Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全244件

現実的なマトリックス

投稿日:2006/10/31 レビュアー:Conam

予告の仮面の登場でいまいち内容が掴めず、受け付けない感があるが、見てしまうとグイグイ引き込まれた。最近ディスカバリーchで現在世間を騒がすあの国の特集を観たが、家では消せないラジオが流れていて、○軍様の手柄等が延々流れている。テレビも操作されきっている。学校でもアメリカのせいで、世界は悪に走っているが、○軍様はそれに対抗し平和を目指している、みたいなことが延々と。
なんか、それに近いものを感じた。
その国でなくとも、日本を含めた先進国でもマスコミの影響は強く、それを皮肉っているようで面白かった。
本当の世界を見てみないか?
という点で身近でありえなくもないマトリックスっつうことで。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Vに愛着が・・

投稿日:2006/10/22 レビュアー:

最初からVに親しみを持ててしまい、
よからぬ事をしていると分っていても
ついつい正義の味方的存在でずっと
終わりまで・・・。

髪型のせいでしょうか?
「チャーリーとチョコレート工場」の
ジョニー・デップと重なってしまいました。

音楽がいいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テロリストの復讐劇ネタバレ

投稿日:2006/10/13 レビュアー:akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私としては、この作品を「普通に面白く」観てしまいました。
こういう作品を「面白く」観てしまってはいけない気もするのですが・・・。

独裁国家に対する強烈な批判が随所に見られます。
当然の如く情報操作による国民の洗脳が行われています。
もしかしたら、北朝鮮というのはこの様な国家なのだろうかと、ちょっと考えてしまった(政治には余り詳しくないので、見当違いだったらすみません)。
Vがしたかったのは、基本的には復讐。
今の醜い自分を作り出した国家に対する復讐。
その延長線上に革命があったのでは、と私は思いました。
これは映画を観ただけでの感想なので、原作を読んでいらっしゃる方とは捉え方が違っているかと思います。
原作を読んでいたら、全く別の感想を抱いていたと思います。
イヴィーに抱く愛情は、私的にはいらなかった。
イヴィーというキャラクターに、何の魅力も感じなかった所為だと思う。
何で魅力を感じなかったのか、その理由もはっきりとは解らないのですが・・・。
彼女が坊主になる、という事の意味は解ります。
女性が髪を切られる、というのは一種の暴力です。
ましてや丸坊主なんて、屈辱以外の何者でもない。
まぁ、ファッションとして坊主にしている女性もいらっしゃいますが、それとは全く別物です。
ただ、何故その後も髪が伸びなかったのかは解りません(笑)
これは「復讐心に駆られるあまりテロリズムに走った孤独な男」の話だと、私は理解したんですが、どうでしょう?

しかし、ヒューゴ・ウィーピングの演技は流石だった。
コミカルな仕草や言動の裏にある憎しみや悲しみを、仮面を付けたまま見事に表現しきっていた。
声と仕草だけであれだけ見せるとは、本当に凄い!
逆にナタリー・ポートマンの演技には、何ら感じるところがなかった。
やっぱり、イヴィーのキャラクターに魅力を感じなかったからだろうか。
嫌いじゃないんだけどなぁ。
そして、私にとっては何とも懐かしい顔が!
警視役のスティーブン・レイ!
うわ〜久しぶり〜!年取ったなぁ!
「クライング・ゲーム」で見たとき、結構気になってたんだよねぇ。
検索してみたら、結構色んな作品に出演しているらしいので、これからチェック入れていく予定です。
それにジョン・ハートおじさま!
意外なのに出てるモンですね。
ちょっと嬉しくなってしまいました。

評価としては「とても面白かった」。
ガイ・フォークス・デイの予備知識は、あるに越したことはないが、無くても普通に楽しめます。

最後に一言。
特典で「スーパーナチュラル」の第一話が入っています。
ちょっと面白そうでした。
観てみようかなぁ・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ああナタリー

投稿日:2006/09/26 レビュアー:靖王

ヒロインが,我が経典「LEON」のヒロイン・ナタリー=ポートマンで,びっくりしました。ずいぶん大人になったものだな,と思わず感動しました。内容としては,Vの「復讐」と「革命」が今ひとつつながらない気がしてアンバランスな感じがしたけれども,テンポそして迫力のある映像が続き,見ていて気持ちの良い映画でした。
V(ヒューゴ・ウィービング)の素顔は映画の設定上焼け爛れているというせいか,一度も見られなかったけれども,彼はどんな顔・表情で演技をしたのだろう。そう考えながら見ると,また違った見方の楽しみがありますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そして最後に音楽が流れネタバレ

投稿日:2006/09/24 レビュアー:cha

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

神出鬼没、謎の男V
その正体は、、、という部分に注目するだけでなく。
映画の中のせりふの言い回し一つをとっても美しい。
そしてなにより、Vが最後の復讐を果たすべくその前にドミノで描く自分のサイン。
 それが、最後の群衆がマスクを前から順にはずしてまるでドミノ倒しのようにつぎつぎと、、、このシーンとかぶせるようになっているんですね。
 全体的にダーク、しかしその中に美しさがある。
Vが刀を操り、その軌跡がまるでダンスを踊るよう。そうまるでイヴィーとの初めてのそして最後のダンスのように。
 難しい解釈を考えながらみるより、映像の取り方、見せ方をシンプルに楽しんだ方がいいでしょう。Vの正体探しなんておもってみるとたのしめませんよ。
 ぜひ!美しさを共有しましょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ