ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 17人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全237件

28pts. 【監督】キャスリン・ビグローネタバレ

投稿日:2010/12/15 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リアルだけど、リアリティがない映画という典型的な映画。

ま、実際、湾岸戦争に従軍した人には、もっと違う捉え方があるんだろうけど、
言い方は悪いかもしれないけど、基本的には、遠国の惨事であるため、
この描き方では、共感できないというか、、、

たしかに、緊張感はあって、それは、とてもリアルなんだろうけど、、、
ちょっと、グロイのもあって、
それがどうしたの?
と批判的に見てしまう。

ま、アカデミー賞関連では、ありがちな映画ではあるとは思うけど・・・

また、基本、軍隊ものによくある自分勝手な行動をとる人たちという話は、
嫌いというのもあり、
もちろん、これが、”苦痛の極限地帯”でのリアル、と言われたら、
はいそうですか
というしかないわけだが、
それは、リアルであっても、私にとってのリアリティではなく、
見たい映画でもない。

もちろん、オリジナリティは、ある。

戦争物というのは、娯楽か、反戦か、政府応援かと、態度が明確になっていることが多いが、
本作は、淡々と、現在のテロ戦争でありそうなことを描きつづけるため、
一概に反戦だけとも言いがたく、こういう描き方はオリジナリティはあると思うことと、
ある意味、湾岸戦争の戦後、爆弾処理という、
一見、戦争ではない従軍に、極限があるのだという主張とは、
この映画を、”アメリカ”で作った意味は、わからないでもない。

でも、、、
ああ、そうですか・・・
という話ですね。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2009年度のアカデミー賞作品に

投稿日:2010/11/24 レビュアー:kazupon

私のようなド素人が批評しても一笑に付されるだけですが、
以前に間違って借りた『ハート・アタッカー』の方が、心に響くものがあったのです。
それは、本作の描く世界が、爆弾処理班の日常という限られた範囲だからかも知れません。
彼らの任務が、死と隣り合わせの苛酷なものであり、爆弾処理作業の緊張や恐怖は、想像の範囲を超えていると思います。
それを分かった上でも、私にはこの作品の視点が、戦争の限られた範囲しか見ていないと感じるのです。
戦争の中でも特殊な任務にしか映らず、冒頭のテロップでの説明のように、まるでジャンキーがアドレナリン全開の状態で防護服やヘルメットを脱ぎ捨て、爆弾処理を成し遂げるという図は、ちょっとリアリティがないと思うのです。
彼らは英雄でもなんでもなく、家に帰れば妻や子供が待っている、普通の人だと感じられないのです。
その意味で、本作と似通った邦題の『ハート・アタッカー』の方が、私には響いてくるものがありました。
すみません。私の全く個人的な感想です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アカデミー賞受賞に納得

投稿日:2010/09/21 レビュアー:blow

もう、なんていうか、アカデミー賞を獲る為に作った作品と言ったら言い過ぎか?って位、今のアメリカ人が好みそうな映画ですな。

そもそもブッシュの思い込みというか妄想?から始まった正義無きイラク駐留で、彼らは何の為に命を投げ出してるのか、考えさせられます。

私の思う戦争って、兵士は国を守るとか家族を守るとか愛する者を守るとか、自分の信じる物の為だから命がけで戦えると思っていたんですが、イラクにいる彼らにはそんなもんカケラも無いですからね。
それが、仕事だって言われたってねぇ・・・。
私はもちろん戦場に行った事などありませんけど、この狂ったイラクの状況は結構リアルなんじゃないでしょうか?

片や飛び出す半魚人が話題の作品じゃハナから勝負になりませんな。

☆☆☆☆☆(5点)

派手なシーンは殆どありませんし、感動もありません。
しかし、この作品を観ないでいる理由もどこにもありません。
このレビューを観たあなた!絶対観るべし!です。
オススメします!!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「演出しません」という演出過多。新しいプロパガンダ映画。

投稿日:2011/01/15 レビュアー:天才芸人

戦場は壮絶で、危険物処理班の人たちが大変な危険の中、
「正義感」や「愛国心」という単純な気持ちだけではない、
複雑な思いの中任務を行っている、という現実は理解してますし、
当然、そういった人たちを否定するつもりはありません。
むしろ尊敬してます。

で、本作なわけですが、これはもう、内容以前の問題。

まず、カメラがブレすぎ。
ちょいちょい書いてますが、「24」以降、
「あえてカメラを揺らすことで臨場感を出す」演出が
一つのセオリーになりつつあるのは確かだと思いますが、
それにしてもこの映画はひどい。
例えば臨場感が必要な場面や、スピード感を求められる場面ならまだわかるんですが、
普通に夜酒飲んでるシーンでも異様なまでにブレます。
ひどいシーンでは被写体がまったく確認できないほど。
もちろん計ったわけではありませんが、体感では9割以上ブレてたと思う。

勝手な推測ですが、音楽も極力少なく、
一つの作業班を始終追跡した形の作品なので、
おそらくは「リアリティを追求しました」ってことを言いたいんでしょうが、
そのための演出としての「カメラのブレ」があまりに過剰すぎて、
あざとさが見え見え、おかげで最初から最後まで、終始興醒め。
これほどひどい「善意(と思ってやってる確信犯の)の演出」は初めて観ましたね。
そこまで観客はバカじゃない…と思ったらアカデミー賞受賞してるという…。
ま、最後まで観て、結局は「新しいプロパガンダ映画」でしかない、
という結論に達したので、アメリカ人にはウケが良かったのかもしれません。
それこそ、昔なら「正義感」や「愛国心」の表現だけで成り立ったプロパガンダが、
今の時代成立しないからこういうものにしましたよ、という感じ。
ただ、僕は同じ内容を日本人に置き換えてやって、
さらにリアリティのある内容だったとしても、
この作り方では素直に受け入れられなかったと思います。
「すごいでしょ、怖いでしょ、兵士は頑張ってるんだよ」
という意図が見えすぎて、はっきり言って怒りを覚えました。
伝えたいことがあるならもっと素直に作るべき。
クリント・イーストウッドの垢を煎じて飲ませたいですね。ほんと。

当然作り物の映画だし、観客もそれをわかって観てるわけで、
いくら社会派映画とは言っても、そういう前提で物作りをすべきだと思うんですが、
例えば小屋に潜むテロリストを狙う米兵をグラグラカメラが捉えていて、
次のシーンでは小屋のテロリストを同じくグラグラカメラが捉えている、と。
「撮影してます、作り物です」と改めて気付かせるようなカット割をしながら、
なぜ「臨場感」をアピールする必要がある??
逆に言えば、臨場感をアピールするなら米兵視点のみでいいのでは??
そんな疑問を感じる場面がボコボコ出てきます。
これはもう…本当にひどい。観ている人をバカにしてると思う。

繰り返しになりますが、「完全ドキュメンタリー映画」でない時点で
観客は作り物だと認識しているわけで、
そうであればもっと話に入り込める「演出」をした方が、
結果として印象に残る、言いたいことが伝わる映画になったと思います。
例えば、ところどころでホンの少しだけ、
途中帰還したエルドリッジのナレーションを入れるとか、
観客が理解をしやすい、もっと入り込めるような作り方は出来たと思う。
そういうこともせず、垂れ流しで現場を見せ、
その上「何もしてません、ドキュメンタリーですよ」というフリをする演出と撮影方法。
かと思ったら意味もなく、薬莢がスローで落ちたりとか。
何したいの?この監督。
これでアカデミー作品賞に監督賞に撮影賞にその他もろもろ?

はっきり言いましょう、胸クソ悪いです。
観る価値無し。

(唯一の救いは久々に観たガイ・ピアース…だけど早々に退場…)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

退屈な内容でした

投稿日:2010/11/28 レビュアー:DOBA

アカデミー賞受賞作品であり、高評価をつけている人も多くいますが
個人的には期待したほどの作品ではありませんでした。

普通にアメリカの戦争映画を見せられただけ。
特に戦後処理のフェーズになるので「グリーンゾーン」と似たようなイメージです。

淡々と爆弾処理の任務をこなす姿を見せられるだけで
まぁ、これが戦争の現実なんだと思いながらも
決してドキドキしたり楽しんで観れる内容の物ではないですね。

イラク戦争に関するアメリカ人と日本人の認識の差も大きくあるとは思いますが
んー 観て損したとまでは言わないまでも、あえて見る必要はない映画でした。
観かたを変えてみると新しい発見があるのかもしれませんが、もう一回みる気にはなれないですね。

特にこの手の物に興味のある人以外は
噂にそそのかされて安易に見ない方が良いと思います。

とりあえず個人評価は1.5点にしておきます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる