遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 3人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全122件

約30年くらい前の映画ですが、楽しめました。ネタバレ

投稿日:2010/02/11 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今観ても全然違和感がなく普通に面白かったです。
南極観測隊アメリカ基地にエイリアンが侵入し、犬や隊員達を次々と襲う。そして襲われた隊員がモンスターのような怪物に変わる。その怪物がまた隊員達を襲うのです。そのモンスターがとても気持ち悪くグロテスクです。モンスターを相手に必死で戦う隊員達。やはり燃やしてしまうのが最良の方法らしい・・・。
結末がハッピーエンドじゃないところが、いつまでも心に残る名作の要因なのかもしれません。ホントにあの後どうなったのでしょう。気にかかります。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

影が行くネタバレ

投稿日:2009/08/16 レビュアー:さっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 レヴューのタイトルは原作の邦題です。本当はこの作品の原点である「遊星よりの物体X」のレヴューから始めたかったのですが、レンタル対象外ということで本作のレヴューとまいりましょう。
 イントロダクションはなかなかツボを押さえた紹介ですので、レヴュアーは本作の見所をいくつか紹介したいと思います。
 監督のジョン・カーペンターを意識したのは多分この前年に公開された「ニューヨーク1997」だったと思います。近未来SFで低予算の割には面白く仕上がっていました。その作品で主演したカート・ラッセルが本作でも主役を勤めています。
 舞台は南極、雪原を走る1頭の犬、それを追うヘリコプターは犬に向かって銃撃を繰り返すがなかなか当たらない。その映像に被さってエンリオ・モリコーネの無機的なテーマ曲が流れます。ついに犬はアメリカ基地に辿り着き、隊員に保護されます。犬を追ってきたノルウェー基地の隊員(この時点では彼が何者なのか分かりません。)がなおも犬を射殺しようとしてアメリカ基地の隊員を撃ってしまい、銃撃戦と手榴弾の誤爆とでノルウェー隊は死んでしまい、ヘリコプターは爆発炎上してしまいます。
 ノルウェー基地に何があったかを調べるためにヘリのパイロットであるカート・ラッセルがもう一人の隊員と共にノルウェー基地へ飛びます。そこで彼らが見たものは火災の跡が残る壊滅した基地と複数の自殺死体、何かを記録したビデオテープ、ねじくれた人間の死体でした。それらを回収して基地へ帰った直後、恐怖が始まります。逃げ込んできた犬の顔面がぱっくり割れて現れた触手が他の犬を襲い、その怪物を片付けている間に回収してきた死体が消えてしまいます。
 ここから氷の中から甦ったエイリアンとアメリカ基地の隊員たちとの闘いが始まりますが、恐怖をより一層増幅させるのがエイリアンが細胞を変化させて何にでも化けられるという事実です。隊員達は疑心暗鬼に陥り、他の隊員がエイリアンではないかと疑うようになります。
 その状況もカート・ラッセルが見分ける方法を思いつき、それ以降は人間だと判明した隊員たちがエイリアンを抹殺するために基地を舞台にほとんど戦争状態に突入し、クライマックスに向かって物語りは加速してゆきます。
 この作品は80年代の頭に作られたので、今のようにCGを使って変身の様子を見せるということができません。そこで活躍するのが特殊メイクやスモールスケール・メカニカルといった技術です。前者が犬や人間の身体の一部が変貌する様子を描くのに使われ、後者はエイリアンの身体の一部が本体を離れて動き出す場面とか色々な生物が融合したエイリアンの身体を描くのに使われています。
 この技術が最高潮に達したのが、この作品やこれもリメイクですが「ザ・フライ」あたりだと言えるでしょう。CGはお金をかけて、丁寧に作ればそれほどでもないのですが、予算をけちってお手軽に使ってしまうとハリボテみたいで非常にチープな仕上がりになってしまいます。その点、特殊メイクだと実際にそのものがあるので、実感という点では非常にリアルにできます。(もっとも特殊メイクも予算がある程度確保できないとチープになるのは同じなのですが。)レヴュアーがこういった古い技術を好むのは、その手作り感にあります。この辺りはご覧になる方の年齢とか、そういった技術に触れた経験とかによって違いますから、飽くまでもレヴュアーの意見と思って下さい。
 激闘の末、カート・ラッセルと残ったもう一人の隊員が基地を見下ろす丘の上で交わす会話が80年代らしく皮肉で不安なエンディングとなっています。このあたりの暗い結末がカーペンターらしいところですが、それがお気に召すかどうか一度、ご覧になってみては如何でしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

変異する恐怖と絶望ネタバレ

投稿日:2008/11/28 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もう既に古典SFホラーなんですね。
原作の「影が行く」では鉄人28号の様に背中に飛行装置を付けて飛んでいた「物体」ですが、この映画ではミニUFOを製作していた様です。
時代に合わせて、少し進化しているのですかね?。
リメイクですが前作は、物体の映像的表現が技術的に難しく単純に人型の植物と言うフランケンシュタイン的な怪物でした。
無論、原作に近いのはこちらの作品です。
この後の「何か得体の知れない」存在が登場するホラーやスプラッター(日本の作品ではヒルコもそうですね^^)に途轍もない影響も与えたエポック的モーフィング・クリチャー「物体」。
見た目の恐ろしさは言うまでも無く、外観的には人間にしか見えない隣人が実は全く異質の生物と言う「本当は誰も信じていない」アメリカン人が大好きなネタですね。
そうでも無ければ「少し」金持ちになると行き付けの精神科医なんかが当り前の様にいる筈もないですしね。
現在見ると多少「アラ」が目立つのは否めませんがジーンと広がる恐怖と圧倒的な「物体」の存在感は今見ても十分に楽しめると思います。
カーペンターの「ザックリ」と材質を切り出した感も或る演出と、まだ若くエネルギッシュなカートラッセルのコンビは最高です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

John Carpenter、渾身の出世作なのです。

投稿日:2008/11/18 レビュアー:徒然蜜柑白書

実にスリリングで楽しくも正しいSFモンスター映画だと思います。 
登場人物も男ばっかで色気なんぞ欠片もありません。 
殺風景な閉ざされた氷の世界で息をつかせず迫りくる謎の凶悪な生命体! 

ストーリーも何もかもが非常にシンプル! 
単純だから面白くなさそう? 
いやいや、豈図らんや、昨今の複雑な仕掛けやややこしい社会風刺なんぞ、クソ食らえ! 

シンプルこそモンスター映画の醍醐味!ってことを実感できるはずです。 たぶん。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆっくり展開する中、所々にかなりビックリ!?ネタバレ

投稿日:2008/09/04 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

* 昔の映画なだけに古くさい画像ではありましたが、なかなか楽しめました。何と言っても、ストーリーが面白かったです。未知なる生物は、襲った生物とそっくりな姿となってしまいます。なので、いつの間にか仲間の一人として紛れ込んでいるのです。<誰が味方で、誰が敵なのか??>…誰も信じられなくなる疑心暗鬼な感じにドキドキしました。何匹いるかわからないだけに、不安感があおられました。しかも、ここは、南極…誰も助けてくれない孤独な戦いというのが、さらに緊迫感をかもしだしていました。

 物語全体的には、最初から最後までハラハラドキドキの連続…という展開の仕方ではありませんでした。ゆっくり展開する中、所々にびっくり!?…といった感じでした。その所々が緊張感のゆるんでいる時だけに、かなりビックリさせられました(笑)。

 ラストは、ご想像にお任せします…といった終わり方でした。ラストの黒人は、K.ラッセルに何を言おうとしたのか??何を聞いても「そうかと答えるだけだ。」といったK.ラッセル…。けっこう気になってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全122件

遊星からの物体X