ドント・ブリーズ

ドント・ブリーズの画像・ジャケット写真

ドント・ブリーズ / ジェーン・レヴィ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

40

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ドント・ブリーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督が再びサム・ライミ製作の下で撮り上げた戦慄のサスペンス・スリラー。盲目の老人の家に盗みに入った若者3人が、相手の思わぬ反撃に遭い、想像を絶する恐怖に見舞われるさまを緊張感あふれる筆致で描き出す。主演はジェーン・レヴィ、共演にスティーヴン・ラング。荒廃した街デトロイトで、少女ロッキーと恋人のマニー、友人のアレックスの3人は重罪にならない程度の空き巣を繰り返していた。自堕落な親を見限り、幼い妹を連れてここを出て行こうと考えていたロッキーにはまとまった金が必要だったが、そこへマニーがある強盗話を持ちかけてきた。ターゲットは孤独な盲目の老人で、娘を事故で失った彼は、賠償で得た大金を自宅の地下室に隠し持っているらしいというのだった…。 JAN:4547462110749

「ドント・ブリーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: DON’T BREATHE

「ドント・ブリーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ブルックリン最終出口

D−TOX

Z Bull ゼット・ブル

ワイルド・マックス

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全40件

気合い入れて観たゾ! 犯人も家主も撃ち殺したろか!

投稿日:2018/08/14 レビュアー:ひとこと言いたい

持続する緊張感は見事な演技・脚本の証拠か。
ただし。
善悪登場人物どちらにも感情移入ができない。だいたい、善と悪の区別しようがない。
そのうち「てめぇらどっちもくたばっちまえ」と思えてきたよアタシャ。

もぅラストかと思ったら、次々に引っ張られて、どこまで行くの?
う〜ん。オープニングと同じ構図のところでエンドマークでも良かったなぁ…
警察、そんなに甘いかなぁ?
放置のクルマ。犬。3人目の痕跡。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

休む暇なし ネタバレ

投稿日:2017/10/21 レビュアー:たべっこどうぶつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

序盤の緊迫感がたまりませんね。
後半はじいさんに隙が増え始めたり、喋ったり、どれだけボコボコにしようが両者ともにケロッと復活したりで萎える点もありましたがそこはフィクションならではのご愛嬌。

一番納得できないのが、結局人様の金を奪って逃走に成功するという点。
これが一番腹立たしい。

理不尽な殺人であれば主人公たちに感情移入し、恐怖しながらも「逃げろ!じじいを倒せ!」なんて応援する事ができたのだろうが、DQNは論外ですね。

主人公の家庭環境が悪い?知らんがな。
ヒネクレ者なので、「私可哀想な環境だからお金盗ってもいいでしょ?妹と旅に出て幸せになるべきでしょ?」と押し付けられているようで不愉快でした。

一人残らずじいさんに殺して欲しかったですね。
じいさんの攻撃が決まる度にガッツポーズしながら見てしまいました(笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

おっさんと犬だけなのに‥

投稿日:2017/09/26 レビュアー:ライム

パニックホラーですよね。盲目のおっさんと狂犬だけで怖さをここまで演出してるのは凄いです。元軍人といってもあそこまでして死なないなんて‥ちゃんと怖さの演出だけでなくストーリーもしっかり作りこまれている。似てる映画でいうと13日の金曜日あたりかと。。絶妙なカメラワークで恐怖心を増幅させている。上手い。実に巧い見せ方するなぁと感心。俳優陣がしょぼいとまた作品の質が落ちるものだが、窃盗団の3人もそれぞれ個性があって実に演技がうまい。これはかなりの出来栄えですね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

てんとう虫は聖母マリアの象徴 ネタバレ

投稿日:2017/08/23 レビュアー:モカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホラーなんだけど、どうすればよかったのかなと考えさせられる。
デトロイトで生まれなかったら、お父さんが逃げなかったら、戦争に行かなかったら、子どもを殺されなかったら、子どもを殺さなかったら。
実はみんな普通の人たちだったんだろうなって。

ヒロインと老人は似たもの同士。
父を失った娘と、娘を失った父。
どちらも自分のためなら、なんでもできる。
ヒロインは彼氏も自分に気がある男の子も、死のうが何しようが構わない。利用できるなら利用する。妹(=堕ちる前の自分自身)と自分(の未来)のためなら。
老人も失ったものを取り戻すためならなんでもする。
そんな二人の戦いっぷりを見ていたら、だんだんと恐怖から違う気持ちになっていきました。
神はいないという老人の気持ちは理解できる。
それに対して「きっと神様はいるよ」という監督からの救済がてんとう虫。
ただ、ヒロインだけが助かるのはずるいかなとも思う。
老人にも救いがあるといいけど。

なんにせよ、盲目の老人の家に強盗なんてダメだよね……けど、あんな町でお金を稼ぐにはどうしたらよかったのかなあ……

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

見本的作品

投稿日:2017/08/07 レビュアー:(●(人)●)

そんなにそんなにお金ばっかかけなくても、
面白い映画は撮れるんだぜ?って見本のような映画。

とにかく見せ方が上手く、恐ろしさの演出が凄い。

まぁでもちょっと移動の仕方がスムーズすぎて、
さすがにこれはないでしょうと苦笑い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全40件

ドント・ブリーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:40件

気合い入れて観たゾ! 犯人も家主も撃ち殺したろか!

投稿日

2018/08/14

レビュアー

ひとこと言いたい

持続する緊張感は見事な演技・脚本の証拠か。
ただし。
善悪登場人物どちらにも感情移入ができない。だいたい、善と悪の区別しようがない。
そのうち「てめぇらどっちもくたばっちまえ」と思えてきたよアタシャ。

もぅラストかと思ったら、次々に引っ張られて、どこまで行くの?
う〜ん。オープニングと同じ構図のところでエンドマークでも良かったなぁ…
警察、そんなに甘いかなぁ?
放置のクルマ。犬。3人目の痕跡。

休む暇なし

投稿日

2017/10/21

レビュアー

たべっこどうぶつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

序盤の緊迫感がたまりませんね。
後半はじいさんに隙が増え始めたり、喋ったり、どれだけボコボコにしようが両者ともにケロッと復活したりで萎える点もありましたがそこはフィクションならではのご愛嬌。

一番納得できないのが、結局人様の金を奪って逃走に成功するという点。
これが一番腹立たしい。

理不尽な殺人であれば主人公たちに感情移入し、恐怖しながらも「逃げろ!じじいを倒せ!」なんて応援する事ができたのだろうが、DQNは論外ですね。

主人公の家庭環境が悪い?知らんがな。
ヒネクレ者なので、「私可哀想な環境だからお金盗ってもいいでしょ?妹と旅に出て幸せになるべきでしょ?」と押し付けられているようで不愉快でした。

一人残らずじいさんに殺して欲しかったですね。
じいさんの攻撃が決まる度にガッツポーズしながら見てしまいました(笑)

おっさんと犬だけなのに‥

投稿日

2017/09/26

レビュアー

ライム

パニックホラーですよね。盲目のおっさんと狂犬だけで怖さをここまで演出してるのは凄いです。元軍人といってもあそこまでして死なないなんて‥ちゃんと怖さの演出だけでなくストーリーもしっかり作りこまれている。似てる映画でいうと13日の金曜日あたりかと。。絶妙なカメラワークで恐怖心を増幅させている。上手い。実に巧い見せ方するなぁと感心。俳優陣がしょぼいとまた作品の質が落ちるものだが、窃盗団の3人もそれぞれ個性があって実に演技がうまい。これはかなりの出来栄えですね

てんとう虫は聖母マリアの象徴

投稿日

2017/08/23

レビュアー

モカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ホラーなんだけど、どうすればよかったのかなと考えさせられる。
デトロイトで生まれなかったら、お父さんが逃げなかったら、戦争に行かなかったら、子どもを殺されなかったら、子どもを殺さなかったら。
実はみんな普通の人たちだったんだろうなって。

ヒロインと老人は似たもの同士。
父を失った娘と、娘を失った父。
どちらも自分のためなら、なんでもできる。
ヒロインは彼氏も自分に気がある男の子も、死のうが何しようが構わない。利用できるなら利用する。妹(=堕ちる前の自分自身)と自分(の未来)のためなら。
老人も失ったものを取り戻すためならなんでもする。
そんな二人の戦いっぷりを見ていたら、だんだんと恐怖から違う気持ちになっていきました。
神はいないという老人の気持ちは理解できる。
それに対して「きっと神様はいるよ」という監督からの救済がてんとう虫。
ただ、ヒロインだけが助かるのはずるいかなとも思う。
老人にも救いがあるといいけど。

なんにせよ、盲目の老人の家に強盗なんてダメだよね……けど、あんな町でお金を稼ぐにはどうしたらよかったのかなあ……

見本的作品

投稿日

2017/08/07

レビュアー

(●(人)●)

そんなにそんなにお金ばっかかけなくても、
面白い映画は撮れるんだぜ?って見本のような映画。

とにかく見せ方が上手く、恐ろしさの演出が凄い。

まぁでもちょっと移動の仕方がスムーズすぎて、
さすがにこれはないでしょうと苦笑い。

31〜 35件 / 全40件

同シリーズ作品を借りる