1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. サッド ヴァケイション

サッド ヴァケイション

サッド ヴァケイションの画像・ジャケット写真

サッド ヴァケイション / 浅野忠信

全体の平均評価点:(5点満点)

39

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「サッド ヴァケイション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「レイクサイド マーダーケース」の青山真治監督が、「Helpless」「EUREKA ユリイカ」に続く“北九州サーガ”の集大成として撮り上げた人間ドラマ。北九州の小さな運送会社を舞台に、そこに暮らす男女の人間模様と、偶然の再会を果たした母と息子の愛憎の行方を描く。北九州の港。中国からの密航者を手引きしていた健次は、船内で父を亡くした少年アチュンを自分の家に連れ帰る。そこには、かつて世話を託された友人の妹で知的障害者のユリも一緒に暮らしていた。一方その頃、若戸大橋のたもとにある間宮運送には、かつてバスジャック事件の被害に遭った梢が身を寄せていた…。

「サッド ヴァケイション」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

日本

「サッド ヴァケイション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

リアル〜完全なる首長竜の日〜

LIMIT OF LOVE 海猿

きまぐれロボット

ソラニン

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 39件 / 全39件

この作品だけだと

投稿日:2009/04/23 レビュアー:りん

偏った解釈をしそうな気がした。。。

九州♂♀のSoulはじわじわ出ているも、
余りにも、強烈な事象が多すぎて、
映像からかもし出される人間味の安らぎ得た空気と時の流れとは、
もっと別の次元があるのかなぁ、、、って・・・

でも、それが、なかなか見えなくて、辛かったかも。。。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

おお

投稿日:2008/09/11 レビュアー:マーサ川島

不気味とすら思えるほどの母性。
風景がすげー良い。音楽も多彩じゃないけど良い。
やっぱり映画は音と画が良くなきゃ!
お話も大事だけどさ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

途中までの緊張感はよかったんだけど

投稿日:2008/08/26 レビュアー:BURRN

個人的には無理やりにまとめた感じのラストは好みではなかったなぁ。あとオダギリジョーをもうちょっと話に絡ませてほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

寄る辺なき者たちのサンクチュアリ ネタバレ

投稿日:2008/08/03 レビュアー:ナビ助

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

天涯孤独な主人公がかつて自分を捨てた母親に偶然出くわす。
彼は一番残酷な仕打ちをするために母親の仕事の手伝いを
しながらその機会を窺う。

母親のつれあいの経営する間宮運送は脛に傷のある「わけあり」
が集まるコミュニティー。
そんな彼らに分け隔てなく仕事を世話する姿にとまどいを隠せない
健次。

一見菩薩にも思える母親はどこかイカレテイル。
自分の思いどうりにならなければ、実子さえすぐに見限るし、
誰かがいなくなっても「あの子はあきらめな」の一言で片付けて
しまう。

オープニングの暗いナレーション(音声はなし)と
後半にかけて現れる片腕の男(幻想?)の存在と主人公のシーン
で流れる怪しげな楽器の音色が複雑に絡み合う登場人物との確執
をさらに増長させていく。

主人公は大きな過ちを犯すが、それでも彼には帰るべき「家」が
あった。

剣呑な(不穏な)雰囲気と穏やかなシーンが揺り返しのように
訪れる。腰を据えて見ないとイライラ感ばかりが先に立つ構成。
殺伐としながらも心休まる場所として存在する「間宮運送」
日本における「砂漠のオアシス」の逸話。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 39件 / 全39件

サッド ヴァケイション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:39件

この作品だけだと

投稿日

2009/04/23

レビュアー

りん

偏った解釈をしそうな気がした。。。

九州♂♀のSoulはじわじわ出ているも、
余りにも、強烈な事象が多すぎて、
映像からかもし出される人間味の安らぎ得た空気と時の流れとは、
もっと別の次元があるのかなぁ、、、って・・・

でも、それが、なかなか見えなくて、辛かったかも。。。

おお

投稿日

2008/09/11

レビュアー

マーサ川島

不気味とすら思えるほどの母性。
風景がすげー良い。音楽も多彩じゃないけど良い。
やっぱり映画は音と画が良くなきゃ!
お話も大事だけどさ。

途中までの緊張感はよかったんだけど

投稿日

2008/08/26

レビュアー

BURRN

個人的には無理やりにまとめた感じのラストは好みではなかったなぁ。あとオダギリジョーをもうちょっと話に絡ませてほしかった。

寄る辺なき者たちのサンクチュアリ

投稿日

2008/08/03

レビュアー

ナビ助

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

天涯孤独な主人公がかつて自分を捨てた母親に偶然出くわす。
彼は一番残酷な仕打ちをするために母親の仕事の手伝いを
しながらその機会を窺う。

母親のつれあいの経営する間宮運送は脛に傷のある「わけあり」
が集まるコミュニティー。
そんな彼らに分け隔てなく仕事を世話する姿にとまどいを隠せない
健次。

一見菩薩にも思える母親はどこかイカレテイル。
自分の思いどうりにならなければ、実子さえすぐに見限るし、
誰かがいなくなっても「あの子はあきらめな」の一言で片付けて
しまう。

オープニングの暗いナレーション(音声はなし)と
後半にかけて現れる片腕の男(幻想?)の存在と主人公のシーン
で流れる怪しげな楽器の音色が複雑に絡み合う登場人物との確執
をさらに増長させていく。

主人公は大きな過ちを犯すが、それでも彼には帰るべき「家」が
あった。

剣呑な(不穏な)雰囲気と穏やかなシーンが揺り返しのように
訪れる。腰を据えて見ないとイライラ感ばかりが先に立つ構成。
殺伐としながらも心休まる場所として存在する「間宮運送」
日本における「砂漠のオアシス」の逸話。

36〜 39件 / 全39件