ダーティハリー

ダーティハリーの画像・ジャケット写真
ダーティハリー / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

「ダーティハリー」 の作品情報

製作年: 1971年
製作国: アメリカ
原題: DIRTY HARRY

「ダーティハリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・ハングル語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21516 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 2人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY11524 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全66件

ハリーの背中は広くて逞しくて、悲しい

投稿日:2015/07/15 レビュアー:海の雫

私の中で特別な意味を持つ作品の一つです。
今までに四回観ました。(爆)

初めて観たのは小学生か?中学生だったか?
今のように全国一斉ロードショーなどという時代ではなかったから、
何年も遅れて田舎の映画館で兄に連れられて観ました。

幼かった私は、虚構と現実の境が曖昧になって、
この作品の主人公・ハリー・キャラハンが、実際にニューヨーク市警に
存在しているような錯覚を起こしました。
そして最後、ハリーが警察のバッジを投げ捨てた事に
ベソをかいてしまったのです。(笑)

この人が警官を辞めてしまったら、誰が悪と戦ってくれるのかと、
弱者を守ってくれるのかと・・・。
私は彼を弱い自分を守ってくれる強い存在として、
彼の中に父性を求めたのだろうと思います。

二度目、高校生になってテレビ放映で観た時は、
彼を理想の男性として捉えました。
その時もやはり彼は強く、弱い自分を守ってくれる存在として、
男性という性を持つ人への憧れの象徴でした。

三度目、私は大人になり彼の中に強さだけではない、弱さを見ました。
彼の背中は広く逞しくそして悲しかったのです。
彼の憤りとか、悔しさとか、悲しさを受け止めたいと思いました。
私が女性という性を持つ為なのか、彼の背中を抱きしめたくなったのです。
そして、彼を支えてあげたいと思ってしまいました。(笑)

四度目、今私は、この作品の中での彼の年齢を超えたでしょう。
相変わらず、ハリー・キャラハンは素敵です。
ただ、今回感じた事はもっと別の事でした。
私の憧れであった彼は、決してスーパーマンではなく、
だからこそ私は彼に憧れるのだと・・・。

彼は私と変わらない強さと弱さを持つ、等身大の人間として映るのです。
彼が守ろうとしたものは、戦ったものは、今私が、あなたが現実で直面しているもの・・・。
彼がどんなに孤軍奮闘しても、悪は滅びる事は無く、増殖し続けるでしょう。

彼が投げ捨てたバッジは彼の現実への失望であり、
同時にそうゆうものに対する強烈なるアンチテーゼ。

そして、私は女だてらに願うのです。(笑)
彼の捨てたバッチを拾い上げ、その想いを受け継いで行きたいと・・・。


何度倒されても、また起き上ったなら、まだ負けてはいない。
まだ負けたことにはならない。
最終ゴングはまだ鳴ってはいない・・・。


追記 私は俗に言う「ダーティ・ハリー症候群」を、容認している
   訳ではありません。誤解なきように。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

孤高の美しさ

投稿日:2014/01/24 レビュアー:Yohey

あまり予備知識が無く観ました。てっきり、イーストウッドがドンパチやっている刑事モノの定番ってやつだろうと思ったら、全然違うの。そうですね、彼はそういう役ではないですね。まだ壮年の頃ですが、渋さはがっつりあって、そして、根底に流れている哲学っていうやつを感じさせられます。映像も全て無骨な役柄らしい描き方でよく出来ています。

ただ、今だったらこれは受けないだろうなぁ。孤高とかそういうのって美しい言葉だけど描いてしまったらなかなかキツイ。そんなのが今生きていける時代でもないですしね。でも、この手の格好いい男を描く映画って需要はあるんだから作ってほしいなぁ。本当、女なんて全く出てこないようなやつね。これなんか、典型的な男の世界の話ですよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イヤイヤヨーネタバレ

投稿日:2013/04/16 レビュアー:J ランタン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スクールバスのなかで歌われる童謡「Old MacDonald」がイヤイヤヨーに聞こえるのは単なる偶然ではない。この傑作映画の隠された本質は子供の虐待にあるからだ。
私はかねてより、スクリーン上にひんぱんに登場する「片足をひきずる男」に注目している。アンディ・ロビンソン演じる異常犯罪者スコルピオはダーティハリーのナイフの一刺しによって片足にされるが、その意味するところは父親による息子の去勢であり、同時に堕天使としての悪魔も意味している。スコルピオの毒針の対象が女、黒人、子供に向けられるのは、彼らが自分と同じ被虐待者であるからだ。
孤独で無罪である罪人としてのキリスト幻想はJuceさんのレヴューでも指摘されているように犯人と彼を追い詰める刑事の逆転現象としてえがかれており、そこにこの映画の非凡さがある。
犯人と刑事(息子と父親)は互いに分身関係になっている。マグナムは父親の権力(シンボル)でもあり、息子の性的不安(弾丸が残っているかどうかわからない)でもある。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キャラハン刑事かっこいい!

投稿日:2012/02/01 レビュアー:kon

 この映画は、とにもかくにもキャラハンがカッコイイ!それに尽きる。
 この映画が、刑事映画のひとつの形を作ったと言っても過言じゃないでしょう。
 いまさら見れば、アクションにしても当時受けた用の衝撃はありませんが、当時は凄い!と感じたのは間違いありません。

 しかしながら、キャラハンという強烈な個性を持つキャラクターは、やはりこの世に一人しか居ないわけで、このキャラクターなくしてこの映画は成立しません。
 このキャラハンというキャラクターは、とにかくダンディでめちゃくちゃかっこいいのです。
 ファンタジーの世界のキャラクターではなく、本当に人間くさくて実際に存在するようなリアリティがあります。

 今の映画に見慣れてしまうと、なんだか物足りない感じもするかもしれませんが、キャラハン刑事の強烈な個性は絶対に必見です。

 ★★★★★

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

イーストウッドは覗くのが好きなのか。

投稿日:2011/07/14 レビュアー:CCR

本作が当初フランクシナトラにハリー役を打診されていたとは想像を絶する。受けてくれなくてよかった。駄作ばかり出ているくせにこの判断だけは素晴らしい。次にポールニューマンにオファーが行ったそうだが、自分には暴力的すぎるので、イーストウッドがいいのではと推薦したそうだが、流石先見の明がある。彼には「動く標的」的なソフトなハードボイルドが似合うのでこの選択もよかった。そしてドンシーゲルとイーストウッドの合体が最高の素材を得て沸騰点に達した。しかし、この2人は「白い肌の異常な夜」でも息が合っていたようにいささか独特な性的嗜好を感じさせる傾向がある。本作にも本筋と関係ない場面にその傾向がかいま見える。例えば、スコルピオを夜のビル屋上で待ち伏せしているシーンで向かいのビルの一室の性的なパーティーを覗く場面、夜の街をパトロールしていて一般の家の窓から様子を覗いていて覗き魔扱いされて住人に袋叩きにされる場面。何か本筋と全く関係ないのでそんな必要なシーンかなと思ってしまうのだがイーストウッドが何かこういう素材が好きなんだなと思う。「恐怖のメロディ」「タイトロープ」にもそれを感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全66件

ダーティハリー