チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの画像・ジャケット写真
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

92

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の解説・あらすじ・ストーリー

テキサス選出の実在の下院議員チャーリー・ウィルソンをモデルに描く政治コメディ。プレイボーイとして鳴らしたチャーリーが、アフガニスタンに侵攻したソ連をたった一人で退却へと導いた驚愕の極秘作戦をコミカルなタッチで綴る。主演はトム・ハンクス、共演にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。監督は「卒業」「クローサー」のマイク・ニコルズ。テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。ある日彼は、テキサスの大富豪ジョアンから、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。根は優しいチャーリーは、アフガンの実情に心を痛め一肌脱ぐことにするが…。

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: CHARLIE WILSON’S WAR

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

チャーリー・ウィルソンズ・ウォーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 北京語 広東語 韓国語 タイ インドネシア 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/タイ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GURD46118 2008年10月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 1人

【Blu-ray】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1147 2011年07月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全92件

右向きながら左も見ろ

投稿日:2011/08/29 レビュアー:ビンス

.アフガン戦争。
パっと頭に浮かぶ情報は「ランボー3 怒りのアフガン」のみ。
まったくもって知らなすぎ。
さらに現ロシア辺りや。
中東の国々の位置関係。
国々の名前がごっちゃになって理解不能。
毎度の事ながらこのへんのことが頭に入りません。
観終わって大筋は把握できましたが、理解した・・・とは言い難いですね。
それでも「シリアナ」や「大いなる陰謀」よりは楽しかったです。

・トム・ハンクス演じるウィルソン議員のキャラクター

・シニカルなキレ者CIA職員のH・シーモア・ホフマン

・ウィルソンの取り巻き美人秘書たち

これらの要素が小難しい題材を最後まで飽きさせずみせてくれました。
特に補佐のエイミー・アダムスがカワイイです。
ウィルソン議員が「アイ・ミス・ユー」な、ジュリア・ロバーツ演じる富豪よりはよっぽどキュートです。
でも今回のジュリア・ロバーツは良かったです。
時間も短くて助かります。
こういう風にしてくれると苦手なものも比較的すんなり観ることができます。

国と国が関わる事で、純粋に他国のためにって行為はありえないんでしょうね。
どんなに素晴らしい行いもその過程では色々悪い事もしなければいけなかったり、善意には必ず裏があったり、光と影の関係のように世の出来事はそうやってバランスを保っているのかもしれません。

気付いた人。
先に気付いた人は気付いていない人を気付かせるためにどれほど痛みを被るのでしょう。
それでもやらなければ何も動かない。
例えそこに計算や私利私欲があったとしても、動かないよりはましか・・
最後のほうの会議の雰囲気が、今の世の中の人々の気持ちや生き方、他者との関わり方を示しているようでなりません。
理解してもらうって難しい。
世の中を、人々を動かすって難しい。
平和って難しい。
シンプルだから難しい。
右向きながら左も見ろって言ってるようなもんだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2011/03/18 レビュアー:ビリケン

3点

実話を基に作られたということで観るとたった1人で世界を変えたというしか感想がない。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほんまかいなぁ

投稿日:2010/12/03 レビュアー:Yohey

どこまでほんまの話なんかよく分からんまんま進んでいきました。トム・ハンクス、フィリップ・シーモア・ホフマンは相変わらずしっかりとした演技を見せてくれます。特にフィリップ・シーモア・ホフマンはすごいわ。いそうやなぁ、あんなおっさんって感じでした。

それにしても、ほんまの話だったとしたらアメリカっていうのは凄いというか、凄まじいというか・・・正義はかくなさりけり。

そして・・・それだけで終わる、それがアメリカの正義か。そこらへんはさらりと描いていました。軍事に金はかけても国家育成には金をかけない。だって誰も儲からないから、そこはあまり言ってませんでしたが、それがよく分かる作品でもありました。

これって、途中までは「なにこれ??アメリカすげぇぜ、映画??」とか思っていたのですが反面教師の映画だったんですねぇ。逆に、それだけを描きたくて、痛快なチャーリー・ウィルソンの動きを描いていたんかな、とも思いました。

時間的にもさっくり見れるいい映画だと私は思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

裏読み

投稿日:2010/08/22 レビュアー:100万回生きた猫

戦争絡みの映画は、どうしても深読みしてしまうんです。

ソ連のアフガニスタン侵攻を止めたのは、結局アメリカが裏で提供した最新兵器だったということですか、、、、。
そしてソ連撤退後、チャーリーが提案した支援が議会を通らなかったため、アフガン内戦という地獄が始まったのであり、武器供与が原因ではないことなどをエンディングで匂わせています。

アメリカが世界の正義であり、アメリカの最新技術や兵器が世界を守っていること、、、、こんな映画が世界中で上映され、特に日本人は簡単に、無邪気に信じてしまうんでしょうね。

この映画のお陰で得をする、利益を受ける人たち、(組織、企業、そしてアメリカという国家)がいると思うのです。

ジュリア・ロバーツ、トム・ハンクスの演技は見事でした。単純に映画として評価すれば、見応えのある作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカの政治家ってここまでやっちゃううんだ・・・  (驚)

投稿日:2009/11/23 レビュアー:あるか

政治家一人でここまでできてしまうんだ!と驚かされてしまいました。

アメリカで本当にこういう人がいたんだなぁ〜と思うと
かなり今のアフガニスタンの現状が分かるためにはその前置きの歴史的事実として考えさせる系の一本でした。
テロは誤解の連鎖なので、結局テロをなくすには学校!教育なんだと!のチャーリーの最後の主張が全く通らない姿が虚しかったです。

映画としてはトムハンクスとジュリアロバーツだからおもしろいはずですが、題材が政治系で重いので
違うコメディもので二人の再演を願ってしまいます。

エイミーアダムズが青臭い秘書役でおもしろかたったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全92件

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

月額課金で借りる

都度課金で借りる