ディパーテッド

ディパーテッドの画像・ジャケット写真
ディパーテッド / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

375

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ディパーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」を、レオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演、マーティン・スコセッシ監督で豪華にリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。警察学校を優秀な成績で卒業したビリーとコリン。やがてビリーは、マフィアへの潜入捜査を命じられる。一方のコリンは、マフィア撲滅の特別捜査班に抜擢されるが、その正体はマフィアのボスに育てられたスパイだった…。

「ディパーテッド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE DEPARTED
受賞記録: 2006年 アカデミー賞 作品賞
2006年 ゴールデン・グローブ 監督賞
2006年 NY批評家協会賞 監督賞

「ディパーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ディパーテッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73674 2007年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 6人 6人

【Blu-ray】 ディパーテッド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY11729*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:375件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

371〜375件 / 全375件

暗い気分になりましたネタバレ

投稿日:2007/06/11 レビュアー:くぅ〜ちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何が云いたい映画なのか解りませんでした。
人に聞かれたら「ただ皆死んで終わり」としかいいようがありません。
ひとつだけ・・・私もあの封筒はなんだったのかが気になります。
どなたか教えて下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

企画は最高なのですネタバレ

投稿日:2007/05/29 レビュアー:match

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

企画を聞いただけで、面白いに違いないと思ってしまう映画。

スコセッシのギャング映画、ディカプリオ主演、そしてインファナルアフェアのリメイク。

スコセッシが好きな人なら、これを聞いてエキサイトしないわけがない。
下馬評はあまりよろしくなかったけど、スコセッシの映画は大抵そんなものだから、気にしない!と。

30分ぐらい見て、どうもまとまりや緊張感に欠け、想像したのとちょっと違うなあと思い始めたけど、これだけ期待してた映画だもん、きっとエンディングにむけて盛り上がっていくはず!とずっと思い続け期待をつなぐ。
しかし残念ながらそのままエンディングを迎えてしまいました。

どこがいけなかったのかと(図々しくも)考えてみた。
この映画は、計算と巧妙な嘘がスリリングなスパイ同士の対決がテーマ。
しかし、スコセッシは力と感覚でガンガンエネルギッシュな映画を撮る人(と勝手に思ってる)で、同じギャング映画でももっと泥臭いヤクザ話のほうが得意とするところ。
ちょっとテーマを誤ったかな。

スマートじゃなきゃいけないはずのスパイ・ディカプリオも非常にどんくさい印象。インファナルアフェアのトニー・レオンとは対照的。

あと、リプリーさながらのマット・デイモン、デフォルメされた演技で主役の2人以上に目立つジャック・ニコルソン(大げさすぎて笑えます)と個性が強すぎる配役もよろしくないのかも。

でも、ある意味リメイクでありながら監督の味が非常によく出ている映画でもあります。
緊張感も破ってしまうほどのエネルギーが溢れているというか。。


ところで、オリジナルのインファナルアフェアだけど、本当に面白い。
香港映画が好きじゃない人でも楽しめるはずなので、ぜひ。
ゴッドファーザーへのオマージュか3部構成で、第一作が一番おすすめ。ちなみにこんなんもあります。しょうもないパロディやねんけど、すごいのはキャストが半分くらい本当のインファナルアフェアと一緒というところ。さすが俳優人口の少ない香港。笑いのセンスは全く理解できへんけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そして誰もいなくなった。ネタバレ

投稿日:2007/05/27 レビュアー:TATSUYA

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 
主役は潜入捜査官を『ディカプリオ』、マフィア側のラットに
『マット・デイモン』です。しかも、今回3度目の正直でアカデミーに執念を燃やす監督の 『マーティン・スコセッシ』は、これでもかとばかりにマフィアのボスに 『ジャック・ニコルソン』を起用。これがまた大正解。オリジンの『インファナル・アフェア』で ボスを演じたエリック・ツァンのファニーな恐怖も良かったが、狂気を演じさせて天才(地だったらもっと怖い)のジャック・ニコルソンは、バットマンのジョーカーも ビックリの怪演であります。
 おや、あんなにこの脚本にお熱だった『ブラッド・ピット』は? 何と今回はプロデューサーとして制作に回っております。そして、これが吉と出るか、凶に転ぶかのポイントでもある気がしました。

 と言うのも、オリジンの『インファナル・アフェア』をあそこまでの映画に押し上げたのは、 勿論秀逸な完成度の高い脚本と、監督『アンドリュー・ラウ』の演出力、撮影監修の 『クリストファードイル』の映像に寄るところが大きいが、なんと言っても『トニー・レオン』の切なさを伝える瞳の演技と、苦悩する『アンディ・ラウ』の 哀しい表情にあるのだから・・・。

 そして、今回トニー・レオンの役を演じた『ディカプリオ』は・・・・ 決して負けておりません。トニーとは一味違った、潜入捜査官の悲しみを全身で表現して、 観客をグイグイ引き込んでくれます。『アビエイター』の眉間の皺は更に深く刻まれ、バイオレンス・シーンを見事にこなし、次第に壊れながらも最後まで自分の忌まわしい 過去の境遇と決別するために戦います。デカちゃん、男を上げましたねぇ。

 歩く恐怖の『ジャック・ニコルソン』と、ガッブリとガチンコ勝負をしています。 で、もう一人の主役、アンディ・ラウが演じたマフィア側の潜入者『マッド・デイモン』君。 これが『ブラピ』だったらなぁ・・・。 ディモン君、ちょっと若すぎ。『レインメイカー』の頃からその演技力と、 好青年の苦悩を演じる貴重な存在感は買うが、如何せんチカラ不足 ! 芸達者の中で、ちょっと浮き気味の感アリ。ディカプリオも年齢的にはまだ若いが、 2度のオスカーをロストした悔しさと、天才子役と言われながらも『ギルバート・グレイプ』 以降のパッとしない低迷期と、大作『タイタニック』後の作品に恵まれない挫折を超え、 『マーティン・スコセッシ』との出会いで俄然輝きだしたのだから。

 あっ、『ギルバート・グレイプ』で思い出したが、アンディ・ラウの役を 『ジョニー・デップ』に演じさせれば、凄いことになったかも・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ディカプリオを語る。ネタバレ

投稿日:2007/05/26 レビュアー:ruby

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リメイクの元となった、インファナル・アフェアは観ておりません。すいません。

ディカプリオも
マットも頑張ってたと思うけど・・・・・・。

やっぱニコルソンの側では、見劣りする。
なんて言うか、ジャックニコルソンって、周りの俳優を霞ませる効果があるよね?どの映画も見終わった後には、ニコルソンの顔しか浮かばないのは私だけ??


その辺が、比べるのも変だけどアルパチーノと違う。
この映画を観て、少しアルパチーノとジョニーデップの「フェイク」を思い出したからそう思った。


ディカプリオが眉間に皺を作って睨み演技(ワンパターン)で一生懸命演じれば演じる程、ジャックニコルソンが目立ってしまって。・・・・・唯一、マーク ウォールバークが良い味出してたと思う。



ディカプリオは、「ブラッドダイヤモンド」でも体をマッチョにして頑張ってたけど・・・・。頑張って難しい役に挑戦してるんだろうけど、全て「ギルバートグレイプ」の知的障害者の役に負けてる。あれは素晴らしかった。



もともと力のある俳優さんなのに、やっぱタイタニックでアイドル扱いされた後は、そのイメージを保つ為に「それなり」な役をこなさなければならなかったからか。もっともっとできる人なのに、もったいない。間違いなく役選びを間違えてる。




そしてこの作品。
マフィアに潜入した警察の男(ディカプリオ)と、警察に潜入したマフィアの男(マットディモン)、警察学校で一緒に学び、お互いのことは知らぬ二人がどう進んでいくか?断ち切りたいマフィアとの絆が切れず、またマフィアの為に警察に潜入しているのに、マフィア撲滅チームに配属されたりと。まったく人生とは皮肉。この一言に尽きる。

この二人の人生が、一人の女を間に挟んで交差した時・・・・・・。また正体を暴かれるのはどっちが先か?(つづきはDVDで)





全般だらだらとかったるく話が進んで行き、後半畳みかける感じで、衝撃的な結末となる。しかしながら、あれが衝撃的な結末と言ってしまうのにはあまりにもお手軽過ぎる。


外国映画のリメイクとしては初の、アカデミー作品賞と、スコセッシ初のアカデミー監督賞を受賞。これで取れるなんて、アカデミー賞って、なんだかなぁって感じだよ。




とりあえず、ディカプリオ頑張って!!な一作でした。



このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これはこれでOKかな?

投稿日:2007/05/18 レビュアー:AZUKI

この作品、出演陣も素晴らしく、監督もスコセッシ。観るっきゃないでしょ?と挑みました。

原作の「インファナル・アフェア」は大好きな作品で、独特の作品世界があり、あの雰囲気をどうリメイクしていくのか?期待もあり、どうしても比較してしまう。

個人的には、原作にはかなわなかった感じ。特にコリン役のマット・デイモン。原作にあった哀愁がまるでない。

しかし、アジア独特の思想世界があって初めて、原作のあの雰囲気がでているのなら、舞台をアメリカのマフィアと警察に置き換えたとみれば、これはこれでOKな気がする。ラストもスコセッシらしかったし。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

371〜375件 / 全375件

ディパーテッド