キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神の画像・ジャケット写真
キングコング:髑髏島の巨神 / サミュエル・L・ジャクソン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

54

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「キングコング:髑髏島の巨神」 の解説・あらすじ・ストーリー

「GODZILLA ゴジラ」の製作陣が“キングコング”を壮大なスケールでリブートしたアクション・アドベンチャー大作。太平洋に浮かぶ謎の孤島を訪れた調査隊が、想像を絶する巨大生物たちを相手に決死のサバイバルを繰り広げるさまを描く。主演はトム・ヒドルストン、共演にサミュエル・L・ジャクソン。監督はTVを中心に活躍し、本作が長編2作目のジョーダン・ヴォート=ロバーツ。泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある70年代前半。南太平洋上に未知の孤島が発見され、英国陸軍特殊空挺部隊の元兵士コンラッドをリーダーとする調査隊が派遣される。さっそく調査のために爆破を繰り返す一行だったが、そんな彼らの前に突如、あまりにも巨大な生物キングコングが現われる。 JAN:4548967332636

「キングコング:髑髏島の巨神」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: KONG: SKULL ISLAND

「キングコング:髑髏島の巨神」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キングコング:髑髏島の巨神の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日・英・吹 英:未定、日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000649703 2017年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 1人 2人

【Blu-ray】キングコング:髑髏島の巨神(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000649702 2017年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:54件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全54件

ちょっとヤリ過ぎ?ネタバレ

投稿日:2017/10/07 レビュアー:てんてんまま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

とにかく主役が何なのか分らなくなるなる程、色んな巨大怪獣が出て来る。
私的にはあのデカい水牛は何もしなくて目が真ん丸でクリクリしてて可愛かったケド。
その他の巨大怪獣は基本的にコングを除いて喰う為に襲って来るので常に周りに目を配ってなくてはなりません。
人間の方の登場数も多い(と言うか多過ぎな)ので、少し登場人数も怪獣も絞った方が良かったんじゃないかと思うんですけどね。
そりゃぁ部下をばらばら殺られたらカッカするのは分かるけど、軍人なのに余りにもそれが続き過ぎ!奴にはガッカリしました。1人、また1人と喰われていく部下にいつまでも固執するのは軍の上位としては落第ですよね。
コングが最後まで無事で良かったのが何よりの及第点。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待しないで観るとよさそう。

投稿日:2017/09/29 レビュアー:(●(人)●)

想像していた作品より地味、かなり地味。
迫力の大怪獣バトルはこの先の映画に大きな未来を感じる。

ただこの作品が面白いかと言われるとハテ?ですね、
一昔前の雰囲気だし、なんだか色々唐突。

観ていてモンスター・ハンターの映画化って、
きっとこんな感じだろうなって思った。

なんかこう、グッとさせよう、イイ感じにしよう
って気持ちは伝わるけれど、から回りしてる感はあった。

とは言え、最後のバトルだけはカッコよかったかな、
コングの強さ、頭の良さがしっかり出ていたし。

残念なのはヒロインのタンクトップ姿に魅力がないのと、
日本語吹き替え版の学芸会感。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怪獣映画の基本が欠落しているネタバレ

投稿日:2017/09/19 レビュアー:まさかり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何も考えずにボケーーーッと観て楽しむ映画かと思ったんだけど、
細かなところが気になって気になって、うまく楽しめませんでした。

すごく巨大なゴリラとか水牛とかが出てくるわけですけど、
彼らが大映しになると(じつに頻繁に大映しになる)
単なるゴリラのアップ、水牛のアップにしか見えません。

たとえば、水牛の顔のまわりをハエがぶんぶん飛んでいます。
「あのハエはきっとバスケットボールくらいの大きさなんだろうな。
そうでないと縮尺が合わないから」などと脳内補正が必要になるわけです。

終盤になると巨大トカゲが出てきて飛んだり跳ねたり、
まさに跳梁跋扈の敏捷性をみせるのですが、やはり何かが足りない。
カナヘビとか、せいぜいエリマキトカゲ程度の重量感なのです。

その昔、ウルトラマンが怪獣を投げ飛ばしたときには、
ダダーーンと地面に叩きつけられる音が響き渡ったわけです。
本作にはそれがない。
(ヘッドホンで聴いてましたが印象に残っていない)

映画館で観れば違ったのでしょうか。


髑髏島の調査に同行した軍隊の指揮官が
「どうしてもコングを殺したい」と言い張ることで
事態はどんどん困ったことになっていきます。
形勢不利とみたら潔く撤退して他日を期す。
できればそういう指揮官の下で戦いたいものです。
まあ、もし彼がいなかったら、巨大生物の島に墜落して、
逃走して、脱出する…だけになっちゃいますものねぇ。

その他の生存者たちもゾロゾロいるけどガッツが足りない。
上述した「指揮系統の破綻」以外に大した人間ドラマはない。
科学者も弱点や生態分析などの科学的なアプローチは一切やらない。
28年前の機関砲が火を吹き、危ういところでコングを救う。

邦画(というか日本の特撮)が
何十年も前からやってることが
半分もできてないという印象でした。
 
 
 
 

===以下、蛇足===

エンドロールを最後まで観るとおまけシーンがあります。
コングの壁画を調べていたらゴジラとかモスラとか
さらにはキングギドラっぽい壁画も描かれていた…みたいな。

続編までこのクオリティだったら、ちょっと嫌ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

普通

投稿日:2017/09/15 レビュアー:まりん

キングコングの目が怖い。リアル。まあまあかなと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハードボイルド。ネタバレ

投稿日:2017/09/11 レビュアー:ワラビー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

昔のキングコングは、人間のエゴに翻弄されて
大都会で孤独に命を落とした。
その巨大な野生の強さと対照的な儚さというか
物悲しさが何とも魅力だった。

今回のコングは守り神として
自らが傷つきながらも守ろうとするものを守って戦う。
ひたすら戦う。ハードボイルドである。
奇しくもそれは敵対する軍人の姿とダブる。

昔のコングは心を通わせた女性に単純に焦がれたが
今回のコングはそういう気持ちは表さない。
ハードボイルドである。

今後、ゴジラとの共演が展開されるみたいだけど
そのためのプロローグ的な作品に感じた。
それはそれで面白そうなんだけど、
そういうシリーズのためのキングコングである。

アメコミヒーローがみんな共演するのが
流行っているのでその流れというのもあるのか。
それはそれで面白い面はあるのだけど、
それぞれが持っている世界観が薄まる感じは
どうしても拭えない。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全54件

キングコング:髑髏島の巨神