愛の流刑地

愛の流刑地の画像・ジャケット写真

愛の流刑地 / 豊川悦司

全体の平均評価点:(5点満点)

141

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「愛の流刑地」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

 渡辺淳一の同名ベストセラーを映画化した官能ラブ・ストーリー。情事の最中に男が女の首を絞めて殺すという結末を迎えた一組の不倫カップルの愛と死の真相を官能的に綴る。主演は「北の零年」の豊川悦司と「ヴァイブレータ」の寺島しのぶ。ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担当する女性検事・織部美雪は調べを進めるうち、冬香の気持ちに共感を抱き始めている自分に困惑していく…。

「愛の流刑地」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「愛の流刑地」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ

必死剣鳥刺し

キャッチボール屋

悲しい色やねん

ユーザーレビュー:141件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全141件

ソレを知っている女と、知らない女 ネタバレ

投稿日:2007/07/22 レビュアー:ruby

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冬香のように、ここまで女やれれば、本望だな。ここまで、自分の幸せを追求できれば本望だなって。


私はソレを知ってながら、知らない振りをする女で、ソコに導ける男と出会いながら、添い遂げることができなかった女で。


ソレを知らない女や導けない男が見ても、いつもの渡辺淳一ワールドの単なる不道徳な官能映画にしか思えないだろうなー。と考えながら、過去の妄想に悩まされながら観ていた。



「冬香は男の欲望に弄ばれた従順な女でもなんでもなくて、
身勝手な愚かな女だ」



そうやって彼女の生き方を否定しなければ、私が選んだこの人生が虚しくなるじゃないか?





こんな感想を書きながらも、やっぱり過去の妄想に囚われてる自分がいて。あそこでやっぱり冬香のように死んでれば、こんなに苦しまなくても良かったのかと。


こんな感情、やっぱ分からない人には分からない。そうとしか言いようがないから、しょうがない。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

使えなかったら降板させる勇気を。

投稿日:2010/01/20 レビュアー:reset

総合評価:★★★★☆

「なんだ? ひとり、素人がぶち壊しにしているぞ?」と思って、ネットで調べたら、長谷川京子というひとだった。

演技を学んだことがない人に台本を読ませたら、こんな感じになるんだろうなーというサンプル。とにかく「台詞のどこを立てるべきか」すら、まったく分かっていない。そのくせ、意味のないポージングばかりが目に余る。・・・・・あ、やっぱりモデルさんだったのね。(ファンのひと、ごめんなさい)

監督も、撮り始めちゃったとしても、「やべ!キャスティングミスした!」と思ったら、事務所とか制作とかのしがらみに捉われず、柔軟に交代させて、純粋に良いモノを作ることに専念してほしい。

その分、弁護士役の、陣内孝則の演技力の差を見せつける結果になった。

寺島しのぶが、外面的にも内面的にも、現実味がありすぎるほどあって、この映画の主幹になっている。

結婚制度って、あまりに残酷。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

いかにも男が描く世界

投稿日:2009/11/12 レビュアー:ベコニア

愛する人との絶頂のときに死にたい、
納得できる部分はあります。
このストーリーはそれが実現してしまったとき、
法律上どう裁かれるのかということを定義しています。
殺人か嘱託殺人か自殺幇助か。
裁判の仕方次第で結果が変わってくるのが法治国家です。
法学部出身者としては、そこは興味を持って観られました。

登場人物の言動ですが、いかにも渡辺淳一ワールドです。
あくまでも男の描く女性で、女性からしたら100%の共感はないです。
不倫する、しないに関わらず、このときに、こんな言動はしないな、
きれいごとというか、実際にこんな言動をしたら気持ち悪いな、と、はっきり言えばそんな風になります。
コメディか・・・。

そんな男の幻想上の女性を寺嶋しのぶは頑張って演じていました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

エロ見 邦画NO.40 寺島しのぶ

投稿日:2009/10/16 レビュアー:Bading


100レビューごと恒例&レビュアーデビュー3周年記念
のエロ見レビューです。
これやるとお気に入り人数が減るんですよね〜〜〜

『あなたは、死にたくなるほど、人を愛した事は有りますか?』
あの寺島しのぶをエロ見です。^^

チャプター1 運命の朝
 ベットでの絡み。

チャプター3 自首
 ベッドでの現場検証時に、掛けられた浴衣をめくる時。 

チャプター8 逢瀬
 初めての情事で、ノーブラキャミから少しチラ見。

チャプター12 転居
 昼間の情事での絡み、明るい画面&横からの胸。

チャプター17 「虚無と熱情」
 ピロートークの合間の少々のチラ見。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと残念

投稿日:2009/09/24 レビュアー:いわ

どうして、寺島しのぶでなければいけなかったのだろう?残念ながら冬香が不細工すぎて全然映画が美しくない。どうして、もっといい女優をつかえなかったのかな?でも誰がって浮かばないけれど。昔でいう、佐久間良子とか松坂慶子とか・・・そんな感じの女優は最近いないのかな?せっかくの作品がそれにしても残念。それから長谷川の演技の下手さにも驚き。唯一、富司純子は美しかった。やっぱり演技がうまい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

36〜 40件 / 全141件

愛の流刑地

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:141件

ソレを知っている女と、知らない女

投稿日

2007/07/22

レビュアー

ruby

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冬香のように、ここまで女やれれば、本望だな。ここまで、自分の幸せを追求できれば本望だなって。


私はソレを知ってながら、知らない振りをする女で、ソコに導ける男と出会いながら、添い遂げることができなかった女で。


ソレを知らない女や導けない男が見ても、いつもの渡辺淳一ワールドの単なる不道徳な官能映画にしか思えないだろうなー。と考えながら、過去の妄想に悩まされながら観ていた。



「冬香は男の欲望に弄ばれた従順な女でもなんでもなくて、
身勝手な愚かな女だ」



そうやって彼女の生き方を否定しなければ、私が選んだこの人生が虚しくなるじゃないか?





こんな感想を書きながらも、やっぱり過去の妄想に囚われてる自分がいて。あそこでやっぱり冬香のように死んでれば、こんなに苦しまなくても良かったのかと。


こんな感情、やっぱ分からない人には分からない。そうとしか言いようがないから、しょうがない。

使えなかったら降板させる勇気を。

投稿日

2010/01/20

レビュアー

reset

総合評価:★★★★☆

「なんだ? ひとり、素人がぶち壊しにしているぞ?」と思って、ネットで調べたら、長谷川京子というひとだった。

演技を学んだことがない人に台本を読ませたら、こんな感じになるんだろうなーというサンプル。とにかく「台詞のどこを立てるべきか」すら、まったく分かっていない。そのくせ、意味のないポージングばかりが目に余る。・・・・・あ、やっぱりモデルさんだったのね。(ファンのひと、ごめんなさい)

監督も、撮り始めちゃったとしても、「やべ!キャスティングミスした!」と思ったら、事務所とか制作とかのしがらみに捉われず、柔軟に交代させて、純粋に良いモノを作ることに専念してほしい。

その分、弁護士役の、陣内孝則の演技力の差を見せつける結果になった。

寺島しのぶが、外面的にも内面的にも、現実味がありすぎるほどあって、この映画の主幹になっている。

結婚制度って、あまりに残酷。

いかにも男が描く世界

投稿日

2009/11/12

レビュアー

ベコニア

愛する人との絶頂のときに死にたい、
納得できる部分はあります。
このストーリーはそれが実現してしまったとき、
法律上どう裁かれるのかということを定義しています。
殺人か嘱託殺人か自殺幇助か。
裁判の仕方次第で結果が変わってくるのが法治国家です。
法学部出身者としては、そこは興味を持って観られました。

登場人物の言動ですが、いかにも渡辺淳一ワールドです。
あくまでも男の描く女性で、女性からしたら100%の共感はないです。
不倫する、しないに関わらず、このときに、こんな言動はしないな、
きれいごとというか、実際にこんな言動をしたら気持ち悪いな、と、はっきり言えばそんな風になります。
コメディか・・・。

そんな男の幻想上の女性を寺嶋しのぶは頑張って演じていました。

エロ見 邦画NO.40 寺島しのぶ

投稿日

2009/10/16

レビュアー

Bading


100レビューごと恒例&レビュアーデビュー3周年記念
のエロ見レビューです。
これやるとお気に入り人数が減るんですよね〜〜〜

『あなたは、死にたくなるほど、人を愛した事は有りますか?』
あの寺島しのぶをエロ見です。^^

チャプター1 運命の朝
 ベットでの絡み。

チャプター3 自首
 ベッドでの現場検証時に、掛けられた浴衣をめくる時。 

チャプター8 逢瀬
 初めての情事で、ノーブラキャミから少しチラ見。

チャプター12 転居
 昼間の情事での絡み、明るい画面&横からの胸。

チャプター17 「虚無と熱情」
 ピロートークの合間の少々のチラ見。

ちょっと残念

投稿日

2009/09/24

レビュアー

いわ

どうして、寺島しのぶでなければいけなかったのだろう?残念ながら冬香が不細工すぎて全然映画が美しくない。どうして、もっといい女優をつかえなかったのかな?でも誰がって浮かばないけれど。昔でいう、佐久間良子とか松坂慶子とか・・・そんな感じの女優は最近いないのかな?せっかくの作品がそれにしても残念。それから長谷川の演技の下手さにも驚き。唯一、富司純子は美しかった。やっぱり演技がうまい。

36〜 40件 / 全141件