ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全237件

ナルシストはイイ仕事をするネタバレ

投稿日:2010/09/23 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 映画館で鑑賞した時、「お。面白いじゃん」と思った。戦争を扱った映画が苦手っていうのもあってレビューは書きあぐねていたのだけれど、ぴよさん、忙中有閑さんのレビューを読んで、ちょっと自分も感想を書いてみようかなという気になりました。

 えっと、映画評論家のどなたかが、「これは戦争映画ではなく戦場映画だ」って言ってて、その通りだなと思うのですね。イラクが舞台だけどイラク戦争については全く語っていない。だから見やすかったというのがある。明確な“敵”を敢えて描かない。主人公の使命は爆弾処理であって敵を殺すことではない。これはもう「個人技」の世界で、ひたすらジェームズ(ジェレミー・レナー)の見事な「お仕事ぶり」を見せる、魅せる。こうなってくると、彼にとっては戦争の大義も何もないんじゃないかと思えてしまう。ただ、自分の技を磨く「場」として戦場があればいい、みたいな。結果として不特定多数の命を救うことになるのだから、誰も文句は言わないし。これってかなりナルシシズムが入ってそうだけど、だからこそのカッコ良さでもある。忙中有閑さんが「武士道」という斬新な視点を提示されていましたが、武士道ってまさに究極のナルシシズムって気がしますね。

 それにしても、こういう描き方はあざとくも上手いなぁと感心してしまう。繰り返しになるが、敵側の兵士を殺傷するのが目的ではなく(本来、戦争の目的はそういうことじゃないけど)、「爆弾処理」という間接的人命救助に専念する主人公って、非常に見やすい。それを戦争ジャンキーという自虐的な描き方をしてしまうところがまた、なんとなく「反戦」っぽさを醸していて、やっぱり上手いと思う。「メタレベルの視点でそれなりに戦争を俯瞰してますよ〜」という言い訳になってる。戦争について明確な視点も言説も持ち合わせていない、お気楽な観客の自分にはこのぐらいが良いのです、正直なところ。エンターテインメントとして楽しめる訳ですね。

 戦場という究極の舞台でひたすら己の道を極める男ジェームズ。(笑)いやぁ、カッコいいじゃありませんか。もう平凡な日常生活になんか戻れない、オレの生きる場所はここしかないんだ、とばかりに戦地に舞い戻るラスト。この漫画チックなヒロイズムに私は酔いしれました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一向に処理できない、戦争という名の大きな爆弾

投稿日:2010/09/11 レビュアー:アマギン

久しぶりに爆弾処理に冷や冷やしました。

爆弾処理のくだりなんて免疫が完璧に近い状態に形勢されつつあるので、
ほとんどの作品において登場人物と私にかなりの温度差があります。

この作品は爆弾処理者と私の間に発生する溝がかなり浅い。
温度差は限りなくゼロで、無駄に呼吸を止めてしまうほど緊張させられました。

それだけ爆弾処理をする方目線がリアルで、着眼点には引き付けられます。

戦争に無駄な演出はいらず、無駄な脚色を施し本質が見極められなくなることはNGですが、
ドキュメンタリーと一線を置く上で必要とする映画としての緩急、脚色は薄く、
爆弾処理班目線の情熱大陸が淡々と続きます。

冒頭、リアルと共に映画としての掴みにばっちり成功させるのですが、その後は
爆弾処理班という珍しい部分にスポットがあたっているだけで、いくつかの
エピソードが描かれるも、知られざる様子を見る。というリアルな生活や立場を
少し垣間見ることができただけです。

素人の私には絶賛する力はないですが、久々のリアルな爆弾処理と、戦争が中毒に
なるというプロバカンダをしみじみ味えたことに評価。

量販店にて「アカデミー賞6部門最多受賞!アバターを超えた本年度最大の話題作!」
「大好評発売中!」とアナウンスされていることはひとまず処理したいです^^;
大好評発売しなくていいですからね別に↓↓こんなこと言っても仕方ないんですが)汗

休日に訪れたパパがジャケットの派手な爆発に触発されてふらっと購入。

家族サービスとして持ち帰っても大反感くらうこと必至。
「アバターよりすごいらしいぞこれ」などと軽々しくも知ったかをぶちまけるパパは
間違いなく自爆です。

アカデミー賞はアメリカの社会情勢や映画のマーケット事情が大きくかかわるので、
日本人の大半が誤認識している「世界一のすごい賞!」またはそれに類似した感覚を
改める必要がありますよね^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アバターを上回ったのも納得!

投稿日:2010/09/10 レビュアー:yslope

イラクでの爆弾処理班のお話です。
地味にも思える仕事ですが、どうしてスリル満点!

戦争は現実なのでスリルなどないほうが良いのですが、
主人公にとっては必ずしもそうではないのかもしれません。

ヒーロー映画と違い、必ずしも被害者では救えるわけではなく、
体中に爆弾を巻きつけられた無辜の男が爆発するシーンは、
現実的過ぎて心に突き刺さりました。

テーマも演技もよく、アカデミー賞作品賞に相応しい名作であると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アカデミー賞作品。異議なし

投稿日:2010/09/09 レビュアー:5cent

本当に素晴らしい作品だった。
冒頭からの迫力のシーンで一気に引き込まれる。
映像が実際に戦場にいるかのような臨場感が味わえ常に緊迫感がある。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

防爆スーツの日々

投稿日:2010/09/08 レビュアー:スー

戦争はよくないとか、イラク戦争は間違っていたとか、そう言う当りまえの話はこの際横に置くとして、この作品は日々死と隣りあわせで活動する兵隊さんたちに、敬意を表すために作られたような映画です。
さしずめアカデミー賞はご褒美みたいなものでしょうネ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる