(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
165枚 9人 11人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全128件

この恋の経験がトムをプレーボーイに?

投稿日:2015/01/21 レビュアー:カマンベール

一目惚れをして、交際を始めて・・・彼女は彼(トム)をとても良く理解
してくれる。トムはサマーをかけがえの無い女性、運命の女性と思い込みます。
ところがサマーはそうじゃ無かった。
じゃあ,気を引く様な,仕草や言葉や,一緒に過ごしたあの熱い日々,時間は
何だったの?
トムの気持ちはスゴく共感出来ます。
サマーの気持ちも,まあまあ分かります。
でも恋愛初心者のトムにもう少し配慮があっても・・・
いくらなんでもガーデンパーティーに誘っておいて無視・・・とか、
凄い婚約指輪を見せつけたり。
良い勉強になったでしょう。トム君にとって。
ラストシーンの最後のセリフ。
この映画はあのセリフを言わせたくて、作ったのかも?
ジョセフゴードン=レヴィット君は、ロボット工学会社のCEOと
結婚なさってるとか。さすがシッカリしてらっしゃいます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画としても、話としてもカンペキです。

投稿日:2012/06/08 レビュアー:天才芸人

「架空の物語ですよビッチめ」「恋愛話ではない」
なんてオープニングのお断りがいじらしい。わかるわかる。
負け犬男子と勝ち組女子の真剣勝負、というところですが、
“真剣勝負”と思っているのは男の方だけ、女の方は…ビッチめ!
わかるわかる。わかるから泣いちったよチクショウ。
共感要素からすると、恋愛映画としては珍しく(?)、男向きの映画です。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じる、いい男なのになーんか冴えない感じのトム。
いわゆる「優男」って感じでしょうか。
ネガティブさなんて共感しかできません。
入り口の時点でマイナス思考になって諦めかけてる時点で、
ものっっっっっっすごい自分と似てる…!と親近感がハンパ無かったです。
思いが残ってるのに振り切ろうと自分に嘘をついて、
願いと逆の行動を取るところなんて痛いほどよくわかります。切ない。
踏ん切り付けようと新しいことを始めようとする姿勢とか。すげーよくわかる。

対するズーイー・デシャネル演じるサマー。
序盤に語られるように、もう昔からどこにいても常にアイドルとして生きてきたような、
間違いなく男に困ることは無いタイプの女性。
「恋人は作らない主義」なんて言えるのも、その余裕がなせる技でしょう。
余裕というか、昔から困らないから作らなくていいような価値観に育った感じ。
カラオケの日の夜、「私のこと…好き?」なんて聞いた時の表情たるや!!!!!!!
あの表情に惚れない男がいたら教えて欲しい。カンペキなまでの演技と配役。
「あの頃ペニー・レインと」でも気になってましたが、いやはやすげー女優さんです。

全体的にはライトでポップな流れの映画で、
良い意味でコメディの香りを漂わせる恋愛映画と言った感じ。
音楽の質・使い方も抜群に良く、全編通した心地よさと、
男子的にずっと喉の奥の方にキューキュー感じる切なさの隠し味、カンペキです。

なんなんでしょうね。
超イイオンナ、しかも良い感じの関係。
でも望む答えは得られない。
ヤサグレてふてくされて、でも好きで好きでしょうがなくて、こっち向いて欲しい。
でもきっと向こうはそこまで真剣じゃないし、っていう苦しさ。
やがて知らされる“答え”、その気付き。
もう何も言えません。
すごく普通に誰もが共感できるような内容なんだけど、でもそう思わせるための脚本と演技、
話の流れがしっかりしてないと上手く受け取れないものだけに、
この映画のデキの良さがよくわかりました。カンペキです。
おまけにそれを(上映時間含めて)「ライトに」描いているセンスが素晴らしい。
音楽の良さ、演出の質は、それこそあのズーイーさんつながりの名作
「あの頃ペニー・レインと」っぽくてすごくいいし、
恋愛映画としてのライトさで言えば「JUNO/ジュノ」っぽくもありますが、
まあ何と言ってもこの「男子的に共感せざるを得ない」展開が秀逸です。
聞けば監督さんは長編初監督だとか…スゴイ。

何度も書いてますが僕は恋愛映画が嫌いです。
(最初にこの映画自体、「恋愛話ではない」とは断ってますが)
おまけに美男美女が主演。普通ならこき下ろすような要素ですが、
結果的にはこれ以上の恋愛映画ってなかなか無いだろうと確信できるほどの名作でした。
やられたなー。
最後のサマーとの会話、涙なしには観られませんでしたね…。
爽やかで切なくてちょっと笑える、映画として文句のない作品でした。

そしてラストのトム。
もしかしたら、いつか自分にもトムが舞い降りて、
背中を押してくれて、人生が動き始めるかも…?
と思わせるようなエンディング。学ばせて頂きました。
素敵な映画です。
ブルーレイ&サントラ買っちゃいそう。

と言ってたらもう手元にもうサントラがある不思議。
鑑賞日(日曜)のうちに注文してしまいましたとさ。

ちなみに他のサイトでとあるレビュアーの女性が、
「あんな小さい妹にいろいろ言われたりしてまずトムが子供すぎてバカバカしい」みたいに
こき下ろしてるレビューがあったんですが、それはちょっと違うんじゃないの、と思います。
半分当たってるけど、半分間違ってる。
確かにトムは子供かもしれません。バカかもしれません。

だがな…
子供でバカなのは…“男”なんだよ!!トムだけじゃねーんだよ!!!
男は死ぬまで子供でバカ、だからいいんじゃないか!!!

僕は確実にトムとは仲良くなれます。大好きだコイツ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな女は苦手だネタバレ

投稿日:2010/07/13 レビュアー:豆大福

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公のトムくんが運命の女性サマーを見つけて、彼女を500日かけて攻略するラブストーリーだと思ってましたが、違いました。

サマーは万人受けするタイプの女性ではなく、どこがいいのかあまりわからない。
けど、この映画は、キャラクターうんぬんよりも、恋の始まり、途中、終わり、運命?をしごく丁寧に描いてるところに、魅力がつまってる。
映画というよりも現実に近い親近感。リアリティがあって、ドラマはない。
ミシェル・ゴンドリーとかキャメロン・クロウみたいなノルタルジックな雰囲気まんまんで、とても好みの映画でした。
音楽もいい。

2人のラブストーリーではなく、主人公トムの人生の一部と思ってご鑑賞ください。温かい気持ちになれます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

運命を信じるなら、その手を離すな!!!^^ネタバレ

投稿日:2010/07/09 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

撮影したカメラが悪いのかハイデフの恩恵を殆ど受けていないソフトです。
オマケはカットシーン集でトムくんの家族集合のシーンなどが鑑賞出来ます。
唯一良かったのはサマーの肌の質感がリアルだった事でしょうか?。
何故か鳥肌が立っている太股と笑った時に出来る意地悪そうな小鼻のシワが妙にセクシーでした。

独特な「伴侶の価値観」を異性に押し着せようとする魅惑のサマーとチョッとだけファンタジーの世界に生きているトムくんの恋の行方を煩くない時間軸の変換と彼らを取り巻く「普通の人」達の良心的行動を潤滑剤にして最後まで坂道を降る自転車の様にカラカラと小気味良くこぎきって楽しませてくれます。
傷付きたくないし傷付けたくないから愛する人の心の「深み」に踏み込みたくない。
自分の「色」が人に染められたくない。
だから恋より一枚表層の友情を「強く」育んでいたい。
それならば生涯自分は自分のままだ。
…でも卒業を見て涙するサマーの真意は、あの映画の意味を履き違えて理解してしまったトムくんには思い計れなかったようです。
強引に手を引っ張って自分のテリトリーに引き入れる勇気も「恋」を勝ち取る術の一つだったんですね(成功するとは限りません…と言うか失敗が99パーセントかも?)。
あの時にサマーの手を握り返して何も言わずに握りしめていたら、二人の500日後は全く違ったモノになっていたでしょう。
面白くて、チョッと泣けて、考えさせられる風変わりで有りながら「当たり前」の恋愛ゲーム。
自分のミューズは手元にいるとは限らないと言う結末は、もしかすると痛すぎる現実への皮肉なのかも知れませんね。
魅力有るキャラも多く登場するので楽しめます。
劇中に登場する「黒と白」の対比は個人的には理解不能でしたが…。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可もなく不可もなく。ネタバレ

投稿日:2010/06/05 レビュアー:TOMY

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

…ほんとーに恋愛オンチだなー、自分…と他のかたのレビューを読んで思ったりして。
この恋愛映画ももうひとつ乗り切れず。

ひと目惚れしたトムが、「運命を信じない」と言い放つカワイイ女の子、サマーに振り回される500日間のお話。
アニメやミュージカル、画面分割方式など、工夫した画面や音楽はおもしろい。
カーラ・ブルーニの曲なんかも流れます。

サマーって、不思議ちゃんなんですか?
同性なのに、何考えてるのかわからない。
思わせぶりなことを散々しておいて、相手を夢中にさせておいて、ばっちりヤルことヤって、「恋人にはならない」。
そりゃーないんじゃないですかね〜?
トムが気の毒で、サマーが可愛く見えなくなっていきました。
男女間においては、「曖昧」は確実に傷になるんじゃないのかな。
自分の中の古い傷がちょっとうずいて、微妙に不愉快になるのは、まだまだ私が(恋愛において)青いからかな。
っていうか、それが映画の狙いとしたら(?)成功。
もうちょっと、こう、わかりやすい恋がいいよ。私は。

いくつ傷を負っても、何があっても時は流れるのだから、自力で運を掴んで歩いていけばいいこともあるさ。
って思えるラストはよかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全128件

(500)日のサマー