フライト

フライトの画像・ジャケット写真
フライト / デンゼル・ワシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フライト」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロバート・ゼメキスが12年ぶりに実写作品の監督を務めたスペクタクルドラマ。制御不能となった飛行機を緊急着陸させたウィトカー機長は、多くの乗客を救ったヒーローとして称えられる。だがある疑惑から、彼は一転して犯罪者として扱われてしまう。

「フライト」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: FLIGHT

「フライト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フライトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1chサラウンド
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ135803 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
64枚 1人 2人

【Blu-ray】フライト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1DTS-HD Master Audio
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV132441 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全82件

守るべき最後の一線。

投稿日:2015/09/03 レビュアー:casey25

飛行機に乗る前にはあまり見たくない映画。パイロットだって生身の人間だから酒やドラッグに溺れる人も
いるだろう。かと言ってこの映画の主人公のように「操縦の技術とは別物である。」と開き直られても困る。現実には搭乗前のチェックで引っかかる筈だし、機内にウォッカをいくらパイロットと言えども持ちこむ事はそう簡単ではないだろう。
だけどアメリカでローカル線の超カジュアル(だけどフレンドリー)な乗務員の様子を見ているとこんなこともあり得ると思えてくる。
自衛の方法としてはできるだけ事故率の少ない大手の航空会社を利用すること位しかないのだが・・・
デーゼルワシントンは人間の弱さ、卑屈さと守るべき最後の一線をやや極端ながら上手く演じていた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

思ってた映画とは全然違ったけど…

投稿日:2015/08/18 レビュアー:Don Vito(引退)

それなりに考えさせられるような…
そうでもないような…

なんとも難しい映画。

改心して、ハッピーエンド!!っと言うわけでもなく、
かといって、バッドエンドなわけでもなく。

フワッと着地し、モヤっとする…
飛行機の着地は神業的だったんですけどね

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

D.ワシントンって名優だなぁ。

投稿日:2014/04/07 レビュアー:ともこさん

実際にアメリカ社会でありそうな話。

弁護士や組合組織がクライアントの落ち度をもみ消そうとしたり、良心の呵責でアルコールとドラッグを
断ち切ろうとしながらも、それがやめられない弱さのようなものも、脚色、美化することなくまともに
表現しているところが、よかった。

それでも最後には、「嘘をつき続けてごまかしきって、人生を生きていきたくない」という
人間本来の善みたいなものに、突き動かされていくところが感動的だった。

デンゼルワシントンって、すごいなぁ。やっぱり。

But for the first time in my life, I'm free.
このセリフに感動しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

70pts. 【監督】ロバート・ゼメキスネタバレ

投稿日:2013/11/13 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


故障により不時着した航空機。
その神がかり的飛行により、全員死亡でもおかしくない故障にもかかわらず、
わずか6名の死亡で済んだ。
機長は、英雄。
しかし、落とし穴があった。
実は、機長は、二日酔い状態で搭乗しており、さらに、麻薬もやっていた。
弁護士は、彼の性格には失望していたが、
その神がかり的飛行の能力から、彼を救おうと尽力するが・・・


という、話。


その着想は、面白く、また、描き方も、まっとうだ。
ただ、ネタバレになるが・・・






































良心をストーリー展開のキーに持ち込むのは、
なんか、もう一歩、足りない気がする。
なにか、もうひと押し、理由が欲しい気がする。


ただ、やはり、着想は面白いだけに、
良作のレベルには達しているように思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

駄目なものは駄目なんだな・・・

投稿日:2013/10/16 レビュアー:カッチン

 彼は英雄(ヒーロー)か犯罪者かって?・・・そりゃ刑務所には入っても当然にヒーローでしょ(^^ゞ
でもあそこまで飲むと遅かれ早かれ取り返しの付かない事故を起こすと思われるので、ウィップ(デンゼル・ワシントン)は最後の最後に自分に正直になれてかえって良かったのかもしれない(;_;)/~~~チャーリーや弁護士(ドン・チードル)には悪いけど。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全82件

フライト