1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャインの画像・ジャケット写真

リトル・ミス・サンシャイン / グレッグ・キニア

全体の平均評価点:(5点満点)

400

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「リトル・ミス・サンシャイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ムービー。サンダンス映画祭で評判を呼び、インディ作品としては異例の全米スマッシュ・ヒットを記録、大きな話題を集めた。監督は夫婦でもあるジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え崩壊寸前。そんなある日、9歳の娘オリーヴに念願の美少女コンテスト出場のチャンスが訪れる。そこで一家は旅費節約のため、オンボロ・ミニバスに家族全員で乗り込み、はるばる開催地のカリフォルニア目指して出発するのだが…。

「リトル・ミス・サンシャイン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ

原題:

LITTLE MISS SUNSHINE

受賞記録:

2006年 アカデミー賞 助演男優賞
2006年 LA批評家協会賞 ニュー・ジェネレーション賞

「リトル・ミス・サンシャイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

しあわせはどこにある

トータル・リコール

ハウンター

スイング・ステート

ユーザーレビュー:400件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全400件

泣ける

投稿日:2007/09/26 レビュアー:kuato

観ていて涙が流れた。軽快なタッチの中に深い言葉とやさしさがあふれている。なんて素晴らしい。心を揺さぶるという久しぶりに映画らしい映画を観た。キャスティングセンスは秀逸! 『24』のクロエや『40歳の童貞男』も出演。スティーヴ・カレル、いい俳優です。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

久々のヒット作!

投稿日:2007/07/08 レビュアー:まこりいぬ

笑いあり、涙ありの盛りだくさん映画です。


何と言っても家族の個性がうまく表現されていて、その絡み合いの会話が(中には筆談もあり)、全く無駄がなく面白い!!

今までバラバラだった家族が、最後にはみんなでおじいちゃんのあのダンスだしなぁ…。

あんなに短い出演でオスカー獲るアラン・アーキンですが、いつもの意地悪じいさんと優しいじいさんの両面を持ち合わせていて、ミスコン前夜のオリーブを励ますシーンとは、まじ涙でした。

最後のバスに乗るシーンでは、オリーブちゃんが始めて1人で飛び乗れましたね。
この2日間で色々な事があって、オリーブも成長したって事ですね。


感動。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

走れ〜〜!飛び乗れ〜!!

投稿日:2007/06/04 レビュアー:おうち大好き

家族揃って見事な「負け組」なんだ

それでも頑張って生きて行こうよ

悲しいこともある

そんな時は言葉なんて要らない。ハグして、お互いの温かさ、心臓の鼓動で分かり合えるんだよ

こらからもオンボロバスを家族みんなで力を合わせて押して走らせるんだ。

そら、走れ〜〜〜飛び乗れ〜〜〜



このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

うららか、家族日和♪

投稿日:2011/01/18 レビュアー:パンケーキレンズ

9歳のオリーブ役アビーちゃんの
分厚いメガネと、ちょっとおなかがポチャってるところが
めちゃめちゃキャワゆかったです〜〜☆

頭の硬いお父さん、ちょっと疲れたお母さん、口の悪いおじいちゃん
口を開かないお兄ちゃん、純朴なアビーちゃん、失意の伯父さん・・・

みんなそれぞれ夢を持っていて、だからこそ悩みもあって
家族だから言える事があって
家族にしかできないこともあって
私の、あなたの、すぐ隣にいるそんな家族の姿が
一台のワゴンのなかにギュギュっと詰め込まれていました

中でも、お兄ちゃんが私の中では一番印象的で
誰の事も好きになれなかったお兄ちゃんが
旅を続けるうちに打ち解けていく姿にとっても心温まりました
このお兄ちゃん、いつもすごくいい表情していました☆

オンボロ車に乗って、それが途中で故障して、
どんなに家族で言い争っても、どんなに亀裂が入っても
走り出すにはみんなで押すっていう・・・(笑)
こういうちょっとしたお気の毒なエピソードが微笑ましくって
だから余計にみんなに共感できたのかもしれません

ミスコン本番に緊張して涙するアビーちゃんに
やさしい言葉をかけるおじいちゃん・・・このシーンが一番好きです
口も悪いし、薬に手を出すどーしよーもないおじいちゃんですが
こんなおじいちゃんでもなぜか嫌いになれない
そして、ここだけに限らず、おじいちゃんおばあちゃんって
どんなことがあっても絶対孫の見方になってくれるでしょ
私も、いつもやさしかったおばあちゃんを思い出して
なんでもないシーンですが涙がこぼれてしまいました。。。

そんなおじいちゃんが残してくれたミスコンのダンス、最高☆
ミスコンのおばはん、ざま〜みろ!
司会のおっさんもクソ食らえ〜!
そして、ステージでみんなが踊ってハジける画面の向かいで
目頭が熱くなってウルッとしている私がいたり・・・

小雪が舞い散る寒い夜に
じわ〜ん、ほわ〜んと芯からあったかくなる素敵なロードムービーでした☆

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

家族っていいな…

投稿日:2009/07/15 レビュアー:totoro

パッケージの写真は何だと思いますか
これはワーゲンワゴンに飛び乗るところを写真におさめた図です。

まず、このストーリーに登場する人物の紹介をしたいと思います。
何事にも「勝ち組」にこだわるパパ、助平なことが大好きなお爺ちゃん、全く喋らないお兄ちゃん、うつ病になったママのお兄さんで元大学の教授。そしてそんなバラバラな家族をまとめようと躍起になっているママ。最後が主人公(?)の末娘オリーヴです。

オリーヴは繰り上げで美少女コンテストに出場が決まり、家族全員で参加することになり、いざ出発。
オンボロワーゲンは途中で故障。クラッチが入らなくなる。生憎休みの日なので修理が出来ない。

だが、サード(3速目)からならエンジンを掛けられると言うことで、運転手とお爺ちゃん以外は車を押すことになった。
さ、エンジンがかかりましたよ…てな具合で、この絵の順番に飛び乗る。それも1回や2回ではない実に面白い光景です。

もっと面白いのが、途中でお爺ちゃんが亡くなったことや、美少女コンテストでのハプニング…死んでもお爺ちゃんはただでは死ななかったと言う、お笑いたっぷり、そしてちょっと感激の涙もありの息抜きには丁度良い映画です。

まずは騙されたと思って、観てくださ〜い!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 40件 / 全400件

リトル・ミス・サンシャイン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:400件

泣ける

投稿日

2007/09/26

レビュアー

kuato

観ていて涙が流れた。軽快なタッチの中に深い言葉とやさしさがあふれている。なんて素晴らしい。心を揺さぶるという久しぶりに映画らしい映画を観た。キャスティングセンスは秀逸! 『24』のクロエや『40歳の童貞男』も出演。スティーヴ・カレル、いい俳優です。

久々のヒット作!

投稿日

2007/07/08

レビュアー

まこりいぬ

笑いあり、涙ありの盛りだくさん映画です。


何と言っても家族の個性がうまく表現されていて、その絡み合いの会話が(中には筆談もあり)、全く無駄がなく面白い!!

今までバラバラだった家族が、最後にはみんなでおじいちゃんのあのダンスだしなぁ…。

あんなに短い出演でオスカー獲るアラン・アーキンですが、いつもの意地悪じいさんと優しいじいさんの両面を持ち合わせていて、ミスコン前夜のオリーブを励ますシーンとは、まじ涙でした。

最後のバスに乗るシーンでは、オリーブちゃんが始めて1人で飛び乗れましたね。
この2日間で色々な事があって、オリーブも成長したって事ですね。


感動。

走れ〜〜!飛び乗れ〜!!

投稿日

2007/06/04

レビュアー

おうち大好き

家族揃って見事な「負け組」なんだ

それでも頑張って生きて行こうよ

悲しいこともある

そんな時は言葉なんて要らない。ハグして、お互いの温かさ、心臓の鼓動で分かり合えるんだよ

こらからもオンボロバスを家族みんなで力を合わせて押して走らせるんだ。

そら、走れ〜〜〜飛び乗れ〜〜〜



うららか、家族日和♪

投稿日

2011/01/18

レビュアー

パンケーキレンズ

9歳のオリーブ役アビーちゃんの
分厚いメガネと、ちょっとおなかがポチャってるところが
めちゃめちゃキャワゆかったです〜〜☆

頭の硬いお父さん、ちょっと疲れたお母さん、口の悪いおじいちゃん
口を開かないお兄ちゃん、純朴なアビーちゃん、失意の伯父さん・・・

みんなそれぞれ夢を持っていて、だからこそ悩みもあって
家族だから言える事があって
家族にしかできないこともあって
私の、あなたの、すぐ隣にいるそんな家族の姿が
一台のワゴンのなかにギュギュっと詰め込まれていました

中でも、お兄ちゃんが私の中では一番印象的で
誰の事も好きになれなかったお兄ちゃんが
旅を続けるうちに打ち解けていく姿にとっても心温まりました
このお兄ちゃん、いつもすごくいい表情していました☆

オンボロ車に乗って、それが途中で故障して、
どんなに家族で言い争っても、どんなに亀裂が入っても
走り出すにはみんなで押すっていう・・・(笑)
こういうちょっとしたお気の毒なエピソードが微笑ましくって
だから余計にみんなに共感できたのかもしれません

ミスコン本番に緊張して涙するアビーちゃんに
やさしい言葉をかけるおじいちゃん・・・このシーンが一番好きです
口も悪いし、薬に手を出すどーしよーもないおじいちゃんですが
こんなおじいちゃんでもなぜか嫌いになれない
そして、ここだけに限らず、おじいちゃんおばあちゃんって
どんなことがあっても絶対孫の見方になってくれるでしょ
私も、いつもやさしかったおばあちゃんを思い出して
なんでもないシーンですが涙がこぼれてしまいました。。。

そんなおじいちゃんが残してくれたミスコンのダンス、最高☆
ミスコンのおばはん、ざま〜みろ!
司会のおっさんもクソ食らえ〜!
そして、ステージでみんなが踊ってハジける画面の向かいで
目頭が熱くなってウルッとしている私がいたり・・・

小雪が舞い散る寒い夜に
じわ〜ん、ほわ〜んと芯からあったかくなる素敵なロードムービーでした☆

家族っていいな…

投稿日

2009/07/15

レビュアー

totoro

パッケージの写真は何だと思いますか
これはワーゲンワゴンに飛び乗るところを写真におさめた図です。

まず、このストーリーに登場する人物の紹介をしたいと思います。
何事にも「勝ち組」にこだわるパパ、助平なことが大好きなお爺ちゃん、全く喋らないお兄ちゃん、うつ病になったママのお兄さんで元大学の教授。そしてそんなバラバラな家族をまとめようと躍起になっているママ。最後が主人公(?)の末娘オリーヴです。

オリーヴは繰り上げで美少女コンテストに出場が決まり、家族全員で参加することになり、いざ出発。
オンボロワーゲンは途中で故障。クラッチが入らなくなる。生憎休みの日なので修理が出来ない。

だが、サード(3速目)からならエンジンを掛けられると言うことで、運転手とお爺ちゃん以外は車を押すことになった。
さ、エンジンがかかりましたよ…てな具合で、この絵の順番に飛び乗る。それも1回や2回ではない実に面白い光景です。

もっと面白いのが、途中でお爺ちゃんが亡くなったことや、美少女コンテストでのハプニング…死んでもお爺ちゃんはただでは死ななかったと言う、お笑いたっぷり、そしてちょっと感激の涙もありの息抜きには丁度良い映画です。

まずは騙されたと思って、観てくださ〜い!

36〜 40件 / 全400件