イノセント・ガーデン

イノセント・ガーデンの画像・ジャケット写真
イノセント・ガーデン / ミア・ワシコウスカ
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「イノセント・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「オールド・ボーイ」のパク・チャヌクの記念すべきハリウッド・デビュー作となるミステリー・サスペンス。18歳になったヒロインの前に消息不明だった叔父が突如現われたことをきっかけに、彼女の周りで不可解な事件が次々と発生していくさまをスタイリッシュな映像美でスリリングに描き出す。主演はミア・ワシコウスカ。18歳の誕生日に不審な事故で最愛の父を亡くしたインディア・ストーカー。決して心を通わせたことのない母エヴィと2人きりになってしまったインディアだったが、葬儀の日、長年行方不明だった叔父のチャーリーが姿を現わし、そのままインディアたちと一緒に暮らし始める。そしていつしか、知的でエレガントなチャーリーの魅力に心奪われゆくインディアだったが…。

「イノセント・ガーデン」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: STOKER

「イノセント・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イノセント・ガーデンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 1人

【Blu-ray】イノセント・ガーデン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR52507 2013年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 32件 / 全32件

疑惑の影

投稿日:2013/11/01 レビュアー:よふかし

この映画はちょっとお話を聞いただけでヒチコックの『疑惑の影』が下敷きになっていることは明らかなのですが、
ヒチコック好きの僕としてはすごく期待して観に行ったのに、うーん、なんじゃこれは、肩透かしもいいところだと、
肩を落として帰ってきたのでした。
雰囲気とパッケージは悪くないんです、蜘蛛の使い方とかミア・ワシコウスカとか面白いイラストレーションとか。
しかし退屈です。分かり切ったお話を、魅力的にする演出力がかけています。
同じニコール・キッドマンがでているサスペンスで、『ペーパーボーイ』というのがありましたが、それと比べると映画的な魅力に一段落ちるんです。
お話はどちらもつまらないにせよ、緊張感や閉塞感、ぬめりとした空気感など、『ペーパーボーイ』にはそれなりにひりひりするものがあるんですよ。
ところが『イノセントガーデン』にはない。格好いいけど、からっぽ。そんな感想を抱きました。30点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

妖しく美しい映像に引き込まれる

投稿日:2013/10/09 レビュアー:みなみ

映画館で見ました。
本作は、パク・チャヌク監督ハリウッド進出作というのはもちろんですが、
ドラマ「プリズンブレイク」主演俳優の、あの目ヂカラのすごいウェントワース・ミラーが脚本を書いた
という点にも期待していました。原作無しのオリジナル脚本だとか。

インディア・ストーカーの18歳の誕生日に、最愛の父が事故死した。 葬儀の日にリチャードおじさんが現れて、
ストーカー家は一変していく…というストーリー。

とにかく美しい映像の作品でした。意味ありげなあやしい映像に引き込まれます。
直接的な残酷シーンより、ヒロインの心情を表現したシーンが印象的。
特におじさんとのピアノの連弾のシーンにはしびれました♪

それからキャストがすばらしいです !
おじさん役のマシュー・グードは「こんなに美しい男の人、久々に見た」という感じだし、
ニコール・キッドマンも、美しいこの映画にピッタリ。
ミア・ワシコウスカも複雑なヒロインを熱演してました。

ですが、物語自体は大したことありません(ごめんね、ウェントワースさん^^;)
サスペンスとしては予想つくしね、単純で。
どちらかと言えば、普通じゃないヒロイン・インディアの成長のドラマなのですね。

もしほかの監督がこれ作ったら、つまらない凡作になったかも。 改めて、パク・チャヌクってすごいなあと思いました。

そしてこの作品、スコット・フリーの製作だったんですね。製作にトニー・スコットのお名前がありました。

ネット検索で調べたら、ウェントワース・ミラーはなんともう38歳!!劇太りしてるんですね。
昔とは似ても似つかぬ、衝撃写真を見てしまいました… だからもう俳優のお仕事は厳しいので、執筆活動頑張ってるのかな^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 32件 / 全32件

イノセント・ガーデン