博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

272

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:272件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全272件

ほっこりする映画ネタバレ

投稿日:2007/06/09 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない
天才数学博士のもとに派遣される。
そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。

一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。
やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

優しい母子は、博士の80分しかもたない記憶にも
「絶対、約束しよう、『もう、その話は聞きました』と言わないこと」
と親子で約束する。純粋で、心あたたかい博士に段々、心ひかれていくシングルマザー杏子。

博士は10年前、事故で記憶が80分しかもたないので何度も同じ話をする。
家政婦さんを雇う謎の婦人を、浅丘ルリ子が演じるが切ない。
家政婦さんを雇う時、杏子に
「義弟の身のまわりの世話をして欲しい」と頼むのだが...

数式をとてもわかりやすく、杏子の息子に教えてくれるので、いずれその息子は大きくなって数学の先生となる。
難しい数学を生徒にも、興味深く説明出来るのはこの博士に直接、数学を丁寧に、楽しく教わったからである。

数学ではなく、数字から興味を持たせて算数、数学と理解させる。
この方程式には驚かされる。

見ていていきなり引き込まれる映画です。
いい映画です、心があたたかくなる1本のおすすめであります。
飽きることなく、見応え感じる邦画です。
こんな先生に出会っていたら、私も数学好きになれたな〜と思える映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

博士の言葉は、優しく美しい。

投稿日:2007/05/20 レビュアー:ゆみゆみ

いい話でした。感動して涙を流すというよりは、感銘を受けた感じ。
80分しか記憶が続かない数学博士と、家政婦としてやってくるシングルマザー、
10歳になる彼女の息子√、そして3人を母屋から眺める博士の義姉。
成長し教師となった√が教え子に語る、博士との思い出。

博士から教えてもらった数式を√が黒板を使って授業する場面は、
分かりやすくてけっこう楽しめました。
今更ながら、ちょっとした勉強になっちゃったし。
それよりなにより、博士が優しく話す数式や定理が素晴らしくて、その説得力に感嘆。
そして、物事の捉え方、考え方に博士の人となりがにじみ出ていて、
その言葉、一言一言がとても美しかった。

博士の中で生き続けることはできない、杏子と√。
でも、その二人が博士と交流し、変化をもたらしたことが素晴らしい。
そしてそれは義姉にも。そこが深い感銘を受ける。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

君の靴のサイズはいくつかね?

投稿日:2007/05/06 レビュアー:tomio

小泉監督の『雨あがる』『阿弥陀堂だより』に
続くこの作品にも
静けさの中に葛藤と優しさが丁寧に描かれている。

それにしても家政婦役を1歩間違えると成立しなかっただろう。
深津絵里で正解だったと思う。もしくは宮沢りえか。

『ところで君の靴のサイズはいくつかね?』










このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほっこりネタバレ

投稿日:2007/04/18 レビュアー:らんちえ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

心暖まる映画。
数学の事に関しても、息子が教師になっており回想しながら
授業として説明してくれるのでわかりやすい。
のんびりとした話の流れも心地よかった。

「主人公は事故による障害で80分しか記憶が持たない」という
設定であるが、高年化が進んでいる近年での痴呆症にも当てはまるのではないだろうか。
この母子のように相手に思いやりを持って接したいものである。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無限と有限ネタバレ

投稿日:2007/03/12 レビュアー:まりらん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いい映画だなと思いながら観ていました。まず風景が美しくかつての名作「砂の器」を思い出しました。
「博士」と家政婦の「君」は、まったく立場の異なる二人ですが、他人に接する時の態度が全く一緒です。つまり「相手をあるがままに敬意をもって受け入れる」のです。 博士の数学の話に「友愛数(220と284)」が出てきますが、二人の関係もまさに「友愛数」です。
そういう意味では、家政婦の「母」とその10歳になる息子「√」との関係もそうかもしれません。 軽率な言葉で博士を傷つけたことを「母」が「√」に対して『人として恥ずかしいことでした』と謝るシーンがあります。普通の親子ではあまり聞くことの出来ない謝罪の言葉です。一方、映画の冒頭で「√」が「母」を表して「無学で独りぼっちだった母」と言いますが、そこには無学であった母に対する疎みなど微塵も無く、母に対する敬意すら感じられるのです。ここにも、それぞれを一人の人間として敬意をもって受けいれる関係があります。
高校へ進学すると、一気に難解になる数学に辟易とした経験を持つ方は多いと思いますが、「解き明かしたからといって日々の生活が変わるわけではない」数学だからこそ、その学問は純粋であり、それを探求する者は邪念がなく無垢なる存在と言えるかもしれません。 「友愛数」の関係で育てられた「√」だからこそ数学者への道を歩んだのではないでしょうか。
映画の中盤で「直線」の話が出てきます。それは終盤での家政婦の「君」の『心でみれば時間は流れない、大切なのは今じゃないですか!』へと続き、そして「博士」の『あるがままを受け入れ、自然にひと時ひと時を生き抜こうと思う』の言葉へとつながり、さらにそれは義姉「N」の木戸を開け放つ行為へとつながるのです。
義姉「N」の存在は、人間としての後悔・裏切り・邪推・嫉妬・怒り・苦しみなどを表して、ただの「善人の映画」になってしまいそうなこの作品を地に付いたものにしており、最後に「母屋」と「離れ」とを隔てていたその木戸が開け放たれるのです。

「ひとつの中に全体が調和して美しい、善い事とはそういうことなんだよ」

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全272件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる