007/カジノロワイヤル

007/カジノロワイヤルの画像・ジャケット写真
007/カジノロワイヤル / ダニエル・クレイグ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

357

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「007/カジノロワイヤル」 の解説・あらすじ・ストーリー

代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。

「007/カジノロワイヤル」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: CASINO ROYALE

「007/カジノロワイヤル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

007/カジノ・ロワイヤルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD43508 2007年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
133枚 2人 3人

【Blu-ray】007 カジノ・ロワイヤル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR43508*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:357件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全357件

笑顔がかわいいジェームズ・ボンドネタバレ

投稿日:2007/05/26 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 料金高目ですが待ちきれずに店舗で借りました。鑑賞後の気分はとても高揚して満足です。十分モトは取れた気分で、評価は☆4.5です。

 冒頭のモノクロームのエピソードには「あれっ、失敗したかな?」とか思いましたが、お約束の流血のバレルが崩れたあとに現れたカラフルなオープニングタイトルと主題歌のお洒落なことったら、もぅたまりませんなぁ〜っ!
 鑑賞開始から5分も経たず現れたこの粋なイキなCGデザインと音楽にヤラレてしまった!と思ったとたんに、続いては「アンタはスパイダーマンか?」と訊きたくなるような Sebastien Foucanと繰り広げる 地上→高所→地上 の追いかけっこが出現。手にタマ、いや、アセ握るスピード感とスリルに溢れるシーンによって、肉体派新ボンドのイメージも強烈に頭に刷り込まれました。

 タイトルにもなっているカジノのシーン以降も緩めるところと締めるところが気持ちよく織り交ぜられており、僕はそんなにダレル気はしませんでした。ボンドの拷問シーンにも驚かされましたしね。僕ならあれ、一発目で耳から血を流して死んじゃいそうな気がします…っていうか、もう「お願い、一発目で死なせてっ」って感じ。あそこで笑えるボンド君は凄い!本当にゴールドでできているのだろうか?と思ってしまうくらいだ。

 加速をつけてもらった冒頭の乗りそのままに2時間半ほどをぐいぐい引っ張ってもらい、気が付いたらエンドクレジットの007のテーマミュージックに体を揺らしていたという具合で、この「あっという間」感覚は満足の証でしょう。

 あと、本作の新ボンドもボンドガールも笑顔がとてもキュートだったのも印象に残りました。4/27のT♪様のレビューの例えに納得。先日とんねるずの「食わず嫌い…」で観た玉木宏さんの笑ったときの眉毛と目のタレ具合に、新ボンド様のそれもとてもよく似ておりました。二人とも笑ったときの八の字眉がチャーミングですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新ボンド君、なかなか良いボディーしていましたねネタバレ

投稿日:2007/05/25 レビュアー:オタエドン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

007超オタクなMasamuneさんのこれまたすばらしく詳細なるレビューの後には簡潔に。他多数の皆さんのレビューも思い入れがいっぱいです。マンネリからの脱却という記念すべき21作目。最初は、え〜ミスキャストじゃ〜ないかい?何て思っていましたが、蓋開くとすばらしく良い評判ばかりを耳にして、そうなのかな〜〜??と半信半疑でした。

こうしてDVDになって鑑賞して納得かな?色々突込みたい部分は多々ありましたが、前半のヤマカシ君の活躍には度肝を抜かれました。すばらし過ぎ。もう、人間技ではありません。
中盤のカジノシーンは私にもちと助長に感じられました。極めの拷問シーンは、初めて目にする攻め技。普通アレやられると、再起不能間違いなしでしょう。よっぽど鍛えてるんだと、妙に感心。

来年公開の次回作への布石としても鑑賞必見ではないでしょうか?と。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新たなる系譜〜新生007始動!!!

投稿日:2007/04/28 レビュアー:aiai

あの伝統の007シリーズが、まさか、まさかのリニューアル!
本作カジノ・ロワイヤル、それは007誕生秘話という、007シリーズの原点という位置づけをまといながら、明らかにこれまでの007シリーズとは大きくその様相を変えた作品に仕上がった。
制作サイドも、我々ファンも、たぶん、同じ考えをもっているだろう。
それは、

「これこそが本当の007だ!!」

と。
さっそく、従来の007と新生007を比較してみよう。

☆熱血だぜ!007
従来の007:状況を客観的に判断しクールに対応するボンド
新たな007:頭にかっと血が上るとなんでもしでかす、やっかいな奴。親近感あるある(笑)

☆うぶだぜ!007
従来の007:女とのつきあいもお仕事のうち。恋の駆け引きお楽しみ
新たな007:真剣に彼女に恋をし、当局に辞表まで出すしまつ。仕事より女を取る

☆何でも飲むぜ!007
従来の007:定番ドライマティーニ
新たな007:定まらず。
初めて居酒屋に入った新入生のように、いろいろな種類を試す(笑)

☆血だらけだぜ!007
従来の007:ほとんど怪我無し。いつなんどきでもスタイリッシュ。
新たな007:怪我しまくり。顔と体傷だらけ。痛そう。

☆泣けるぜ!007
従来の007:すかっとさわやか、涙とは無縁のダンディ
新たな007:泣ける。
特にシャワールームで震える女性の隣に座ってシャワーに打たれるボンドは、昔の自分を見てるようで泣けた。男の優しさがにじみでる。このシーンを観てて、007シリーズ初めて涙がじんわり出た。

もうとにかく、従来の007とはほぼ一線を画すようなキャラクター設定であるし、もがきながら仕事を通して成長する青春ストーリともいえる。

カジノで敵とポーカーをやるシーンがあって、これがかなり長いのだが、ぜんぜんだれることがない。従来作品でも007がカジノをやるシーンは何作かあったと思うが、こんなに緊張感を持ったシーンはなかった。

今回のボンドガールの設定は、従来にあるナイスバディで気の強い女という単純なものではなく、物語にしっかりくい込んだ、別の意味で”見せるボンドガール”だった。

単純なハデさではなく(もちろんハデだけど)、しっかりと身のあるハデさというか、真の見せるスパイ物語として成功していると思います。

こうなると、後は従来の007シリーズをすべて、そうすべて!ダニエル・クレイグでリメークしてほしい!
手始めに「ロシオより愛をこめて」なんかどうでしょう?ぴぐぽぐさん?(笑)

ダニエル・クレイグファンのぴぐぽぐさんと、ダニエル・クレイグに似てると言われたい(笑)aiaiからのおすすめです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カジノってイマイチわからないな、と思いました。

投稿日:2007/04/27 レビュアー:KEE

ボンドが、00(ダブルオー)になるチョット前から、なってからのお話。

当然ながら、ボンドの若い頃の話なんだけど、設定は現代。

007ファンとしては必見なんだけど、 Daniel Craig大丈夫??
って感じだったが、いざ、映画が公開されると、大絶賛。
非常に評判がよろしい。。。ということで期待しましたよ〜。


何故、007のキャラクターが出来上がったか??というお話なんだよね。
だから、今までの007とはまず、キャラも違う。

見所満載!!!

まず、オープニング。これはいつも、妖し〜〜〜い感じで大好きなんだけど、今回お洒落でカワイイ感じになっている。
しかし、主題歌、chris cornellの”you know my name ”が、今回のボンドの骨太さを感じさせる、いつものテーマとは全然ちがう感じなのだ。
ちなみに、chris cornellはとても、かっこいいので、私はオープニングに出てきて歌って欲しかったよ。

そして、ダニエル・ボンドが、敵とドタバタ闘うのだ。
まさに、ドタバタ。ここも、いつもと違う感じ。それはそれで、あり。

そのあと、爆弾男、 Mollaka をボンドが、追いかけるのだが、 Mollaka を演じた Sebastien Foucan。
とにかくスゴイ!!!
走って飛んで登って転がって、スゴイ華麗なのよ。
彼が主演のほうがいいのでは??と思うくらい。
ボンドが頑張って追いかけるが、ドタン、バタン、ゴロゴロ、、、って感じで、ちょっと痛々しいのがリアル。

Sebastien Foucanは、パルクール(ただひたすらに走って跳んで登って転がるスポーツ。フランス発祥のストリートスポーツ)の考案者のひとりなんだって。

今回映画初出演だけど、今後が楽しみ。

とはいえ、ダニエル・ボンドはなかなかかっこいいです。
身体が”おおっっ”というくらい美しいし、知的で、お洒落。
にじみ出るジェントルマンさに、クラクラきます。ハンサムだし。

しかも、若きボンドなので、感情があってなかなかよい。
M( Judi Dench)との掛け合いも笑える。。。

今回、ボンド・ガールは2名なのかな。
イタリア女優、 Caterina Murino 。彼女は、ちょっとしか出てこなくて、結構熟女??って感じなんだけど、ボンド・ガールっぽいゴージャス感があります。

で、運命の女、 Vesperを演じるのは、フランスきっての若手女優Eva Green。
ハリウッドでも大人気であります。
キレイなんだけど、ワタシ的にはボンドガールには、おお!!!というようなゴージャス・ボディを求めてしまうのね。
だから、う〜んって感じだったな。
しかも、ヨーロッパの美女って化粧しないほうがかわいいよね。
あの、厚化粧はなんだ??と思ってしまいました。
それでも重要な役を繊細に演じています。お見事です。

名優 Jeffrey Wrightとか出てるんだけど、結構、どうでもいい扱いで、彼でなくても全然OK.

で、悪役Le Chiffre を意外なところでMads Mikkelsen が。
「しあわせな孤独」のとき、ちょっとかっこいい!!とか思ってたんだけど、今回、血の涙を流す不気味くんです。

あげるとキリがないんだけど、要は、ストーリーに納得いかないとこは多々あっても、ダニエルはよかった。続編もみたい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

甘さのない辛口のジェームズ・ボンド

投稿日:2016/06/12 レビュアー:hinakksk

 私にとってジェームズ・ボンドは、あくまでもショーン・コネリーで、彼以降の007は1度も観たことなし。ところが、夫と一緒に何気なく見始めたら、渋いダニエル・クレイグのあまりの格好良さに目が離せなくなってしまった。当然といえば当然だが、レビューの多さにもまたびっくり。

 ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、所作にまったく隙がなく、洗練された鮮やかな身のこなし、人物は知性と深みを感じさせて、しかも極めて上品かつスマート。タキシードがこのうえなく似合うという意外性。心身ともにシェイプされて、無駄というものが全然ない。複雑なピリッとした辛口のマティーニ。

 切れ味鋭いスピーディなアクション。変な小道具など登場せず、シンプルなのもいい。
 愁いをふくんだ謎めいた美女。
 ドキドキ感、わくわく感を刺激する効果的な音楽。
 風光明媚な景色とヨーロッパの歴史ある街並み。
 無駄をそぎ落とし緩急をつけた、重層的で緊迫感溢れる展開。ただ、本気の恋の場面を除いて、ムダがなさすぎて、観ていて少々疲れるのが難点といえば難点。

 007のすべてが詰まっているかのような、テーマ曲はほんとうに名曲。今さらのように実感。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全357件

007/カジノロワイヤル