御不能になった機体を緊急着陸させた機長ということで、予告を見ました。でも、途中からなんとなく意図するものがアルコール中毒により家庭もふくめ、大事な人を失うことになるということを気づきなさい・・・というようなメッセージを発しているのかなと感じる場面が続きます。
なので、ふつうであればヒーローであるはずの機長(デンゼル・ワシントン)が、法廷で裁かれる、おそらく、飲酒運転は、車でも絶対してはいけない行為だけど、問いかける対象として、こんな奇跡に近い形で多くの人命を救ったという状況でも、やはり飲酒運転だめだよといえるのか・・・って問われているように思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しかし酷いなネタバレ

投稿日:2013/08/26 レビュアー:払釣込足

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かなりのアル中で・・・しかもその酔い覚めに薬物って・・!?
何か誤ったメッセージを送ってないかえ?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなかおもしろい

投稿日:2013/08/17 レビュアー:88888

クライマックスを公聴会のシーンと書いてる人が多いけど、間違いなくクライマックスはその前のミニボトルをつかむシーンだ。爆笑しました。
ここでようやく作り手の意図が見えたと思う。
主人公が憎めなくなるどころか、むしろカッコイイとまで思わせる演出だった。
完全に作り手がこの主人公を肯定しているのがわかる。

その後の懺悔とかはホントはどうでもいいんですよ。上手く着地させただけ。
作り手が本当に見せたかったのはアル中でヤク中でうそつきだけど神業的な操縦で多くの人命を救った豪快なヒコーキ野郎ってことですよ。
男だったら憧れるんですよ、こういう破天荒な天才に。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全82件

フライト