ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーンの画像・ジャケット写真
ウィンターズ・ボーン / ジェニファー・ローレンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
ジャンル:

「ウィンターズ・ボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描く。主演はハリウッド期待の新星、「あの日、欲望の大地で」のジェニファー・ローレンス。監督はこれが長編2作目の新鋭デブラ・グラニック。ミズーリ州の貧しい寒村で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー。とうの昔に家を出ていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅差し押さえの窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追って危険な裏社会へと乗り込んでいくが…。

「ウィンターズ・ボーン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: WINTER’S BONE

「ウィンターズ・ボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウィンターズ・ボーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20594 2012年04月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全53件

気持ちがズズズーン…(ノД`)・゜・

投稿日:2012/05/20 レビュアー:け−な

私にはまだまだ細かい内容を読み取るには
早すぎる社会問題映画でしたヽ(´Д`)ノ
見終わった後心がズズズーンとなっちゃいました・・

アメリカって自由の国ってイメージだけど
結構保守的で貧しい所はお金に困って
体売ったり麻薬売ったりで荒んでますね・・
大きな格差社会があるってことも痛感しました(-公-、)

17歳が知る世界ではないでしょ・・
いきなりこんな裏社会の事知るなんて本当に
心が痛むし心配なっちゃうよ
どんな大人になるのかな(ノД`)・゜・

現実が厳しいものだと痛感しました・・
でもそれでも生きなくては

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私的には今一つ。

投稿日:2012/04/15 レビュアー:monchan

この世のどん底で生きる麻薬一族、という在り方が今一つ迫って来ない。じり貧の主人公もいずれはその世界に手を染めていくのか。まあどっちでもいいや、好きにして。という程度の印象しか残らない。決して悪い出来ではないが、何かが決定的に欠落した作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは本当に驚きの作品。ネタバレ

投稿日:2012/02/01 レビュアー:KEE

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

傑作です。


何もかも、驚き。

Jennifer Lawrence がとにかく素晴らしい。このひと、” X-Men: First Class ”でも、かなりの存在感だったんだけど、このWINTER'S BONEは、もっと以前に撮られた作品です。

このひとの発声の仕方が好き。お腹から声が出てるんだよね。

台詞ひとつひとつに魂が入っている。

この人、すごい女優さんです。

見た目も結構好きなんだよね。こんな役もするんだ、とかなり感動。

この映画の世界って現実にあることなんだろうか?と思うほど、観たことのない世界でした。

ギャングだとかそういうのとも違う、家族というか、ファミリーの掟のようなものがあって、こんな恐い世界があるのか?と不思議だった。

映画のオープニングから、静かに、でも力づよく、引っ張って行かれます。

目を離せない感じ。

脚本も素晴らしいし、映像もスゴイ。

おじ役のJohn Hawkesも最高にかっこいいですよ。

Jennifer Lawrence 演じるリーは、17歳なのに家族をしっかり守ろうとしてるんだよね。
頭もいい。
アーミーにJoinしようとしても、幼い弟と妹、心の病気の母を残しては入隊することもできない。
こんな子、ミリタリーに入ったら、ガンガン昇進しそう。
もったいないね〜。

弟も妹も、地味に良い。

キャスティングが素晴らしいんだね。こういう社会って、ちょっと、ボクシング映画のTHE FIGHTERを観たときの衝撃に似てる。
家族がすごい。もう、観てほしいんだけど、すごい。

最後のほうは希望もみえて感動もできる。この映画、MUST SEEですよ。






このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『ツイン・ピークス』のリアル&ネガティブ版?

投稿日:2020/01/12 レビュアー:哲郎

気になっていた作品だけど、タイトルからしてどうも寒々しいダークな内容の感じがして長く敬遠していた。
アメリカの人里離れた山奥に住む白人マイノリティーの地域を舞台に、その因習と「掟」に縛られた閉鎖的な社会を描いており、やはりどうにもやりきれない気分になり、また気が重くなる内容ですね。日本ならこういった作品はだいたい殺人事件を中心にしたサスペンス・ミステリーもの(「金田一耕介」シリーズなど)になるんだけど、あちらでは地方部村落の冷厳な現実をそのまま描くことがよくあって、その評価はともかく、娯楽映画としての楽しみはねぇ...

なんかかつて観たような既視感をもちつつ見てたら、それがわかった。これはあの『ツイン・ピークス』に雰囲気が似ている。あの傑作のオカルト&カルト的な部分を除いて、もっとリアリティをもたせたドラマがこれだ。『ツイン・ピークス』もその自然環境とは裏腹に麻薬に侵された地方の小さな地域社会の暗部を描いているのだ。そしたら中盤あたりで、なんと『ツイン・ピークス』でローラ・パーマーを演じたシェリル・リーが出てきたじゃないの。こりゃなんか曰くをもたせたキャストじゃないかと思われた。

それにしても、アメリカではあれほど荒んだ人間関係の村社会がほんとにあるんですかねぇ...
住んでる人々は男も女もみな荒くれで無教養に見える。無邪気なのは子どもたちだけ。もちろん日本でも深地方へ行けば、古い因習と掟が残る村落は今でもある。しかし、あれほど荒んだ人間関係は表面上は日本ではそう見られないだろう。閉ざされた地域社会で血縁が濃くなっていることがあるかもね。サラブレッドでよく知られていることだが、インブリード(近親交配)は気性が荒くなる傾向があるのだ。そのかわり時折すごい名馬が生まれる場合もある。人間社会でこれが続けば、そりゃ不健全なコミュニティになっていくだろうね。

ジェニファー・ローレンスの演技はよいのだけど、これは映画化の是非を問われる作品と私には思われますね。
作者の伝えたいことはなんとなくわかるものの、小説と映画では求められているものがちがう。こうした冷厳な現実を映画化するなら、「真に伝えたいこと」は娯楽的な要素でうまくカバーする工夫が必要と思うんですね。
なんたって映画は、息苦しい現実世界から逃れ、その時間は別の世界にいられる娯楽の殿堂なわけだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ

投稿日:2019/04/07 レビュアー:iha

アメリカ、貧困、麻薬、犯罪、寒村。
もうそれだけといったジェニファー・ローレンスの出世作。
麻薬がらみの犯罪で捕まった父は疾走し、
保釈金の担保に入れられた家に暮らす17才のリー。
病気の母親、弟、妹を背負い、
犯罪親戚一同の暮らす田舎町。
アメリカの田舎町の人間はリスを狩って食うんだ。。
リアルな貧困にドン引き。
台湾の公園で見つけたかわいいリスちゃん。。
まてまてーと後を追うと下水に入り、
覗き込むと多数のドブネズミと共に残飯をあさっていたのでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全53件

ウィンターズ・ボーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる