1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. 最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方の画像・ジャケット写真

最高の人生の見つけ方 / ジャック・ニコルソン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

472

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「最高の人生の見つけ方」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人の共演で贈るハートフル・ストーリー。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが…。

「最高の人生の見つけ方」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

THE BUCKET LIST

「最高の人生の見つけ方」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラブ・アペタイザー

カムバック・トゥ・ハリウッド!!

マイアミ・ホット・リゾート

ベティ・サイズモア

ユーザーレビュー:472件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全472件

生きるテーマ ネタバレ

投稿日:2008/12/04 レビュアー:詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

余命6ヶ月を宣告された初老の2人 エドワード(ジャック・ニコルソン)とカーター(モーガン・フリーマン)が 死ぬ前に 人生を楽しもうじゃないか!!!リストをつくって 旅をするというユーモアと切なさが入り混じったヒューマン映画。

「あなたの命が 後半年です。」と宣告されたら 何をしたいですか?
入院して延命治療を施され 病院のベッドで最後を迎えるか 家族の元に帰るか ホスピスで過ごすか・・・・・。

これは 映画だからこそかもしれませんが 彼らの行動には 拍手を送りたい!
勿論 エドワードが桁の外れた大富豪で やりたい放題なわけですが 不思議と嫌な感じ(嫌味っぽくならない)を受けないのが この映画のいいところですね〜。

生まれも育った環境も性格も価値観も全く違う 見ず知らずの他人だった エドワードとカーターが たまたま同じ病室だった事から始まった 2人の友情も お互いが残り僅かの命だというキッカケから 世界各国を旅して友情を育んでいくのですが 何故か 説得力があるのは やはり ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの成せる技でしょう!
そして 演出も本も魅力的です。

権力もお金もあって 不自由のないエドワードが 夢をあきらめ家族の為につくし細々と慎ましく暮らしていたカーターよりも 孤独だったりとか・・・。あぁ そうか〜・・・なんて・・・。 

何しろ この老人2人がとーーーーっても チャーミングで ステキなんですよ♪♪♪子供がえり?したように はしゃぎまくる2人が 可愛くておかしくて 死を宣告された人とは思えない明るさ!故に 切なかったりする。
カーターが死ぬ前に 2人で大笑いをするシーンは とても印象的すね。凄く好きなシーンです。泣けましたね・・・。悲しいシーンで泣けるのは当たり前だけど 幸せそうなシーンで泣けるって スゴイなと思う!

役のキャラ的な事もあると思いますが ジャック・ニコルソンは やっぱり 巧い!!!今回も唸らされました。
彼は 人間臭さ抜群ですね! 狂気を演じるイメージが強い役者さんですが 私はリアルな人間のジャック・ニコルソンの方が好きです。とにかく 引き出しの多いステキな役者さんです。

「人生を楽しめ!」

これは 人生のテーマですね・・・・。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

後味の爽やかさが残る佳作

投稿日:2008/11/21 レビュアー:哲郎

映画のなかでの大人どうしの真面目な会話はやや退屈なものだが、そこはさすがに名優二人、じっくりと聞き入ってしまう味がある。
ストーリーとしてはありがちなアイデアではあるが、湿っぽくならずに後味の爽やかさが残る佳作といえる。
グローバルなロケーションもすばらしいが、なんといってもJ・ニコルソンとM・フリーマンの名優二人の存在感がすべてといった作品。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

いったい

投稿日:2008/11/07 レビュアー:エロエロ大魔神

スタンド・バイ・ミーのパクり続編で明るい老後て感じにか思えない!まったく生気が感じられない!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

病気になったら 笑いとばそう

投稿日:2008/11/05 レビュアー:makochan

年齢を重ねるにつれ 切実に「来たるべき死」を考える機会が増えてきたようだ
歯医者で天井を見つめるにつけ これが病院だったなら、、、などと考えてしまう
”痛みさえ無ければいいんだけど〜”
元気でいることは 今までは何とかできたけれど これからはどうだろう!?
いきなり「あと半年の寿命です」なんてことにでもなったら、、、
お金をかければ叶う夢はありそうだ
でも その後で やっぱり違うよって気付くのかもしれない
思いっきり 悪あがきして それから笑いとばして スカッとしたら 静かに最期を迎えられるのかしら 
人生に思い遺すことなし なんて状況にはなかなかなれそうもない気がするけど
この二人みたいな「チャレンジ精神」と その結果育まれた「友情」は 兎にも角にも素敵だと思う
人間 死ぬとわかったら 何かをせずにはいられないのかもしれない
私 告知をしてほしいし 延命治療はノーサンキュウで 遺灰は山か海に蒔いてほしいと 常々言ってるけど 蒔いてもいい場所をまだ探していない、、、

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

親友はいつできるかわからない。

投稿日:2008/11/03 レビュアー:靖王

なかなかよく練られた作品です。
ジャックとモーガンのおしゃべりが非常にセンス良く,小気味良いです。これは,とても演技とは思えません。
次の世でも仲良くやっているんだろうなあ。
お墓,100点。
回想すればするほど味が出てくる作品だと思います。

サービスシーン,暴力シーンありません。お子様もごらんになれます。

私的評価:★★★☆☆(3点)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 40件 / 全472件

最高の人生の見つけ方

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:472件

生きるテーマ

投稿日

2008/12/04

レビュアー

詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

余命6ヶ月を宣告された初老の2人 エドワード(ジャック・ニコルソン)とカーター(モーガン・フリーマン)が 死ぬ前に 人生を楽しもうじゃないか!!!リストをつくって 旅をするというユーモアと切なさが入り混じったヒューマン映画。

「あなたの命が 後半年です。」と宣告されたら 何をしたいですか?
入院して延命治療を施され 病院のベッドで最後を迎えるか 家族の元に帰るか ホスピスで過ごすか・・・・・。

これは 映画だからこそかもしれませんが 彼らの行動には 拍手を送りたい!
勿論 エドワードが桁の外れた大富豪で やりたい放題なわけですが 不思議と嫌な感じ(嫌味っぽくならない)を受けないのが この映画のいいところですね〜。

生まれも育った環境も性格も価値観も全く違う 見ず知らずの他人だった エドワードとカーターが たまたま同じ病室だった事から始まった 2人の友情も お互いが残り僅かの命だというキッカケから 世界各国を旅して友情を育んでいくのですが 何故か 説得力があるのは やはり ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの成せる技でしょう!
そして 演出も本も魅力的です。

権力もお金もあって 不自由のないエドワードが 夢をあきらめ家族の為につくし細々と慎ましく暮らしていたカーターよりも 孤独だったりとか・・・。あぁ そうか〜・・・なんて・・・。 

何しろ この老人2人がとーーーーっても チャーミングで ステキなんですよ♪♪♪子供がえり?したように はしゃぎまくる2人が 可愛くておかしくて 死を宣告された人とは思えない明るさ!故に 切なかったりする。
カーターが死ぬ前に 2人で大笑いをするシーンは とても印象的すね。凄く好きなシーンです。泣けましたね・・・。悲しいシーンで泣けるのは当たり前だけど 幸せそうなシーンで泣けるって スゴイなと思う!

役のキャラ的な事もあると思いますが ジャック・ニコルソンは やっぱり 巧い!!!今回も唸らされました。
彼は 人間臭さ抜群ですね! 狂気を演じるイメージが強い役者さんですが 私はリアルな人間のジャック・ニコルソンの方が好きです。とにかく 引き出しの多いステキな役者さんです。

「人生を楽しめ!」

これは 人生のテーマですね・・・・。

後味の爽やかさが残る佳作

投稿日

2008/11/21

レビュアー

哲郎

映画のなかでの大人どうしの真面目な会話はやや退屈なものだが、そこはさすがに名優二人、じっくりと聞き入ってしまう味がある。
ストーリーとしてはありがちなアイデアではあるが、湿っぽくならずに後味の爽やかさが残る佳作といえる。
グローバルなロケーションもすばらしいが、なんといってもJ・ニコルソンとM・フリーマンの名優二人の存在感がすべてといった作品。

いったい

投稿日

2008/11/07

レビュアー

エロエロ大魔神

スタンド・バイ・ミーのパクり続編で明るい老後て感じにか思えない!まったく生気が感じられない!

病気になったら 笑いとばそう

投稿日

2008/11/05

レビュアー

makochan

年齢を重ねるにつれ 切実に「来たるべき死」を考える機会が増えてきたようだ
歯医者で天井を見つめるにつけ これが病院だったなら、、、などと考えてしまう
”痛みさえ無ければいいんだけど〜”
元気でいることは 今までは何とかできたけれど これからはどうだろう!?
いきなり「あと半年の寿命です」なんてことにでもなったら、、、
お金をかければ叶う夢はありそうだ
でも その後で やっぱり違うよって気付くのかもしれない
思いっきり 悪あがきして それから笑いとばして スカッとしたら 静かに最期を迎えられるのかしら 
人生に思い遺すことなし なんて状況にはなかなかなれそうもない気がするけど
この二人みたいな「チャレンジ精神」と その結果育まれた「友情」は 兎にも角にも素敵だと思う
人間 死ぬとわかったら 何かをせずにはいられないのかもしれない
私 告知をしてほしいし 延命治療はノーサンキュウで 遺灰は山か海に蒔いてほしいと 常々言ってるけど 蒔いてもいい場所をまだ探していない、、、

親友はいつできるかわからない。

投稿日

2008/11/03

レビュアー

靖王

なかなかよく練られた作品です。
ジャックとモーガンのおしゃべりが非常にセンス良く,小気味良いです。これは,とても演技とは思えません。
次の世でも仲良くやっているんだろうなあ。
お墓,100点。
回想すればするほど味が出てくる作品だと思います。

サービスシーン,暴力シーンありません。お子様もごらんになれます。

私的評価:★★★☆☆(3点)

36〜 40件 / 全472件