リメンバー・ミー

リメンバー・ミーの画像・ジャケット写真
リメンバー・ミー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「リメンバー・ミー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「リメンバー・ミー」 の作品情報

製作年: 2017年
原題: COCO

「リメンバー・ミー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・出演者/監督・スタッフ情報は、ただいま準備中です。

リメンバー・ミーの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
105分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDG6719 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,590枚 19人 18人

【Blu-ray】リメンバー・ミー(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
105分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG6719 2018年07月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
867枚 8人 8人

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全53件

思ったより良かった

投稿日:2018/11/11 レビュアー:土方歳二

不覚にも泣いてしまいました。
アニメで

ガイコツのアニメで泣くとは

なかなか脚本も凝っていて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リメンバー・ミーネタバレ

投稿日:2018/10/15 レビュアー:Andriy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

予想通りのストーリー
★★★☆☆

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

小4的最高映画。

投稿日:2018/09/30 レビュアー:

小4ちびこ鑑賞。

ずっとずっとおねだりされてて、やっと見れた。
この映画をみてからもう1月ほど経とうとしているけど、
よっぽどよかったのか、ずっとこの主題歌を歌ってる。

最近の映画はどうも主題歌がいけてるか否かで興行も左右されるのか、
いい主題歌にめぐまれた作品はどかんとヒットしてる気がする。

いいのか悪いのか。
映画会社的にはヒット作を作る手段としてこれがあればって分かりやすいけど、
一映画ファンとしては、映画の内容、えっと、ストーリーとか、
そういう肝心な部分もよろしくね、と思う。

この映画は内容、音楽、ともによかったよう。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

及第点。という印象。

投稿日:2018/09/28 レビュアー:ihcadomotagagie

家族愛と死が背景にあるので観方・人によっては決して軽くはない内容。

お話のアイデアは面白かったけど、
展開が単純というか、工夫がないというか、分かり易いというか。
半分くらいは退屈に感じてしまいました。

でも半分くらいはそれなりに楽しめたかなと。

ワンコのダンテが唯一魅力のあるキャラだったなー。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スピリチュアルな観点から。ネタバレ

投稿日:2018/09/22 レビュアー:ワラビー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

肉体が死んで霊界へ行っても、現世の名残でこの世とあまり変わらない生活をしているらしいのです。

現世での様々な思い…家族や愛する人に対する愛情や自分の叶えたい夢や希望…を持って。

それが強いほどあの世でもそういう関わりで過ごすことになります。

この作品で描かれている死者の世界も同じだと思いました。

そして霊体も肉体よりは自由ではあるけれども、形あるものはいつか無くなるので死もある。

作品中にある「第二の死」がそれに当たるのでしょう。

忘れられて消えていく死者のエピソードがありました。

霊体が死ぬと何が残るのでしょう?

…もっと本質的なものが残りもっと自由な世界に行くようです。

「第二の死」は死者の国で悲しい出来事として描かれていましたが本当にそうでしょうか?

「第一の死」が現世からの卒業だとしたら「第二の死」は霊界からの卒業と言えるのではないでしょうか。

主人公が自分の夢を諦めて家族の幸せを選んだこと、そして家族が自分たちの思いを変えて主人公の夢を尊重したことは、自分の望みよりも相手が成り立つことを優先させた行為だと思うのです。

そういう行為こそが「第二の死」を迎えたのちに訪れる世界での価値観なのかも知れません。

主人公たち家族も、何百年何万年ののちには家族から卒業し、より本質的な世界へ行くのかも知れません。

そこでは「家族」とは血縁だけでなくもっと広い意味を持つのかも知れません。

でも、今この作品では血縁の家族の中でお互いを認め合い、自分の感情より相手が成り立つことを尊重すると言う素晴らしい行為で、この世とあの世で幸せに暮らすと言う姿を描いているわけです。

…ちなみに自分の思いをいつまでも守ろうとする個人は心が不自由であり、より自由な世界では成り立たないことになります。

「第一の死」や「第二の死」を経たのちにまたやり直すことになるのではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全53件

リメンバー・ミー