フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 2人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 0人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 5人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全133件

冷静かつ批判的な視線から見たベトナム戦争ネタバレ

投稿日:2007/11/05 レビュアー:退会済

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ベトナム戦争を題材にした映画は多くありますが、
この作品は非常に冷静な視点で客観的に描かれており、
その点でとてもユニークと言えると思います。

一応、”ジョーカー”がストーリーテラーとなっていますが、
彼の主観から見た戦争ではなく、キューブリック監督の目線で
戦争という行為の「マヌケさ」を批判的に映像化しています。

前半のルーティン通りの訓練のくだりでは普通の若者が
有無を言わさずに「使い捨ての兵器化」されていく様子を
ブラックジョーク風に描いています。

しかし舞台が戦場に移ってからは、仲間を撃ち殺した憎むべき
スナイパー1人すら冷徹に殺せないヒューマニズムが
頭をもたげたりして、「殺りくマシン」に成りきれないまま
前線に送り出される事、送り出す事のマヌケさを描いています。

表向きのテーマは「ベトナム戦争の狂気」ですが、
本当のテーマは、ベトナム戦争の最前線で戦っていたのは
完全に訓練されたプロの職業軍人ではなく、中途半端に
洗脳されただけの普通のアメリカ人の若者であり、
そんな若者たちにこの戦争を戦わせた国家の頭の悪さに対する
批判だと私は捉えました。
戦争映画につきものの後味の悪さやメッセージ性はなく、
どこかでこの戦争をあざ笑っているように見えます。

エンドロールの曲が「ドアーズ」でなく「ストーンズ」と
いうのもキューブリック監督らしいセンスが光ります。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全編に渦巻く『狂気』

投稿日:2006/10/28 レビュアー:レビュアー名未設定

互いに独立している前半と後半は一見繋がりがないように思える。はっきりとしたテーマが明示されてないためキューブリックの意図を完全に理解することは難しい。しかし、全編通してこの映画に渦巻いている『狂気』こそが彼の伝えたかったテーマではないだろうか。

教官の凄まじい罵倒により壊れていく人格。死と隣り合わせの戦場で破壊されていく人間性。この映画では人間が壊れていく過程が様々な視点から描かれている。『Born to Kill』をモットーに『Peace』のバッジを掲げ勇猛果敢に前進するアメリカ兵。少女は銃を持ちスナイパーとして彼らの命を奪う。そして、『海兵隊とは殺戮者である』と説かれた彼らは声高らかにミッキー・マウスを歌う。キューブリックのメッセージをどこまで読み取れるか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

インパクト、大!!ネタバレ

投稿日:2005/10/16 レビュアー:n.g.s.w.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 学校で友人と「2001年宇宙の旅」を観ようとしたところ貸し出し中でキューブリック監督の作品ならなんでもいいやということでこの作品を選びました。
 こんな無防備な状態で鑑賞したのも手伝って、作品の衝撃度は想像以上でした。観終わってふたりともしばらく何も口にできず、余韻に浸っていました…
今まで観てきた戦争映画の中でも上位というかピカイチの作品であると思います。それにしてもキューブリック作品はどれも観終わってからいろいろと考えさせられますね。
 余談ですが、劇中の
「サー,イエッサー!!」、「サー,noッサー!!」のフレーズは二人の流行語になっていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

狂いながら笑って観よう!

投稿日:2005/09/22 レビュアー:ハーフ&ハーフ

ミッキーマウス歌って足並みそろえて行進。
デブキャラ最高。「サー!イエス・サー!」最高。テンポ最高の前半最高。

後半は戦場に出るのだが、戦争映画の見所のドッカンドッカンの乱れ撃ちもなく極めて平坦な戦場を描く。それゆえにラストが活きます。「peace!」のバッチまで付けて完璧です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人格崩壊!

投稿日:2005/09/08 レビュアー:かづしげ

 戦争戦闘という極限下における人格崩壊を描く。
 前半部では、過酷な戦闘訓練と個人の尊厳剥奪による一個人の人格崩壊をテーマとした。後半部では、戦闘員が生死を賭ける恐怖の中で、知らず知らず多くの者が徐々に人格崩壊して行くが、それを誰も止めることができない軍隊社会の恐怖を描き切った。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全133件

フルメタル・ジャケット