ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

36〜 40件 / 全203件

で?

投稿日:2006/04/23 レビュアー:lala

で?
と言いたくなるようなストーリー。
見たのが間違いでした。
日本をバカにしてるし。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

異国で味わう孤独感ネタバレ

投稿日:2005/08/21 レビュアー:スターダスト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

異国で味わう孤独感。間違った選択をしてしまったという思い。日に日に増していく疎外感。そのような感情が二人の姿から色濃く伝わってくる。

自分や自分の好きな事を知らないと、無駄な時間を削ることはできない。付き合いや慣習に囚われていると、本当の自分を見つけられない。この日本の地で時間を持て余し、漂うように出会った二人。安らぎを見出した幸福な時。

2作目となるソフィア・コッポラ監督。前作「ヴァージン・スーサイズ」(1999)に続き、透明感のある映像世界、ムードある音楽など独自のセンスが光ります。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実はこんなものなんでしょう、きっと

投稿日:2009/06/30 レビュアー:ruiko

見終わって、膨大な数のレビューを読みました。

「日本をバカにしてる!」
「日本は本当はこんなじゃない!」と
怒っている人が結構いますね。

私たちはもう、かなり外国映画を見慣れているから、
普通に欧米の映画を見るとき、
欧米の町並みや、人々、言葉、などの方がが既に
スタンダードになっていて、
案外本当はもっと身近なはずの、アジア的、日本的なものが、
寧ろ異質に感じられるような感覚になっているのかもしれません。

少なくとも「007」に出てくるような日本よりは、
ずうっと本当の日本だし、
あのゲームセンターの異常な感じ、夜の街の奇異な雰囲気などは、
日本人である私にだっていつも感じているものです。

日本に住んでいる私たちだって、
実は『見るもの』『感じるもの』をセレクトして、
見たくないものはあまり凝視しないように生活しているのかもしれません。
だから、そういうものを明確に見せられたとき、
「こんなはずじゃない!(少なくとも私は)」と不快に感じるのかもしれませんね。

そういうことをいろいろ考えさせられた映画でした。

あのコールガールみたいなおばさんは、
確かに「へんな人」でしたが、
「英語が(ある程度)できて、娼婦であって・・・」
なんていう日本人は、もしかするとあんなものなのかも。
日本人にはわからない(知らない)実情なのかもしれませんね・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

不愉快

投稿日:2007/09/12 レビュアー:kitty_walker

私は日本人です。
言いたいことはそれだけです。
コッポラの娘ということでちょっと期待しましたが、まったくがっかりです。ビル・マーレイの魅力もなし。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

贅沢が原因の暇による文化

投稿日:2006/12/18 レビュアー:ジワタネホ

 これは生活に余裕がある人達が、人生をもてあましている光景を映した映画。主人公のシャーロットが大学で哲学を専攻していたことがそれを象徴している。
 哲学というのは、毎日ご飯にありつくことでいっぱいいっぱいでは及ばないところにある。生活している自分を、少し俯瞰的に見る。いったい自分はなぜ一生懸命に生きているのか?来たくも無い場所でしたくも無い仕事、気の合わない仕事仲間、本当に愛しているのかわからない配偶者、等々・・・。
 そんな二人が出会い、変な国ニッポンが特別な場所になる。描かれるニッポンは日本人から見ると全く普通であるが。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

36〜 40件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる