トイ・ストーリー 3

トイ・ストーリー 3の画像・ジャケット写真
トイ・ストーリー 3 / トム・ハンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

200

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 映画賞受賞作品
  • シリーズ
ジャンル:

「トイ・ストーリー 3」 の解説・あらすじ・ストーリー

ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャー・アニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。

「トイ・ストーリー 3」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: TOY STORY 3
受賞記録: 2010年 アカデミー賞 歌曲賞
2010年 ゴールデン・グローブ アニメーション作品賞

「トイ・ストーリー 3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トイ・ストーリー3の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンドEX/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDG5652 2010年11月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
108枚 23人 15人

トイ・ストーリー 3のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】トイ・ストーリー3(ブルーレイ)

  • 旧作

ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャー・アニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。第83回アカデミー賞作品賞、アニメーション賞ノミネート作品。<br>●ご注意ください●<br>記番:VWBG1150と記番:VWB1150の内容は同じです。

収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンドES/英語/(ロスレス)
3:DTS-HD Master Audio/7.1ch/日本語/(ロスレス)
4:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンドES/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1150 2010年11月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 3人 6人

【Blu-ray】トイ・ストーリー 3 3D(ブルーレイ)

  • 旧作

ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャー・アニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
103分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD High Resolution/7.1chサラウンド/日本語
3:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
4:DTS/5.1chサラウンドES/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1296 2012年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:200件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全200件

感動作!

投稿日:2010/11/04 レビュアー:ロコ★

子供共々大好きな作品です。
今回も、お笑いありの内容ですが、それにプラスして涙ありの
感動作品でした。

アンディが大人になってしまって、ちょっぴり切なさも
感じましたが。
アンディはウッディを大事に思う気持ちが凄く伝わってきました。

大人になるって事は、嬉しい反面、悲しいなぁ〜と
思ってしまいましたが・・・。

子供達には、アンディの優しい気持ちが伝わったようです。

これは、絶対に観るべき作品です!!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

出来過ぎの恋人

投稿日:2010/10/08 レビュアー:まぐのりあ

マグちゃんです。飛行機で見ました 見たかったのでとても嬉しかったです

こんな突っ込みどころのまるで無い映画は知りません
もうめんどくさいので私がいちいちどうこう書きません、他の方のを読んで下さい

個人的に面白かった所を書いてそれで終わりにします

バズがスペイン系にモードチェンジしてしまうシーン
その勢いでカウガールにヒーローっぷりを見せて勢いでハートをゲットするシーンです

踊りが、あまりにも可愛くてツボ。

あとケンのお洋服を破られるシーンです(ビンテージもの)
可愛かった(笑)

おもちゃだけど一応男性陣の心理が凄くキュートだったので
とても楽しかっただけにウッディだけがひとりぼっちというのが
とても可哀想に思います これで現実味を出したんでしょう

本当に突っ込みどころが全く無くて、これに突っ込める人って
日常生活自体が息苦しくてしようがないのではないかと思います
それくらい誰にも文句を言わせない出来で、凄かった。

でも、凄かったであって素晴らしかったではないんです
なんか
マグちゃん泣きませんでした
こんなに良く出来ているのに

画面をじっと見ながらふっと脳裏に浮んだ事があります

出来のいい奥さんを貰った男性(あるいは女性)が何故か
ばかっぽい若いのと浮気する様なストーリーの映画

出来過ぎの人が側にいると息苦しい。
もの凄く良く出来た映画だけど、こんな映画ばっかりだったら気が狂うかも知れない
何故そう思ったのか分かりませんが 今迄つまんないとか言っていた
緩さ炸裂の映画をふと思い出して懐かしい気持にさせた不思議な一本です

私アメリカには住めないかも知れないな(意見飛び過ぎ)

しかし★は五つ。成績優秀社会

マグちゃんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

差し出された手より先に心が触れ合う…友達だから…^^ネタバレ

投稿日:2010/10/06 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

泣けました!。
ピクサーの作品は「量産型工業製品」の様にいつもカッチリ製作して有りますが個人的にはカール爺さんよりも数段上の「完成度」を感じました。
観客の感じる「痒いところ」に手の届く、まさに「孫の手」的な至れり尽くせりのエンタメ作品です。
1の世界から10年の年月を経ているので登場人物(犬)も全てが年齢を重ね、自分の歴史と世界を構築しています。
玩具は朽ちるだけで年を取らない。
この事実を掘り下げ、アンディの玩具達との悲しい未来に付いて語り掛けて来ます。
私はフィギュア集めの趣味が有るので玩具に関するアンディの考え方に「異様」に納得が出来ました。
「お気に入り」は唯一無二…特別な存在です。
例え自分が大人になっても手元に置いて置きたい気持ちの休まる「カタチ」が有るのモノです。
何の役にも立たないのは百も承知なのに何故か傍に居て欲しい。
この想いが、この作品の根底に流れる「物言わぬモノ」への優しさの化身の様に思います。
それは一方で「甘え」の権化でも有るのですがアンディとウッディはバッサリとそれを断ち切る勇気も魅せてくれます。
この点も狡猾なほどの「上手さ」を感じてしまいました。
非常に緻密に計算された物語の構築と各キャラクターの設定にも「立体感」が有って「何故」ソレがそう言う行動を取るのかが観客に明快に表現されます。
子供の慰みモノで有りながら友情と自分の存在について理解している「玩具達」の物言いが悲しくも力強いです。
何故「ソコ」に行くのか?
何故「ソレ」を求めるのか?
何故「ソノ人」と別れるの意味が有るのか?。
大人と子供の境界線の存在と、その必要性について全編を通して語り掛けてきます。
ピクサー製作と言う事で有る程度「面白い」事は予感していましたが「ソレ」を遥かに裏切る感動を与えてくれた「期待を裏切って」くれる小憎たらしい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バランスの良さは秀逸

投稿日:2010/09/25 レビュアー:aiai

アドベンチャーの押さえるべき点をすべて押さえているという感じで死角が無い。

こういったアニメの強みってのは、監督含めスタッフが物語そのものの作りに没頭できることなんでしょうね。
生身の人間だったらCGに頼りすぎだ、なんて批判がよくあるんだけど(笑)アニメにはそれないし。

ギャング映画的なキャラ立てとか筋だてを、かわいいおもちゃが演じるところのギャップに笑えます。

大小物語の王道をちりばめながら、ファミリー向けを逸脱することなく、最後まで飽きずにみれる。

ほんといわゆる完成度の高い、よくできてる映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

永遠の命

投稿日:2017/09/04 レビュアー:みなさん

萩尾望都さんの『ポーの一族』が好きだ。唯一無二の名作だと思っている。これまでも、これからも、『ポーの一族』を超える作品は出て来ないだろう。
ヴァンパイアのエドガーは、歳をとらず、さまざまな時代を目撃する。彼を慕う者、愛する者、愛した者を失いながら、生き続けて行く。連作短編が紡ぐ大河ドラマは、甘く美しい。

本作品は、『トイストーリー』シリーズの3作品目。アンディとの別れの時が近づく中、三度、ウッディたちが冒険を経験することになる。

――アンディも17歳。もうオモチャで遊ぶ歳ではない。大学の寮に入ることになり、子供の頃から“お気に入り”だったウッディだけを連れて行くことにし、ほかのオモチャは屋根裏部屋に仕舞い込んだ。
ところが、アンディのママが間違えてゴミとして捨てようとしてしまったから、さぁ大変!
みんなは捨てられるくらいなら保育園に寄付された方がマシだと考えて、保育園行きのダンボールに忍び込む。
何とか皆を思い止まらせようと後をついて来たウッディだったが、誰も話しを聞いてくれない。失意のうちに家に帰ろうとしたウッディは、4才の女の子ボニーに拾われてしまう。
……というお話し。

誰だって大人になったらオモチャとは遊ばなくなる。然も、子供の頃に持っていたオモチャは、いつの間にかなくなってしまう。いつも不思議に思っていたが、親に捨てられていたのね。納得。(笑)
そう言えば、リモコンで動くブリキの製のゴジラがお気に入りだった。何と、口から煙を吐く! どういう原理か知りたくてバラそうとしたっけ。(苦笑) もし、どこかの古道具屋で見つけたら、絶対に買うな。

――みんなが入った保育園は、実は、ピンクのクマのぬいぐるみ“ハグベア”に支配され、まるで監獄だった。然も、新参者は、まだ遊び方も分からない小さな子供の相手をさせられる。既にして、みんなボロボロだった。
その事実を、ボニーのオモチャから知らされたウッディは、居ても立ってもいられず、みんなを助け出すために保育園へと向かう。
……という展開。

ウッディは、エドガー(『ポーの一族』の主人公)のように幾人もの“ともだち”を見送るようになるのだろうか。
或いは、いつか、ボロボロになって捨てられ、ゴミとして処分されるのだろうか。その時、ジェシーやブルズアイ、プロスペクターと一緒に日本のオモチャ博物館に売られた方が良かったと後悔するのだろうか。

何だか、深く考えれば考えるほど切ない。切なくて残酷なホラーに思える。

面白い作品だし、キャラも立っている。CGのクオリティも他を圧倒するほど高い。音楽も素晴らしい。よく練られたストーリーは何度観ても楽しいし、飽きない。珠玉の1本だ。
でも、どこかで古い怪奇映画のような物悲しさも感じる。

まぁ、それはそれで好きなんですけどね。(苦笑)

オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全200件

トイ・ストーリー 3