ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるの画像・ジャケット写真
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える / ブラッドリー・クーパー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

57

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」 の解説・あらすじ・ストーリー

2009年ゴールデングローブ賞作品賞を受賞した大ヒットコメディの続編。ステュの結婚式のため、タイのバンコクへやって来たフィル、ダグ、アラン。独身最後のお祝いに飲み過ぎた彼らが二日酔いから目覚めると、昨夜の記憶が全くなく…。※受注締切日変更※R15+

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THE HANGOVER PART II

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越えるの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日 英 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000245705 2011年12月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
53枚 1人 1人

【Blu-ray】ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 1000245708 2011年12月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:57件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全57件

バカな話・・・面白くてよくできているけど、やっぱり続編やね・・・

投稿日:2012/07/08 レビュアー:Yohey

前作が非常によく出来ていて、これの続編が出来るということで楽しみにはしつつも、やっぱりもひとつな仕上がりになっているんちゃうかなぁ、と一方では思っておりました。結論から言うと、その予想はあたり。前作と同じく、朝起きたらわけわからん状態になっていた、記憶がないから後を辿っていこう、えらいことに巻き込まれる、そして・・・もうほんま予定どおりの進み具合。

前作はベガスというアメリカの異世界で繰り広げられた話を、タイ・バンコクというアジアの魔都市で繰り広げられる。これはこれで結構面白いんだが、どこか異国だからという部分があって、結局のところ外国人が羽目外しにきましたよ、ってな感じがしてしまいました。あれ、やっぱりベガスやから設定が活きたのよ!!

とはいえ、思わずニヤリとさせられてしまうシーンも多かったり、下ネタも多いんだけど、カラリとした仕上がりだったりでものすごく下品というわけでもなかったです。好きか嫌いか分かれそうな作品だけど、まぁ、それなりに映画好きな人だったらどうぞ。

三作目はあってもいいですが、全く同じ展開はダメですよ。あと、タイソンは止めて・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どこか前向きの酔っ払いたち。

投稿日:2012/04/03 レビュアー:casey25

またまた見てしまった。家ではヒョーバンがまた悪くなる。第1作に引き続きとんでもない2日酔いの話。007のようにシリーズになりそう。でも見て喜ぶのは男のみ、それもとことん飲んだ経験があり、下品なジョークが好きであまり知的ではない男、それとちょっぴり男気のある男。悪ふざけした翌日、よみがえった記憶にあるおバカな出来事をまた語り合って楽しめる男たち。
なんたって面白いのはエンドロールの写真の数々、これも第1作と同じ。どう聞いてもイケテないタイソンの歌を我慢してこの写真までたどりついてね!
「どこが面白いのよこんな映画!」「悪趣味ね!」「ひどい人種差別的表現!」おんなたちの軽蔑の冷たい眼差しにさらされて最後まで見ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

前作にはやっぱり劣るが・・私は好き(●*´U’●)

投稿日:2012/03/01 レビュアー:け−な

やっぱり前作には展開予測不可能な作りが
新しくかなりハマったんですが・・
今回はまぁ無難な作りでしたがね〜面白かったです★
下品度がかなりアップしてたんですが
腹抱えて笑っちゃいましたヽ(^Д^*)/

なんか弟に嫉妬する姿がなんかやっぱ憎めない(;´Д`)
でもあいつが全ての元凶だから・・・なぁ笑
薬はやっぱダメだね!!
意識飛ぶなんて怖すぎて(ノД`)・゜・
でもあんなにぶっ飛んで楽しい事なら
意識ははっきりしたいなぁ笑

ブラッドレイ・クーパーかっこいい♪
それを楽しむ映画でもいいかもね★
私が見たのは修正ありで
せっかくのシーン・・ぼかしが(*´Д`)=3

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タンク・アホットとレッド・ホット・アホンダラーズ

投稿日:2012/02/14 レビュアー:ビンス

レッド・ホット・アホンダラーズは懲りてない。
懲りてません。
性懲りもなく。
やっちゃいます。
やらかしちゃってくれちゃいます。
しかし、前作ほどの破壊力はありません。
前作が凄まじい破壊力だったので、致し方なしの所もありますが・・・
これが一発目なら、中々の破壊力を持った作品だと認知されたでしょう。
しかし、彼らはベガスで突き抜けすぎてしまったので・・・・
国境を越え。
舞台はスケールアップしましたが。
笑い的にはスケールダウンでした。
面白かったけど。
何回も言いますが、やっぱり前作が凄かったもので・・・

基本的には同じ轍を踏みまくります。
流れは一緒。
だからこそ、余計スケールダウンが目立っちゃう。
そんな中。
ジャケットでご覧になれるとおり。
アランがやってくれちゃってます。
スチュも「考えることを放棄したの巻」ってことでしょうね。
で、アラン。
その昔、格闘技界で活躍したタンク・アボットにクリソツです。
タンク・アボットならぬ、タンク・アホットですね、彼は。
結局コイツです。
元凶はコイツです。
内山田洋とクールファイブ。
タンク・アホットとレッド・ホット・アホンダラーズ。

エンディングの写真シリーズで、やっぱりちょっと気持ちがアガル♪
けど、爆笑写真の内容も前作には及ばない・・・

最終的に思うこと。
実は一番凄い人はフィルの奥さんなのでは?
何も言いませんね・・・
基本的に。
烈火のごとくブチキレてもいいぐらいの迷惑かけられてるけど・・
絶大なる信頼をフィルに寄せてるんでしょうか(笑)
それとも・・・・・
まあ、イイ夫婦ってことでしょうね。
チャンチャン。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

下ネタに耐えられれば面白い

投稿日:2012/01/02 レビュアー:ナオ

先の『ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を観てからなら、形式が同じ点や先に出て来た人物が再度登場する点などを踏まえて楽しめると思います。ただ今回はバンコクが舞台なだけに、この作品を満喫するには、ニューハーフがらみ下ネタを笑い飛ばす必要がありますが・・・純粋に笑うためのエンターテイメントとして楽しみました!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全57件

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える