ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

100

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「エヴァンゲリオン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第2弾。新キャラクター、真希波・マリ・イラストリアスを加え、大きな運命を託された14歳の少年・碇シンジの物語はTV版とも違う未知の領域へ突入する。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

茄子 スーツケースの渡り鳥

七つの海のティコ

トップをねらえ2! <劇場版>

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 「キュレムVS聖剣士ケルディオ」

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全100件

もう、どーでもいい… ネタバレ

投稿日:2010/10/14 レビュアー:ZINGY

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「序」を観たので、惰性で「破」も観てしまった。

確かに映像は綺麗だし、動きも見事だとは思うが、
相変わらず解りにくいアニメだ。
人間関係、相関関係が解りにくい。
やはり原作を読まないと理解できないのか?

ウルトラマンも真っ青の破壊力!
あれだけ街を壊されたら復旧費だけで日本経済は破綻するだろうな。

それからどーでもいいことだが、
エヴァのパイロット達はLCL充填液に浸っているはずなのに、
はっきりと喋るのは何故?

もう一つ、どーでもいいことだが、
俺の記憶では、葛城ミサトは『一尉』だったと思うが、
いつの間に『一佐』に出世したんだ?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

続き ネタバレ

投稿日:2010/10/02 レビュアー:西瓜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

眼帯のアスカと、マリが素晴らしい。
特にマリのデザインは、この数年でどれほどの絵描き達がピクシブなどでレベルが底上げされ、日本中いったい何が起こってるのかやばいやばい表現者多すぎ、下手なものだしてたらいかんという危機感さえ見られるばっちりさだった。
使い古された会話と美しい映像。次はQだそうで、この次回予告のスタイルは中二病をわくわくさせます。
エヴァはクラスの優等生とアニオタが観ているものでした。なので、優等生が哲学とかについて考える危ないアニメだと認識しておりました。優等生が嫌いだったので、アニメも嫌いでした。しかし夜中にそっとみると、なにやら危険な感じがしました。こんな夜中に、こんな危ないスーツをきて、人も死んで、気持ちの悪いものをみたら、「親に悪いんじゃないか」です。

カウボーイビバップのときもそうでした。面白いアニメを見れば「親に悪い、親が心配する」という感覚がありました。

今回の破は「親に悪い」なんて一つもないです。序はありましたが・・・。

しかし金儲かって、わーわー楽しんでつくれて、うらやましい!そのうらやましさこの、このアニメの全てです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ついに新キャラ登場♪

投稿日:2010/09/12 レビュアー:BEEFジャーキー

* 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、予想外に面白かったので、この2作目も楽しみにしていました♪

 今回も、お馴染みのシーンと新しいシーンが混ざって、物語は進んでいきます。
 何て言うか、懐かしさと目新しさが交互にやってくる感じでした♪

 そして,終盤にもなると、どこがNewシーンだとかが気にならないくらい、迫力ある画面に引き込まれました!!

 見終わって…。
 いやぁ〜、なかなかに楽しめた続編でした!!
 <序>も良かったけど、この<破>もなかなかです♪
 次の<Q>では、どんな展開へとなっていくんでしょうか?
 ここまでが予想以上だっただけに、期待が高まります♪

 あと、Newキャラの存在も気になります。
 物語に、そしてシンジ君に、どう絡んでいくのでしょう?
 TVアニメで描かれていたシンジ君のキャラは、レイ、アスカ、そしてミサトさんにも、心ひかれていた気の多い少年でした(笑)。
 やっぱ、このNewキャラにも、ときめいたりするんでしょうか?
 その辺りも、楽しみです♪

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

カツヤさんに一票です

投稿日:2010/08/24 レビュアー:だびんち

ネタ引っ張りの批判を想定し、新キャラ?!

でも、マリ?

好きwww


ボインで、チェックのプリーツミニスカ!

アスカのプラグスーツの不満発言とか…


エッチくさい表現も男の子を惹きつける要因


できれば、その先の新作も考えて頂きたい

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

息をのむほどの魅力

投稿日:2010/08/23 レビュアー:ボム

期待通り。
いや、それ以上かな♪


面白い。先々週に「序」を借りて、すぐさま続きが観たくなり、「破」も鑑賞☆
素晴らしい出来。
「序」は完全にTVの復習だったけど、今回はかなりオリジナリティが盛り込まれてきてます。
ますます続きが楽しみになっちゃった♪


俺は、自分が物心ついた辺りから、父親が出て行ってしまったので、妙に主人公のシンジ君とシンクロしてしまう(笑)だから思春期のシンジ君が父親を前にして、嫌いなのか、甘えたいのか、認められたいのか、まごまごする気持ちがよく分かる。
そんな現実的な問題にぶち当たっているかと思いきや、次々と襲ってくる使徒との闘いで、徐々に人格が壊されていくシンジ君。



やっぱり凄いよ。
気付くと息を止めながら鑑賞している自分。。。
それくらい惹きつけるものがある。



やっぱりエヴァは観るべきアニメ。
「アキバ系は無理」と頑なに拒む彼女にエヴァを見せようと、TVシリーズ全部と「破」を含む映画2本のDVDを買っちゃいました(笑)
日本製は10万近くするので、、、台湾版(^_^;)


価格?全部合わせて3,700円(笑)
安いから、当然パッケージやレーベルの完成度が低いけど、それだけだから、
台湾版で問題なし〜。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 40件 / 全100件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:100件

もう、どーでもいい…

投稿日

2010/10/14

レビュアー

ZINGY

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「序」を観たので、惰性で「破」も観てしまった。

確かに映像は綺麗だし、動きも見事だとは思うが、
相変わらず解りにくいアニメだ。
人間関係、相関関係が解りにくい。
やはり原作を読まないと理解できないのか?

ウルトラマンも真っ青の破壊力!
あれだけ街を壊されたら復旧費だけで日本経済は破綻するだろうな。

それからどーでもいいことだが、
エヴァのパイロット達はLCL充填液に浸っているはずなのに、
はっきりと喋るのは何故?

もう一つ、どーでもいいことだが、
俺の記憶では、葛城ミサトは『一尉』だったと思うが、
いつの間に『一佐』に出世したんだ?

続き

投稿日

2010/10/02

レビュアー

西瓜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

眼帯のアスカと、マリが素晴らしい。
特にマリのデザインは、この数年でどれほどの絵描き達がピクシブなどでレベルが底上げされ、日本中いったい何が起こってるのかやばいやばい表現者多すぎ、下手なものだしてたらいかんという危機感さえ見られるばっちりさだった。
使い古された会話と美しい映像。次はQだそうで、この次回予告のスタイルは中二病をわくわくさせます。
エヴァはクラスの優等生とアニオタが観ているものでした。なので、優等生が哲学とかについて考える危ないアニメだと認識しておりました。優等生が嫌いだったので、アニメも嫌いでした。しかし夜中にそっとみると、なにやら危険な感じがしました。こんな夜中に、こんな危ないスーツをきて、人も死んで、気持ちの悪いものをみたら、「親に悪いんじゃないか」です。

カウボーイビバップのときもそうでした。面白いアニメを見れば「親に悪い、親が心配する」という感覚がありました。

今回の破は「親に悪い」なんて一つもないです。序はありましたが・・・。

しかし金儲かって、わーわー楽しんでつくれて、うらやましい!そのうらやましさこの、このアニメの全てです。

ついに新キャラ登場♪

投稿日

2010/09/12

レビュアー

BEEFジャーキー

* 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、予想外に面白かったので、この2作目も楽しみにしていました♪

 今回も、お馴染みのシーンと新しいシーンが混ざって、物語は進んでいきます。
 何て言うか、懐かしさと目新しさが交互にやってくる感じでした♪

 そして,終盤にもなると、どこがNewシーンだとかが気にならないくらい、迫力ある画面に引き込まれました!!

 見終わって…。
 いやぁ〜、なかなかに楽しめた続編でした!!
 <序>も良かったけど、この<破>もなかなかです♪
 次の<Q>では、どんな展開へとなっていくんでしょうか?
 ここまでが予想以上だっただけに、期待が高まります♪

 あと、Newキャラの存在も気になります。
 物語に、そしてシンジ君に、どう絡んでいくのでしょう?
 TVアニメで描かれていたシンジ君のキャラは、レイ、アスカ、そしてミサトさんにも、心ひかれていた気の多い少年でした(笑)。
 やっぱ、このNewキャラにも、ときめいたりするんでしょうか?
 その辺りも、楽しみです♪

カツヤさんに一票です

投稿日

2010/08/24

レビュアー

だびんち

ネタ引っ張りの批判を想定し、新キャラ?!

でも、マリ?

好きwww


ボインで、チェックのプリーツミニスカ!

アスカのプラグスーツの不満発言とか…


エッチくさい表現も男の子を惹きつける要因


できれば、その先の新作も考えて頂きたい

息をのむほどの魅力

投稿日

2010/08/23

レビュアー

ボム

期待通り。
いや、それ以上かな♪


面白い。先々週に「序」を借りて、すぐさま続きが観たくなり、「破」も鑑賞☆
素晴らしい出来。
「序」は完全にTVの復習だったけど、今回はかなりオリジナリティが盛り込まれてきてます。
ますます続きが楽しみになっちゃった♪


俺は、自分が物心ついた辺りから、父親が出て行ってしまったので、妙に主人公のシンジ君とシンクロしてしまう(笑)だから思春期のシンジ君が父親を前にして、嫌いなのか、甘えたいのか、認められたいのか、まごまごする気持ちがよく分かる。
そんな現実的な問題にぶち当たっているかと思いきや、次々と襲ってくる使徒との闘いで、徐々に人格が壊されていくシンジ君。



やっぱり凄いよ。
気付くと息を止めながら鑑賞している自分。。。
それくらい惹きつけるものがある。



やっぱりエヴァは観るべきアニメ。
「アキバ系は無理」と頑なに拒む彼女にエヴァを見せようと、TVシリーズ全部と「破」を含む映画2本のDVDを買っちゃいました(笑)
日本製は10万近くするので、、、台湾版(^_^;)


価格?全部合わせて3,700円(笑)
安いから、当然パッケージやレーベルの完成度が低いけど、それだけだから、
台湾版で問題なし〜。

36〜 40件 / 全100件