インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 9人 7人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
46枚 10人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全126件

ティム・ロスが・・・ネタバレ

投稿日:2009/06/02 レビュアー:sachi♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

軍人でエリートって・・・!?(−0−;)
そんな風に見えない。全然、見えない。
ティム・ロス、良い役者さんだと思うけど
今回の役には合ってないと思った。(汗)
ハルク役のノートンは、あの顔に悲壮感が出ていて
すごく良かったと思う。
リブ・タイラーのちょっと強気な感じもGood!
最後は、ド派手にやりまくっていましたねー。(^^;)
ノートン主演じゃなかったら見過ごしちゃってたかもですが
そこそこ観れました♪

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アレ、気持ち悪いほど思うツボ(ソフトバンク風)“待機作急増中”

投稿日:2009/06/02 レビュアー:ケイ

あ、ども、みなさん、毎度お世話になります。こんにちは。お久しぶりです。あっという間に3日間以上も経ってしまいましたね(苦笑)。こちらは早いもので、外は青葉の美しい季節となり“夏”ももうすぐ。なんだか気持ちの良い天気って、すぐに過ぎてしまいますよね〜。とはいっても、ま、桜とか花より○○○の私、もちろんレビューは引き続き頑張っていきたいと思います。暖かくなったり寒くなったり、季節の変わり目は体調を崩しやすい時。体にも十分気をつけて元気にレビューを続けていきたいですね。未だに社会情勢厳しく予断を許しませんが、気を引き締めて頑張りたいと思います。はい。さて、今回ピックアップ&ご紹介するレビューはこちら↓↓↓ どうぞスタート!GOGOGO!!!・・・
○お知らせ○ レビュー紹介より先に前もって連絡しておきますが、まだその作品を観ていない人の楽しみを損なう恐れのある内容がこちらのレビューに含まれているかもしれませんのでご注意くださいませませ。また、その点をご了承くだされば幸いでございます。。。www・・・【ネタバレ関連詳細注意度・・・88%(完璧ネタバレ100%に比較)】
相変わらずこれも原作を読んでいませんが、2003年の映画を観ていたので、冒頭からの端折ったような展開は抵抗無く観ていられました。こういうコミックが原作のストーリーは、発想と遊び心が好きですね。おおっと驚くような全く先が読めないアイデアがいっぱいで、熱狂的なファンが多いコミックを原作に使おうと思う映画界の気持ちもよく分かります。観賞したのは随分前だったので、忘れないうちにレビューしようと思い、今更の感想ですが、まあ、オリジナルというか、コミックが原作という程度しか知らない私でも、十分楽しめました。知ってる人はもちろんね。要するに、コミック原作を知らない人でもしっかり楽しめると思いますよ。たぶん。次回作、決まっているんでしょうかね。流れ的にこの先に繋がっていくような終わり方だったのですが・・・?最近コミック原作の映画が目白押しのようですが、これから先どっちもどっちのような作品ばかりになるのか、今の10倍位うなる作品が公開されるのか、期待と多少の不安を持って、楽しみにしています。うふふ。まとめ@「No.1」ポイント→ノートンもリブもめっちゃ久しぶりに見た気がする。年とってもかわらないわねぇ〜、2人とも。ストーリーの重力感を、ノートンの軽〜い感じの名演技とリブの華やかな存在感で、重いなぁ〜と思わせずに釘付けにさせる秀逸品。主人公だけでなく、そこに絡むヒロイン、どちらも大事。娘の思惑より制裁を良しとする親を見切った娘のリアルな喪失感、親より愛する男を選んで親に背を向けた娘への喪失感、親の期待する娘がずっと一緒にいてくれるなどという夢見る父の夢の消滅、夢見る乙女でいてほしかった娘が実は身内をも敵にする冷酷な心を持つと悟る親の悲哀。この奥行きのあるトリプルパワーが、熱狂的なファンじゃなくても、何度も観に行く気になる映画に創りあげたのかもしれません。たぶん。私も、3回、4回と再見して、充分堪能しましたから。また、人間関係だけでなく、結構ユーモラスなシーンも多く、ロケ地となるいろいろな場所の景色も綺麗で全体的にテンポも良い。まあ、なにより高支持を保ち続けているノートンの演技力はチョーおすすめ。A「ゼロ」ポイント→人としての枠を越えてしまったブルースの心が氷解したのは、多くある持ち駒や制裁ではなく恋人のまともな心だった。そういう本来有るべき人と人とのあり方を虚構の世界では描くことが出来ても、現実では結局制裁に偏ってしまう哀れな人間のリアルを痛々しく感じましたね。B「その他の連絡(一言、間違っちゃった、などなど)」ポイント→本気で怒ると怪物に変化するというより、心拍数が上がると。だから例えば、雷が落ちるだけでも怪物になっちゃうって感じ。笑。(因みにすぐ近くにいるけど、すぐ本気で怒るヤツにかぎって人には本気で怒るなと非難する。きっとしょっちゅう映画からそのまま出た(笑)緑色の巨大な怪物になってそうだな。誰とは言わないけど(笑)。・・・ということでいかがでしたでしょうか。気になる皆様はぜひチェック!!!どうぞお見逃しなく。最近ヒーロー&SF系が続いたので、「めがね」のようなまったり系邦画でも観賞しようかなぁ。。。さて、最近、巷は新型インフルエンザとか不況や裁判員制度、北朝鮮の核・ミサイル問題という小難しい話題が多い中、アカデミー賞ダブル受賞という話題に振り回されて、興味がなかった人まで劇場で邦画観賞なんてことになっている今日この頃、上質の作品をこれからも創り続けてほしいものだと心より願っています。楽しみにしています。頑張れ。
失礼ですが、以下、コメント内容↓↓↓に続きます・・・


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒーローが活躍する映画は大好きです!!

投稿日:2009/05/31 レビュアー:mikitty.

ブルースはハルクになりたくてなったんじゃない。実験中の事故で怒りの感情が高ぶり心拍数が200を超えると変身してしまう体質になったのです。恋人ベティのそばを離れ放浪の旅に出る、そしてブラジルに落ち着くところからこの物語は始まります。しかし、特典で、もう1つのオープニングが撮られていました。ヒマラヤでしょうか、真っ白な雪景色のなかを走る1台のタンクローリー、途中、車から降り黙々と山頂に向かって歩く1人の男。防寒着を脱ぎ捨て・・銃を取り出す。と同時にハルクに変身してしまった。。絶望感を感じ、死のうと思っても死ぬことが出来ないブルースに観客は惹き付けられます。このオープニング好きです。全体的なストーリーとして、ヒーローは強くてやさしくて絶対に悪者に勝つと言うのがいいですね。そして、悲しい過去があり同情を誘う。恋人の存在も重要で、恋愛が絡むと女性も興味を示すのでいいと思います。とても楽しめました。次回作も有りそうなので期待したいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

半ズボン

投稿日:2009/05/09 レビュアー:gold

怪物が半ズボンで大暴れする痛快娯楽。妙にリアルではある。年を食ってしまった感のあるヒクソングレイシーも合気道マスターとして猛烈にCM以下なみの短時間で登場。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハルク

投稿日:2009/05/07 レビュアー:ako

前作を見ないで見たけど、前作を見なくても見れると思う。私的には好きなジャンルじゃないので何とも言えないが、つまんないことはないかな☆

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全126件

インクレディブル・ハルク