ディパーテッド

ディパーテッドの画像・ジャケット写真
ディパーテッド / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

375

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ディパーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」を、レオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演、マーティン・スコセッシ監督で豪華にリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。警察学校を優秀な成績で卒業したビリーとコリン。やがてビリーは、マフィアへの潜入捜査を命じられる。一方のコリンは、マフィア撲滅の特別捜査班に抜擢されるが、その正体はマフィアのボスに育てられたスパイだった…。

「ディパーテッド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE DEPARTED
受賞記録: 2006年 アカデミー賞 作品賞
2006年 ゴールデン・グローブ 監督賞
2006年 NY批評家協会賞 監督賞

「ディパーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ディパーテッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73674 2007年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 7人 3人

【Blu-ray】 ディパーテッド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY11729*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:375件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全375件

特濃

投稿日:2011/04/02 レビュアー:ビンス

劇場公開時以来の再鑑賞。
今、思い返してみると、初鑑賞時は元の作品である「インファナル〜」と無意識に比べてしまい、フラットな判断が出来なかったように思えます。
時を経て観てみると、やっぱり面白い。
捻りも効いていて、どちらが上というよりは「どちらも面白い」が正解。
あっちにはあっちの良さがあり。
リメイクにはリメイクの良さがある。
時間の長さをあまり感じさせないぐらいドラマが濃い。
ウスターソースとか。
中濃とかの話じゃないです。
特濃ですね。
スコセッシ監督とディカプリオの蜜月コンビの数作目のタッグ。
街の顔フランコにジャック・ニコルソン。
貫禄と余裕。
迂闊に懐に飛びこむことのできないようなオーラを発散しまくっています。
存在感たっぷりの流石のドッシリ感。
ドッシリしてるようでいて、フットワークは軽そう。
予想の一歩先、自分の常識の一歩先を歩いているような恐怖。
そして誰も知らない彼の裏の顔。
こういう役をジャックが演じたら、画に肉厚さが増します。
そして潜入捜査を命じられる刑事にディカプリオ。
何度も言いますが、ディカプリオは「苦悩するさま」が良く似合う。
年齢を重ね、演技にも厚みが増してきています。
イケメンというカッコ良さじゃない。
男として醸し出すものがカッコいい男前です。
きっと、誰もがディカプリオに感情移入して観ることだろうと思います。
そしてそれ故に、この映画から感じる思いも後を引くのです。
そしてディカプリオに対する、警察に潜入したマフィアの男にマット・ディモン。
いよ!マット!
庶民代表!!
マットにはディカプリオとかジャックから発せられる「スターのオーラ」を感じません。
そういうオーラが全くない。
でも存在感はたっぷりだ。
アメリカのジミーちゃんは凄いんだ。
アメリカのジミーちゃん「も」凄いんだ。
故にどんな色にもスンナリと染まって、ちゃんと期待以上の仕事してくれる。
スターが演じている誰それって感じじゃないんですね。
そういう人って思えるんです。
それが最大の魅力だと思う。
脇を固めるマーティン・シーンやマーク・ウォルバーグもステキです。
特に、汚いワード連発で画面に登場しては荒らしまくるマークがイイ。
Fワードの雨あられです。

死がドラマティックではなく、そこにある日常として、淡々と提示される。
死の間際のセリフ。
イイこと言って死にたいぜ・・・
なんてことの通用しない日常が目の前に。

音楽もステキです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あいつは何故あいつを殺したのか?

投稿日:2010/11/05 レビュアー:飛べない魔女

あいつはあいつであいつを殺し、でもってラストにあいつが殺して、はい、おしまい・・・ああ、正直ドキドキしすぎてとっても疲れた〜。
何で最後にあいつがあいつを殺したのか私にはよう判らんし。
ネズミ取り合戦はスリリングだったけど、ラストスパートが早すぎてあっけにとられた感じ。
これこそがマーティン・スコセッシ監督の意図するところだったのか?
観衆をあっけにとらせる・・え?これでおしまい?・・みたいな?
本家本元の方は観たことがないので、あちらもこんな感じなのかしら?

それにしても、ディカプリオとマット・デイモンって双子のようじゃなかった?
顔はぜんぜん似てないけど、背かっこうとか雰囲気とか、この二人よく似ているのよね〜。

面白かったけど、なんか疲れちゃったので★3つぐらいにしておこう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったですネタバレ

投稿日:2009/11/22 レビュアー:そよち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

マフィアのボス・コステロ役のジャック・ニコルソンが濃いですw
そして今回の配役、マットデイモンは見事にハマり役です。
そのずるがしこさ、素ですか?っていうくらいw
観るまではマット派だった私も、観終わったらディカプリオ派に
なってましたw
ディカプリオが女医に渡した封筒の中身が気になる。
なぜあれは最後までわからないんでしょうか?
私おバカなんでその辺の意図がさっぱり?だわ^^;
ラストもみんなバンバン頭打ちぬかれてwよかったですw
ディカプリオの危険な潜入捜査にドキドキして楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

久々におもしろい映画ネタバレ

投稿日:2009/02/23 レビュアー:hitomi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あたしはこの映画の原作「インファナル・アフェア」を観たことがないので、どうかと言われてもわかりません。
でも、この「ディパーテッド」という作品自体は久々におもしろい映画だなぁ〜。と思いました。
しかし、潜入捜査官のディカプリオと警察に潜入したマフィアのマット・デイモンの役って逆の様な気もしなくもない。。。
それにしてもこんなに重要人物(主役を含めた)が殺されてしまう映画って、、、やっぱ元が香港映画だから???

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ぜひ原作も見てくださいネタバレ

投稿日:2008/02/19 レビュアー:双子ママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは原作を見ている人と見ていない人とでは感想が違ってくるのではないでしょうか?


原作の「インファナル・アフェア」3部作を見た後、この作品を見ると、こうも香港映画とハリウッド映画とは違うのだと思い知らされます。

どちらが良い悪いではなく、その違いが面白かったです。

「ディパーテッド」を見始めてから、中盤までは、正直あまり面白いとは思えず、
隣で見ている主人に話しかけたいのをこらえ、(主人は原作を見ていないので、私が横でぶつぶつ言うと怒りそうだ。。。)
「これは『インファナル・アフェア』の方が上だな」と思っていたのですが。。。

さすがはスコセッシ監督で、途中あたりから目が離せなくなり、見終わった後、唖然としました。
「ここを変えたんだ!」ということに!!

題名がすべてを表しています。
「インファナル・アフェア」では絶え間なく続く地獄のような苦しみ。抜け出したくても抜け出せない人間たちの悲しさを描いていたのに対し、
「ディパーテッド」では「死者たち」。
まったく違います。苦しみは終わるのですから。
死ねばすべて終わりだとも、すべて一緒だともとれるし、因果応報とも勧善懲悪ともとれる。

言えるのはどちらも救いはない。
希望のなさが心をうつのです。

ジャック・ニコルソンが相変わらずの怪演。
ディカプリオが想像以上に良い演技をし、(原作より重きをおかれている)
マット・デイモンはいまいちでした。(原作より悪人として描かれている)

なので原作のトニー・レオンとアンディ・ラウのぴたりとつりあい均整の取れた魅力が面白さのひとつだったので、それがなくなっていたのは残念。

どぢらの作品も余韻は残りますが、余韻の点では「インファナル・アフェア」のほうが上かなあ。
「ディパーテッド」では「そうなのね。悪いことしたら結局だめなのね」ということしか思えないのに対し、
「インファナル・アフェア」のほうは、どんなに願っても叶えられないことがある人間の悲しみをとことん描いて見せてますから。

勿論どちらか一方だけ見てもかまいません。
だけど両方見ると、また違う面白さがあるのでお勧めです。










このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全375件

ディパーテッド